「やってみなはれ」。サントリーに息づく精神と、水と生きるサステナブルな取り組み 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『サントリー編』
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「やってみなはれ」。サントリーに息づく精神と、水と生きるサステナブルな取り組み

基調講演に登壇された、サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪剛史氏。

国内外から143人の企業トップや専門家が集まり、50以上のセッションが開かれた【SB 2018 Tokyo】(前回記事 : http://www.ethica.jp/41464/)。日本での開催は2回目ですが、前年を大きく上回る盛況ぶりに、関心の高まりや必要性がうかがえました。今回は、開催初日のセッションプログラムにて、とくに注目を集めていたサントリーホールディングス社長・新浪剛史氏の講演をご紹介します。

新浪氏は5代目の社長。創始者の鳥井信治郎氏より、サントリーの精神は連綿と引き継がれています。

《「Growing for Good」の実現に向けて》サントリーホールディングス 新浪社長の基調講演

【SB 2018 Tokyo】のメインテーマである「グッド・ライフ」についてのセッションの後、基調講演に登壇したサントリーホールディングスの新浪剛史社長。

サントリーが常に目指すのはグッドカンパニーであること、そして、その想いを創業以来約120年持ち続けている企業であると説明。その根底にあるのは創業者である鳥井信治郎氏の遺した2つの精神「やってみなはれ」と「利益三分主義」です。

鳥井信治郎氏の遺した2つの精神「やってみなはれ」「利益三分主義」。創業時から、チャレンジ精神と社会との共生を重要視していました。

「“やってみなはれ”とは失敗を恐れずやり抜けという、チャレンジ精神のことです。サントリーの創業者は日本人に合うウイスキーを作り始めましたが、事業を軌道に乗せるのには相当な時間がかかりました。次の社長はビール事業をスタートさせましたが、これは45年かかって黒字化しました。長期に物事をみながら事業を推進し、信念を持ってやり抜くというのがわが社が受け継ぐ企業文化です」と新浪社長。

ウイスキーもビール事業も、黒字化するまで相当な時間を要しました。現在、当たり前のように存在している商品は、やり抜くという精神の賜物。

さらに、「企業は利益を上げなければいけない」と明言し、しかし「その利益は社会に還元し、社会と共生していくことが重要」と語ります。これが、2つ目の創業精神「利益三分主義」です。具体的には、「サントリーホール」「サントリー美術館」などの文化貢献活動に見られます。

コーポレートメッセージ「水と生きる SUNTORY」

現在、サントリーグループ全体でもっとも力を入れているのは「水のサステナビリティ」をしっかりと実現することです。「天然水の森プロジェクト」をはじめ、子ども達への環境教育の一環として「水育(みずいく)」などを行っているそうです。また、これら「水のサステナビリティ」の実現に向けて、地域社会との連携も期待されています。

新浪社長も森づくりの現場に参加されたことがあるそうです。

「多くの水を使う企業だからこそ、使った分以上に、その地域に貢献したい。水を育む森を育てる為に、最低でも30年間の整備契約を国や自治体などと結び、長期的な視点に立った計画を立て、推進しています。一時の業績などに左右されず、トップの強い意思によって、やり抜くことが重要です」と新浪社長。

「天然水の森」の活動は、現在14都府県20カ所にまで広がっています。50年後、100年後の未来の社会に貢献することを目指し、より高い目標に向かっています。

じつは海外の従業員数の方が多いというサントリーグループ。世界各国でも「水のサステナビリティ』の考え方は共有されています。「水と生きる」というコーポレートメッセージを世界共通言語に、グローバルに「水のサステナビリティ」を展開していく姿勢が強く感じられました。

【次回予告】 サントリー新浪社長インタビュー「3.11は決意のきっかけの一つ」

サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪剛史氏。2014年10月に5代目社長に就任。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

次の記事では新浪社長のインタビューをお届けします。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

広告はワクワクの宝庫!「アドミュージアム東京」で新しさとなつかしさに出会う
サントリー新浪剛史社長インタビュー「3.11は決意のきっかけの一つ」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます