寒波到来の都心に花々があふれ出す。「日本で一番早いお花見を、日本橋で。」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
寒波到来の都心に花々があふれ出す。「日本で一番早いお花見を、日本橋で。」

『桜彩 エリア』/日本一早いお花見を象徴する桜のアート空間。本エリアには山形県から運んだ「啓翁桜」が100本展示されています。そこに、春の神様の象徴「白い龍」がプロジェクションマッピングによって床から登場。本物の桜とテクノロジーが融合する新感覚のお花見が楽しめます。さらに、特別演出として、春の精霊に扮したダンサーの舞と、ヴァイオリ二ストSong氏の演奏によって春の訪れを表現。

都心にも雪が舞った日、日本橋で「日本で一番早いお花見を、日本橋で。」がキャッチフレーズのイベント発表会がありました。この【FLOWERS by NAKED】とは、アーティスト 村松亮太郎氏(クリエイティブカンパニー NAKED Inc.代表)が総合演出を手掛ける体験型アート展。生花、オブジェ、映像、インタラクティブ、香り、音楽、ダンスなど、様々な演出を通して五感で楽しむという、まったく新しいアート展です。これを体験したら、今までの「お花見」という固定観念がなくなりそうです。

企画演出はクリエイティブカンパニー NAKED Inc.

まずは、この斬新なアート展の仕掛け人をご紹介しましょう。NAKED Inc.(ネイキッド)とは、1997年に村松亮太郎氏を中心に、クリエイターが集まり設立されたクリエイティブカンパニーです。プロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、光の演出を組み合わせた空間の総合演出を手掛けています。また、代表の村松氏は大阪芸術大学客員教授でもあり、さらに環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局のブランディングディレクターも務めている気鋭のアーティスト。今回のイベントでは、ゲストのMay J.さんとのトークセッションや乾杯の挨拶に登場されました。

春らしい花のカクテルで乾杯をする村松亮太郎さんとMay J.さん。May J.さんはアート展のイメージソングをステージにて披露されました。

夢見るような世界観。五感で楽しむアート展

不思議な花の世界に迷い込む…。そんな夢の中のような世界が体験できる【FLOWERS by NAKED】。アート展ではありますが、ここでの楽しみは鑑賞だけではありません。生の花々に触れて香りを楽しみ、プロジェクションマッピングなど最新テクノロジーに驚き、間近で奏でられるバイオリンの音色やダンサーの舞にドキドキし、春をテーマにしたドリンクやフードを堪能して…と、まさに五感が刺激される体験型のアート空間。

日本橋での開催は3回目となり、これまでの通算動員数は25万人以上、インスタグラムでのイベントハッシュタグは4万7000件以上の投稿を記録しています。今年2018年は作品を一新し、さらに来場者自身が撮影をしたり、触ったり、息を吹きかけると素敵なコトが起こるという体験型のコンテンツも登場。都会に生まれた花の体験型庭園で、しばし外の寒さを忘れてみましょう。

『BIG BOOK』/エントランスを入ったところで迎えてくれるのは巨大な本のオブジェ。様々な映像が映し出され、来場者を【FLOWERS by NAKED】の世界へ誘います。

『眠りの世界 エリア』/いけばなの最大流派である「いけばな草月流」と、先進アートが融合した作品。トンネル状になった竹と光の結界をくぐり抜け、植物の種の中に入ったようなミクロの世界へ。

『小さい世界 エリア』/種の中に入っていった先にある、植物の遺伝子や細胞を表現したミクロの世界。春の訪れを待つ、花が咲く前の花の静かな世界を表現。

バイオリンの音色に合わせ、春の精霊に扮したダンサーが優雅に舞い踊ります。

『桜彩BAR』/花畑をイメージしたノンアルコールカクテルや桜のサングリアなど、オリジナルドリンクが堪能できるバーも。

『"THE SECRET" of the secret garden』/ここは【FLOWERS by NAKED】の世界を司る秘密の実験室。各エリアに漂うアロマの香りは、この実験室から生まれているそうです。

アフリカローズの生花や花モチーフのオリジナルグッズも

花を摘むように楽しく買い物ができるショッピングエリアも見逃せません。お花見といえば桜ですが、期間中はアフリカローズ(http://afrikarose.com/index.aspx)の大輪のバラも迎えてくれます。ほかにも、本展限定のオリジナルアイテムやコラボ商品など、花をモチーフにした多彩なグッズが購入できます。これらはプレゼントにも最適ですので、春から新生活を始める人などに花束を贈るかわりにプレゼントしても喜ばれそうです。

「アフリカローズ」/現地から届く大輪のバラをはじめ、花モチーフの新商品も要チェックです。

てぬぐい専門店「かまわぬ」とコラボした本展限定デザインのてぬぐい。そのまま飾ってもお洒落です。

「文明堂 日本橋本店」とコラボした特別仕立てのカステラも。お土産に喜ばれそう。

例年大人気のオリジナルマスキングテープ。今回の輪舞曲バージョンも限定商品ですのでお早めに。

May J.さん独占インタビュー「今回初めて花をテーマにした楽曲をつくりました」

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

体験型コンテンツの1つとして、来場者が『花図鑑 エリア』で撮影した花の写真をかざすたび、マッピングによって映し出された孔雀の羽が色づき、花の写真が約300集まると孔雀が春を告げるように空間に飛び立つという仕掛けにも驚かされました。アトラクションのようにも楽しめるアート展で、春の到来を感じてみてはいかがでしょう。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ethicaもメディアパートナーに。「グッド・ライフ」を議論する2日間。3月1日(木)2日 (金)@ヒルトン東京お台場 【サステナブル・ブランド国際会議】優待チケット
May J.さん独占インタビュー「今回初めて花をテーマにした楽曲をつくりました」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます