はちみつ美容研究家に聞く、私たちはミツバチに生かされている。(東出直子さん、東出佳子さん) エシカが提案するバレンタイン2014<特集③> ~まだ間に合う、バレンタイン愛されハニーメークを伝授!~ はちみつの甘~い香りで、お肌も心も艶々に!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
はちみつ美容研究家に聞く、私たちはミツバチに生かされている。(東出直子さん、東出佳子さん)

東出直子さん(左) 東出佳子さん(右)

世界三大美女クレオパトラも愛用したと言われるはちみつパック。古代からはちみつは美容法や健康法として深く親しまれてきました。姉妹でその虜になりはちみつ美容研究家となった東出佳子さんと東出直子さんに、はちみつとの出逢いや魅力を語ってもらいました。

好奇心とコンプレックス。

2009年当時フローズンヨーグルトのお店を経営していた姉の佳子さん。あまった食材を捨ててしまうのがもったいないとある時思い、美容に取り入れてみる。ヨーグルトはもちろん、フルーツでもなんでも顔にぬって効果をためしていた頃、マヌカハニーに出逢う。そちらも同様に顔にぬってみると、他の食材とは比較にならないほどの効果を感じたそうです。もともとはニキビを針でつぶしていたほどのニキビ肌だった佳子さん。離婚を機にはちみつ美容家として独立、人生は大きく転換したのでした。

東出佳子さん

東出直子さん

妹の直子さんは2011年当時、母子留学先のニュージーランド、クライストチャーチで2月22日に起きた地震で被災生活を余儀なくされました。もともとひどいアトピー性皮膚炎だった直子さん。ストレスからこれ以上ないくらいに悪化してしまったそうです。ちょうどその頃佳子さんからはちみつ美容をすすめられるも、アトピーということから慎重にならざるを得ず、ためすには至っていなかった。でも状態がどん底まで落ちたそのとき、これ以上悪くなりようがないとひらき直り、試してみたそうです。その後効果があらわれアトピーは改善、現在のお肌に。その後離婚を機に、佳子さんとはちみつ美容家としてやっていく決意をしたそうです。

そして、2012年10月、はちみつ美容研究所APIKOKOが立ち上がりました。

「食べるものを顔にぬるだなんて・・・」

今でこそ、植物や食物を使用したスキンケア製品も増え、はちみつの美容効果も知られるようになりました。しかしスタートした当初は概念がまだ新しく、受け入れてもらうのはなかなか難しかったそうです。特に「食べるものを顔にぬるなんて、もったいない」という心理的ブロックがとても大きく、その壁を越えるのがいちばん大変だったと佳子さんは言います。「自分も妹も母もはちみつ美容で生まれ変わっているのに、この素晴らしさがどうして伝わらないのだろうか」と歯がゆい思いをし、その熱心さが時には押し付けになることも。失敗と反省をくり返す、そんな日々を過ごしたこともあったそうです。

人の考え方を変えることは出来ないから、今、自分たちができることをやろう。勉強を重ね実践し、はちみつ美容の効果やミツバチの生態、世界のはちみつ事情など、あらゆる知識を身につけることで、自信と説得力を培う。その努力は実を結び、大胆で探究心旺盛な佳子さんと、慎重でデータに基づく説得力を持つ直子さんは、はちみつ美容研究家として信頼を獲得するようになったのです。

ミツバチが減っているわけ。

100%天然であるはちみつは、その製造過程で有害なものを一切排出せず、環境に優しい。そしてミツバチが受粉することで、私たちの食べる作物は育つ。私たちはミツバチに生かされていると言っても過言ではないのです。ところが、ミツバチが減っているという現象が世界各地で起きている。近年の環境破壊や異常気象により蜜源である自然の花が減ったこと。そして、蜜源を農作物に求めたミツバチが農薬と出会い大量に死んでしまったなど、様々な外的要因で私たちの命をつないでくれているミツバチが危機にあるというのです。

ミツバチが絶滅したら人類は4年で滅ぶという話しも、眉つばでは片付けられない昨今。ミツバチが住める世界=人間が住める世界、だということを再認識する必要がありそうです。

本物のはちみつの見極め方。

はちみつ美容を実践する上で大事なのは、質の良いものを選ぶこと。はちみつ姉妹が提案する5つのポイントです。

オリジナルハニー(美容専用)

  1. 原産国: 品質基準が厳しいドイツを始めとするヨーロッパ各国、土壌が良いオーストラリアとニュージーランド、人の手があまり加えられていない中東諸国やブラジル。
  2. 見た目: にごりがあり、色が濃いはちみつは鉄分、ビタミン、ミネラルが豊富。逆に多少のにごりのないものは、本来持つ有効成分がろ過されてしまっている。
  3. 処理/種類: 加熱すると有効成分が飛んでしまうので、非加熱、ロー(生)ハニー、低温処理のものがよい。一種類の花から採られた単花蜜のほうが百花蜜よりよい。
  4. 購入場所: はちみつ専門店や養蜂家。
  5. 金額の目安: ひと瓶3千円~くらい。

蜜をはこび、巣をととのえ、子育てする働き蜂の一生は約1ヶ月。そして一匹のミツバチが生涯ではこんでこられる蜜はティースプーン一杯と言われています。ミツバチが大事に作ったはちみつだからこそ良質なものを選び、本来のエネルギーを有効にとり入れたいですね。

3日間で艶々、バレンタイン愛されハニーメーク。

100%自然のはちみつは副作用もなく、肌本来が持つ力を全般的に底上げしてくれる効果があると言われています。体にもよく、特に疲労回復に効果があるビタミンB群や鉄分、ミネラルが豊富だとも言われています。

ノーファンデナチュラルメークを提案している姉妹は、もちろんノーファンデ。はちみつ美容がもたらす肌本来の艶や輝きを存分に享受しています。はちみつ美容の最大の説得力は、姉妹の艶肌と言っても過言ではないでしょう。今回はバレンタインに向けて、お手軽にできる愛されハニーメークを教えてもらいました♪

愛されハニーメークは、素肌力を上げノーファンデでいられる肌作りがゴール。毎日のスキンケアのそれぞれのステップに米粒一つ分(量は好みで増やしてよい)程度のはちみつをまぜるだけで変化を感じることができます。スキンケアすべてにまぜる時間がない場合は、洗顔石けんにまぜるだけでも天然の保湿成分でお肌のpH値を弱酸性に保つことができるので乾燥を防ぎ、炎症や肌荒れを抑えることができます。これを少なくとも3日間つづけると、肌の質感の変化を感じられるとのこと。バレンタインまでに艶肌の実現は十分間に合いそうですね。

メーク法は、基本ノーファンデなのですが、いきなり勇気がない場合はリキッドやクリームタイプを使用すれば艶感は失われません。パウダーファンデや仕上げパウダーはマットに仕上がるので、せっかくのはちみつの輝きが失われてしまいます。何よりもお手軽なのはリップグロスとして直に唇にぬること。うるおい成分で荒れを防ぎ、天然の艶感と甘い香りで、愛され度満点です!

東出佳子さん(左) 東出直子さん(右)

まずは自分を好きになる。すべてはそこから。

肌や外見だけでなく様々な悩みを抱える女性は少なくない。そんなethicaの読者に、はちみつ姉妹から最後にメッセージです。

「アトピーに悩んでいる時自分は不幸だなと、ずっと思っていた」、と直子さん。つねに痛みやかゆみがあったので不快感で精神的にも追い詰められていたし、すべてにおいておっくうで消極的だったそうです。でもどん底まで落ち、色々な想いを手放したことで、新たな一歩を踏み出す勇気を得、見える景色が変わった、と。モノクロに見えていた世界が一気にカラフルになるくらい、はちみつとの出逢いは素晴らしいものだったそうです。だから、時には勇気を持って一歩進むことも必要、そしてそれによって何かを克服できたときの喜びは、何ものにも代えがたいです、と話してくれました。

「忙しいとかめんどくさいとかあるとは思うのですが、はちみつ美容を通して1日1回、しっかり自分のお肌と向き合うことは、自分自身と向き合うこと、そして自分を慈しむということにつながっていく」、と佳子さん。毎日ケアすることで自分を愛おしく感じる瞬間が生まれ、自分を好きになっていくことにつながります。はちみつ美容を通して自分自身を大切にしながら、まわりの大切な人を大切にしていってほしいです、と最後に佳子さんは語ってくれました。

 

★★ はちみつ姉妹のおしらせ ★★

オリジナルハニー(美容専用)商品価格=6000円(只今、インターネットショップ開設中です)メール又はお電話にてご注文承ります。

Email [email protected]

HP http://www.apikoko.com

Blog http://ameblo.jp/apikoko/

girls up(美容専門アメブロ) http://bit.ly/1lav9u7

Twitter アカウント=@kokosisters

はちみつの事、はちみつ美容の事、セミナー情報や日々の他愛もない事などUPしています。是非、ご覧下さい!

オリジナルハニー(美容専用)

東出佳子さん(左) 東出直子さん(右)

はちみつ美容研究家 東出佳子さん、東出直子さん

(株式会社Apikoko)

ニキビや生まれつきアトピー性皮膚炎に悩まされ、数多くの化粧品を試し、薬(ステロイド)も使っていましたが、一向に良くならない肌がコンプレックスで2時間かけて隠すメイクをしていました。それがNZ産マヌカハニーに出会って一変。お肌の改善のみならず、メイクはノーファンデとなり、心も軽くなりました。以来、はちみつがもたらす美容効果に着目し、様々なはちみつの効果効能や使用法を研究。

また“予防”が何よりも大切だと考え、予防医療や予防美容にはちみつが役立つと確信し、美容セミナーのみならず健康セミナーでも講演している。

メイクではセルフプロデュース理論を軸にはちみつ美容の考え方をプラスして肌本来の艶・輝きを最大限活かし、ノーファンデ引き算メイクの実践によりナチュラルで女性らしい仕上がりを実現している。

ーーBackstage from “ethica”ーー

女性の私から見ても、うっとりするほどの艶々美肌の持ち主のはちみつ姉妹。でもこの輝きは外見だけでなく、コンプレックスから逃げずに向き合った強さからにじみ出る、人間的厚みなのだな、とお話しを伺って感じました。このインタビュー日の夜から、ひそかにはちみつ美容を実践しているほど、説得力のある時間でした!出逢いに感謝いたします。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Hanako Shimizu

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
青山学院大学2年生の嶋村苑香さん 会場の100%ニュージーランド産生はちみつ専門店「ピービーズ」のブースでは、青山学院大学2年生の嶋村苑香さんがサークル(バスケットボール)仲間とアルバイトしていました。同店のオーナーで、はちみつ研究家の嶋村賢次さんのお嬢さんです。 ここでの一番人気は、はちみつで優しい甘さを引き出した、...

次の記事

紀伊國屋書店 X ethica 『バレンタインには本を贈ろう』をレポート! エシカが提案するバレンタイン2014: 本屋さんのオススメも聞いてきました!
バレンタインギフトにお悩み中の“エシカな女性”必見! エシカ注目のギフトで、ココロも体もほっこり。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます