May J.さん独占インタビュー「今回初めて花をテーマにした楽曲をつくりました」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
May J.さん独占インタビュー「今回初めて花をテーマにした楽曲をつくりました」

【FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲】のために書き下ろした新曲『ロンド』を発表したアーティストのMay J.さん。

【FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲】のために書き下ろされたイメージソング『ロンド』。イベント発表会では、May J.さんによる華やかなステージが展開されました。そして、インタビューではこの歌に込めた思いなどをお聞きしました。今回のアート展の世界観と彼女の想いの交差を知ると、この楽曲の深さが心に沁みてきます。

May J.さんとネイキッド代表の村松亮太郎さんの乾杯で「お花見」開始!

歌のパフォーマンスの後に、花のカクテルで乾杯するMay J.さんとネイキッド代表の村松亮太郎さん。

「日本一早いお花見を、日本橋で。」をキャッチコピーにしたアート展【FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲】(ethica参考記事:2018年2月23日版)のオープニングイベントでは、ネイキッド代表の村松氏とアーティストのMay J.さんのトークセッションもありました。

「五感で楽しめるというのが、今回のアート展です。花々に触れて、香りを感じて、音楽を聴き、ダンスも鑑賞できるという空間に入り込んで、自分もアートの一部になったような感覚になっていただけたらと思います」と村松氏。

「今日はステージで歌わせていただきましたが、歌いながら私自身も美しい風景が楽しめました。普段のステージでは演者として立っている場所とお客様の場所は明確に分かれているので、見ている景色が違いますよね。でも、このエリアは円形ですし空間全体に桜の花が舞う演出で、不思議な一体感がありました」とMay J.さん。

その言葉どおり、一般的なコンサートとは違うお互いの“近さ”を感じました。また、プロジェクションマッピングにより、歌い手の動きに合わせて桜吹雪が舞うなど、夢の中のような世界観に引き込まれました。

今回の新曲に込めた想いなどをMay J.さんにお聞きしました

エシカ: 今日のステージでは書き下ろしの新曲『ロンド』を披露していただきました。この曲で表現したかったこととは、どのようなものですか?

May J. 今回の曲のテーマは花なのですが、花をテーマにした楽曲はじつは初めて手掛けました。その花のなかでも、大好きな白いユリをモチーフにしています。白いユリには凛とした強さや、何にも染まらない純粋なイメージがあると思うのです。また、聖母マリア様のイメージも重なっています。

エシカ: この曲には家族への愛も込められているとトークセッションではおっしゃっていましたね。

May J. ユリは球根から芽が出て、花が咲き、朽ちたあとも新しい芽が生まれます。私たちも家族から受け継いだ愛を次の世代へと渡していけるように、大切に生きていきたいという思いも込めて歌わせていただきました。

ステージの桜と美しい共演を見せてくれたMay J.さん。そしてその歌声は力強くありながら、心にじんわり沁みるものでした。

エシカ: 受け継ぐといえば、May J.さんは日本、イラン、トルコ、ロシア、イギリスのバックグランドをお持ちですよね。そして、ピアノ、オペラ、ダンスを学んだマルチリンガルなアーティスですが、幼少期はどんな少女でしたか?

May J.: 父がピアノを弾く人で、家にはいつも音楽が流れていました。洋楽のCDやディズニーの音楽を聴くのも大好きでした。そんな環境でしたので、私も3歳からピアノを習い始め、8歳でオペラも習いはじめました。ヴォイストレーニングもずっと続けています。

エシカ: 子供時代から音楽漬けの日々で、まわりのお友達とはちょっと違う感じですよね。遊ぶ時間が少なくてツライと思ったことはないですか?

May J. 全部自分でやると決めて始めたことなので、とくに大変とは思わなかったですね。18歳でデビューしてから今もヴォイストレーニングなど練習を重ねる日々です。

エシカ: 昨年末は、May J.さんにとって、単独では初めてとなるフルオーケストラとの共演など新たな音楽活動への挑戦をされておりますが、初共演の感想を聞かせてください。

May J. 新しい事への挑戦が好きなので、とてもワクワクしました。でも、フルオーケストラという演奏者の人数が多いなか一人で歌うので、最初は合わせるのに苦労しました。指揮者が立つ位置は自分の後ろになっていて見えないので、テンポの取り方が分かりづらいんです。でも、練習を重ねて息の合わせ方などのコツがつかめてくると、どんどん面白くなっていきました。また、自分が上手くリードできれば全体がまとまるという感覚もつかめた気がします。

エシカ: 最後に、May J.さんにとっての「私によくて、世界にイイ。」を教えてください。

May J. 日々、自分自身が楽しんでいることですね。自分が心から楽しく歌うことで、それを聞いてくれたまわりの人々もハッピーになってくれたら、こんなに嬉しいことはないです。

エシカ: これからも愛にあふれる歌で、世界をハッピーにしてくださいね。今日はありがとうございました。

May J.さん(@mayjamileh)がシェアした投稿

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

歌姫という称号がふさわしいMay J.さんですが、お話をした印象は、歌にひたむきでまっすぐな女性。ピアノ演奏やダンスもお得意ですが、一番突き詰めたいのは歌だと断言していました。また、ご家族のお話をするときは楽しそうで、絆や命など世代がつながっていくことをとても大切にしていることがうかがえました。今回のアート展は、植物の輪廻転生のストーリーをめぐるものでもあるので、May J.さんの歌は本当にぴったりだと感じました。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

寒波到来の都心に花々があふれ出す。「日本で一番早いお花見を、日本橋で。」
「ブルーノート東京」企画制作の入場無料野外ジャズ・イベントが今年も開催決定!今年のGWは神田淡路町へ♪

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます