世界初!?女性を応援するキスアートが3月30日・31日、渋谷109前に登場 女性が「私らしく」生きることを後押しする「KISSME PROJECT」
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
世界初!?女性を応援するキスアートが3月30日・31日、渋谷109前に登場

一人ひとりの唇の形で一文字ずつ繋げ、女性を応援するメッセージに。

「私らしく生きること」をキスマークで表現した世界初のアート

キス文字メッセージに込められているのは、「自信を持って自分らしく生きる女性達を応援し、笑顔にしたい」という想い。このメッセージを宣言している唇の形をキスマークで表現しています。「何歳だから、女性だから~するべき。」という言葉は女性ならよく耳にしますが、でもその決めつけは自分らしさを押し込めて、窮屈な社会をつくることにつながります。自分らしく生きる女性を応援する「KISSME PROJECT」では、「あるべきってないべき」をメインコピーとした106文字のメッセージを発信します。

女性ダンスグループMAXのReinaさん、タレントの今井華さん、クリエイティブディレクターの植野有砂さんなどの著名人をはじめ、映画ソムリエや大人アイドル・声優・筋トレOL・心理学者・美眉アドバイザーなど、総勢106名の女性が企画に賛同。

「あるべきって、ないべき」をメインコピーに、106文字のキス文字メッセージを発信する「KISSME PROJECT」

106名の女性たちがキスマークでメッセージを表現

この企画に賛同し、協力をしてくれたのは106名の女性たち。女性ダンスボーカルグループMAXのReinaさん、モデル・タレントの今井華さん、クリエイティブディレクター・DJの植野有砂さん、パーティースタイリストの久林紘子さんなど、各界の著名な方々をはじめ、映画ソムリエ、声優、筋トレOL、心理学者、美眉アドバイザーなど様々なステージで活躍する女性がキスマークでメッセージを表現しています。

(左)女性ダンスボーカルグループMAXのReinaさん (右)モデル・タレントの今井華さん

クリエイティブディレクター・DJの植野有砂さん

パーティースタイリストの久林紘子さん

「女性を応援するメッセージ」は106文字のコピー。それら1つ1つの言葉を106名の女性が口紅を塗った状態で発音した「キス文字」オブジェが渋谷109イベントブースに掲示される。

「私らしさ」を愛することの大切さをYouTubeで公開中!

参加した女性たちが「私らしさ」を愛することの大切さを語るメイキングムービーや、キスアートの制作過程をおさめたタイムラプスムービーも公開中です。

https://www.isehangroup.jp/kissmeproject/kissart/

アーティスト、リップスティック・レックスさんも来日

2018年3月30日は、キスマークで絵を描く世界的アーティストのリップスティック・レックスさんが来日して、会場で本作品を完成させるというライブペインティングを行います。

彼女は当日の意気込みについてこう語っています。「私は、口紅は女性にとっての武器だと思っています。女性が口紅を塗ることは、自分をより美しくすることだけでなく、自信を持つこと・輝くことにつながります。自分の意見をはっきり言える勇気を持てるようにもなると思います。KISSMEの日本中の女性を応援するというミッションとこれまでの歴史を知り、このプロジェクトに参加できることを誇りに思いました」。

真っ白なキャンバスにキスマークを次々と…

まさに、女性ならではアートと制作風景に見とれます。

これが全てキスマークで出来ていることに驚きます。

イベント&作品展示は渋谷109前にて

リップスティック・レックスさんによるライブペインティングは3月30日(金)11:00~12:00(時間は前後する場合があります)。作品展示は3月30日(金)14:00~20:00、31日(土)は11:00~20:00です。場所は渋谷109前ですから、春らしいファッションと自分らしいメイクで出かけてみてはいかが?

WEBサイトURLはこちら

https://www.isehangroup.jp/kissmeproject/kissart/

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回ご紹介した今井華さんの独占インタビューは、エシカの過去記事でご覧いただけます(http://www.ethica.jp/35843/)。また、植野有砂さん(http://www.ethica.jp/38403/)、久林紘子さん(http://www.ethica.jp/27424/)の活動も取り上げています。個性や感性をいかした「私らしい生き方」の発信を、ぜひチェックしてみてください。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

懐かしくて新しい音色クロマチックハーモニカ奏者・南里沙がXperiaのCM曲を担当
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます