「やってみなはれ」。サントリーに息づく精神と、水と生きるサステナブルな取り組み 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『サントリー編』
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「やってみなはれ」。サントリーに息づく精神と、水と生きるサステナブルな取り組み

基調講演に登壇された、サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪剛史氏。

国内外から143人の企業トップや専門家が集まり、50以上のセッションが開かれた【SB 2018 Tokyo】(前回記事 : http://www.ethica.jp/41464/)。日本での開催は2回目ですが、前年を大きく上回る盛況ぶりに、関心の高まりや必要性がうかがえました。今回は、開催初日のセッションプログラムにて、とくに注目を集めていたサントリーホールディングス社長・新浪剛史氏の講演をご紹介します。

新浪氏は5代目の社長。創始者の鳥井信治郎氏より、サントリーの精神は連綿と引き継がれています。

《「Growing for Good」の実現に向けて》サントリーホールディングス 新浪社長の基調講演

【SB 2018 Tokyo】のメインテーマである「グッド・ライフ」についてのセッションの後、基調講演に登壇したサントリーホールディングスの新浪剛史社長。

サントリーが常に目指すのはグッドカンパニーであること、そして、その想いを創業以来約120年持ち続けている企業であると説明。その根底にあるのは創業者である鳥井信治郎氏の遺した2つの精神「やってみなはれ」と「利益三分主義」です。

鳥井信治郎氏の遺した2つの精神「やってみなはれ」「利益三分主義」。創業時から、チャレンジ精神と社会との共生を重要視していました。

「“やってみなはれ”とは失敗を恐れずやり抜けという、チャレンジ精神のことです。サントリーの創業者は日本人に合うウイスキーを作り始めましたが、事業を軌道に乗せるのには相当な時間がかかりました。次の社長はビール事業をスタートさせましたが、これは45年かかって黒字化しました。長期に物事をみながら事業を推進し、信念を持ってやり抜くというのがわが社が受け継ぐ企業文化です」と新浪社長。

ウイスキーもビール事業も、黒字化するまで相当な時間を要しました。現在、当たり前のように存在している商品は、やり抜くという精神の賜物。

さらに、「企業は利益を上げなければいけない」と明言し、しかし「その利益は社会に還元し、社会と共生していくことが重要」と語ります。これが、2つ目の創業精神「利益三分主義」です。具体的には、「サントリーホール」「サントリー美術館」などの文化貢献活動に見られます。

コーポレートメッセージ「水と生きる SUNTORY」

現在、サントリーグループ全体でもっとも力を入れているのは「水のサステナビリティ」をしっかりと実現することです。「天然水の森プロジェクト」をはじめ、子ども達への環境教育の一環として「水育(みずいく)」などを行っているそうです。また、これら「水のサステナビリティ」の実現に向けて、地域社会との連携も期待されています。

新浪社長も森づくりの現場に参加されたことがあるそうです。

「多くの水を使う企業だからこそ、使った分以上に、その地域に貢献したい。水を育む森を育てる為に、最低でも30年間の整備契約を国や自治体などと結び、長期的な視点に立った計画を立て、推進しています。一時の業績などに左右されず、トップの強い意思によって、やり抜くことが重要です」と新浪社長。

「天然水の森」の活動は、現在14都府県20カ所にまで広がっています。50年後、100年後の未来の社会に貢献することを目指し、より高い目標に向かっています。

じつは海外の従業員数の方が多いというサントリーグループ。世界各国でも「水のサステナビリティ』の考え方は共有されています。「水と生きる」というコーポレートメッセージを世界共通言語に、グローバルに「水のサステナビリティ」を展開していく姿勢が強く感じられました。

【次回予告】 サントリー新浪社長インタビュー「3.11は決意のきっかけの一つ」

サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪剛史氏。2014年10月に5代目社長に就任。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

次の記事では新浪社長のインタビューをお届けします。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

広告はワクワクの宝庫!「アドミュージアム東京」で新しさとなつかしさに出会う
サントリー新浪剛史社長インタビュー「3.11は決意のきっかけの一つ」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます