大切な友人に贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その1>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
大切な友人に贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」 

昨年、紀伊國屋書店WEBサイトにてバレンタイン特集を書いて以来、「ずっと昔、バレンタインに本をプレゼントされた」と、ちらほらと伺うようになりました。興味深いことに、皆さん共通していらっしゃるのは、何十年も昔のバレンタインに「『○○○○』という本を、こんな人から貰った!」 と鮮明に覚えているとのこと。

 

確かに、贈られた側としたら「そこにどんな意味合いが隠されているのやも?」と読み進めてみるからこそ、知らず知らずのうちに、記憶に深く刻まれるのかもしれません。今回特集の後編では、本を贈りたい相手との関係別にお薦めの本を選んでみました。

大切な友人に贈りたい本3選 ”恋愛とはまた違った「愛」の物語”

男性女性問わず、友情に性別の壁はありません。初めて出会った瞬間から親友になってしまうこともありますが、なんと言っても「トモダチ」の醍醐味は「お互いの友情を育み合うこと」にあるのかもしれません。ここでご紹介する三冊は、どれも人間味に溢れ、時には逡巡しながら他者と関わっていく友情を描いた作品です。甘いトモチョコと一緒に、ほんのりビターな作品はいかがですか?

『チャリング・クロス街84番地』ヘレーン・ハンフ編著 中央公論新社刊 ¥680 (税込)

ニューヨーク在住の女性と、ロンドンの古本屋さんとで、実際に交わされた往復書簡をもとに綴られた心の交流の物語。「チャリング・クロス街84番地」と記されたタイトルは、この実在した古書店の住所をそのまま付けられたもの。しっとりと、友情について語り合いたくなる人に贈りたくなってしまう一冊です。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784122011632

『キッチン』吉本ばなな著 新潮社刊 ¥451(税込)

吉本ばななのデビュー作。「大切な人を亡くしてしまったら?」というテーマが、一見、バレンタインには似つかわしくないかもしれません。しかし、辛い時、哀しい時、孤独な気持ちになった時には、そっと寄り添ってくれる、そんな家族のような「親友」にこそ贈りたい「心の再生」の物語です。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784101359137

『幸福な遊戯』角田光代著 角川書店刊 ¥500(税込)

他者との出会いにより、幸せの形を考えはじめた主人公たちを中篇三作、それぞれに描いた角田光代のデビュー作。大人として成熟しきる少し前の段階で、言いようのない孤独感を恐れたり、将来への混沌とした不安を抱えたりした人は多いのではないでしょうか? そんなもどかしさやダメさ加減を分かち合ってくれた「友」に、感謝を込めて贈るのはいかがですか?

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784043726011

【後編その2に続く】

Book Review

奥村知花 OKUMURA CHICA 成城大学卒。“本しゃべりすと”として、新刊書籍のパブリシティに携わりつつ、書評エッセイなど執筆。

【次回の予告】

【後編その2】少し歳の離れた方たちへ(再読し、変わる視点を愉しむ)
【後編その3】「愛してる」って伝えたい(一番大事なあの人へ贈る、愛の本)

更新タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

奥村知花

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

“本しゃべりすと”が語る、「バレンタインには本を贈ろう!」 エシカが提案するバレンタイン2014<特集①前編>
少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その2>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます