毎年の進化が楽しみな【エコプロ】。19回目のテーマは“持続可能(サスティナブル)な社会の実現に向けて”
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
毎年の進化が楽しみな【エコプロ】。19回目のテーマは“持続可能(サスティナブル)な社会の実現に向けて”

毎年12月に東京ビッグサイトにて開催される【エコプロ】(ethica参考記事:2016年12月12日版2015年12月12日版)。2017年で19回目の開催となり、出展企業数、来場者数ともに増加しています。いまや多くの人が関心を寄せるエコロジー関連ですが、今回の展示会では記者がとくに注目した展示ブースとその取り組みについて伺ってきました。

再生可能エネルギーの開発をわかりやすく説明。(株)洸陽電機「エネルギーの歴史」ムービー

まずは、エネルギーの歴史から未来の目標まで分かりやすく解説されたムービーをご覧ください。「再生可能エネルギー」や「SDGs」への取り組みの必要性がよくわかり、【エコプロ】の開催意義がより明確になります。また、エネルギーの歴史は人類の歴史であることも理解でき、子どもと話し合うきっかけにもなります。ちなみに、このムービーを制作したのはエコプロ2017年にも参加した洸陽電機です。

エコと豊かなくらしをサスティナブルに両立。花王(株)の取り組みとは?

石鹸、洗剤、シャンプー、スキンケア、コスメなど、花王ブランドにお世話になっていない生活者はいないのでは?と思えるほど生活に密着した製品を生み出し、愛され続けている企業。エコへの取り組みも、その企業規模にふさわしい壮大かつ緻密なものでした。

なかでも特筆すべきはリサイクルへの取り組み。つめかえ製品など、環境に配慮した開発を進めているのはもちろんですが、使用後のパッケージの行方まで考慮した製品作りを展開しています。

そして、今回の花王ブースでひときわ人気だったのが、つめかえ製品をリサイクルしたブロックで街を作るという「リサイクリエーション®(花王の造語だそう)」のコーナー。ここでは多くの子ども達が夢中でブロックの街を作り上げていました。幼い頃からリサイクルの意識を持つこと、それをクリエイティブに楽しむという感覚が持てるのは、日本の未来にとって、とても頼もしく素晴らしいことと感じました。また、花王が主催した「国際こども環境絵画コンテスト」の受賞作品も展示され、メッセージ性あふれる力作に大人も夢中で見入っていました。

これまでに花王が生み出したつめかえ製品は266品目。これにより年間8万3千トンのプラスチック削減が実現。

つめかえ製品をリサイクルしたブロックで街づくりを考える「リサイクリエイション」のコーナー。

洗濯のすすぎを1回にすることで大幅な節水に。すすぎの際の泡切れの良さを実験で証明。

花王のブースでは「国際こども環境絵画コンテスト」の作品が展示され、受賞者の表彰式も行われていました。

エネルギー収支の家?大和ハウス工業(株)の挑戦

日本を代表するハウスメーカー、大和ハウス工業(株)では、生活に必要なエネルギーと同量のエネルギーを、屋根に載せた太陽光発電で創出する家づくり(ZEH)を推進。エネルギーをゼロにするだけでなく、経済性・快適性・安全性にも優れた住宅づくりを目指しています。なかでも高い省エネ効果を実感として知らしめたのが、外張断熱の体験コーナー。断熱材がない鉄骨柱は触った瞬間にヒヤッとするのですが、断熱材を施した方は同じ鉄とは思えないほんのりとした温もりが。これにより家全体の保温性が高まりエネルギー消費が大幅に抑えられることが瞬時に理解できました。

このように、エコ住宅(住宅まわりのエコ化)の先駆者でありますが、じつは大和ハウスグループ全体で福祉・健康・通信・農業など、多岐に渡る分野への取り組みも行っています。一見、住宅と関係のないような分野でも、長年培ってきた技術やノウハウをいかし、現代の日本の環境にあった商品やサービスを創出。「アスフカケツノ」(下写真)を未来のキーワードとし、これからの日本の暮らし全体を見つめています。

大和ハウスグループが推進する「エネルギーの収支をゼロにする住まいZEH(ゼッチ)」。

外張断熱の絶大な効果を体感。室内温度差が少ない快適な住環境が実現します。

未来へのキーワード「ア」「ス」「フ」「カ」「ケ」「ツ」「ノ」(安心・安全、ストック、福祉、環境、健康、通信、農業)

各企業や団体が得意分野を活かし、よりエコな社会に貢献

「SDGs」(持続可能な開発目標)を合言葉に、多くの企業や団体が集結した【エコプロ】。企業の活動や製品を紹介するだけでなく、「子どもエコツアー」や「スタンプラリー」、さらに「クイズ大会」など体験型イベントが多彩なのも魅力で、親子で楽しむ姿が多くみられました。今回も600を超える企業や団体が出展していて全ては紹介しきれませんが、人気のあったブースの一部を下記にてご紹介。

(株)NTT docomoが展開している「サイクルシェアリング」。スマートフォンで予約し、地域内のサイクルポートで借りる&返すが可能です。

アサヒグループホールディングスでは、「アサヒの森」の取り組みを紹介。その木を使ったワークショップが大盛況でした。

ボーイスカウト日本連盟も日々の活動をPR。「地球に対してできることは何だろう?」を皆で考えているそう。

コニカミノルタ(株)のブースでは、農業にドローンが活躍する未来が紹介されていました。

培った技術を活かしてエコに取り組む企業や、売上金の一部を利用して環境に貢献しているメーカーなど、それぞれの活動内容やポリシーには感心しきりでした。また、多くの子ども達が来場していたのにも驚きました。エコの意識が身に着いた彼らが大人になったら、地球がどのような環境になっていくのか楽しみです。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

最近のSDGs関連のニュースとしては、ethicaの協賛企業でもある「SARAYA」の取り組みが注目されました。ヤシノミ洗剤で親しまれている企業ですが、その売り上げの一部はボルネオ保全トラストに使用されています。ほかにも、環境に配慮したモノ作りなど様々な活動とその顕著な功績がみとめられ、第1回 「ジャパンSDGsアワード」においてSDGs推進副本部長(外務大臣)表彰を授与されました。

私たちが便利に使っている人気商品の舞台裏にあるのは、環境や動物、人権にまで配慮した誠実な企業努力でした。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

地域プロデューサー・本田勝之助さんに伺いました。キラキラ輝く大粒の新星、新潟のブランド米「新之助」
社会全体でがん治療の課題に向き合う「がんサバイバーシップ」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます