サステナブル・ブランドをつくる3つのデザインとは? 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『サラヤ株式会社編』
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
サステナブル・ブランドをつくる3つのデザインとは?

左から、サラヤ株式会社 代島裕世 取締役、株式会社電通 明石英子 部長、株式会社電通デジタル 並木進 執行役員

ethicaもメディアパートナーとして参加した【SB 2018 Tokyo】(前回記事)。様々な企業・団体のサステナブルな取り組みやアイデアに触れることができました。今回は、サラヤ、電通、テレビ東京のパネリストによるセッションの一部をご紹介します。なかでも、ethicaのオフィシャルスポンサーでもあるサラヤの活動にぜひご注目ください。

理解しやすく・実行しやすくする“デザイン”とは

現代の企業にとって、「サステナブル」というキーワードは欠かせないものになってきています。それを企業価値=「ブランド」として確立するには様々な工夫が必要です。この課題について向き合っている各企業のセッションはたいへん興味深いもので、様々なヒントが開示されました。

まず、『3つのデザイン』が意味するのは以下。

1. パーパスデザイン(企業理念や存在する目的)
2. コミュニケーションデザイン(従業員や消費者を巻き込む力)
3. ソーシャルビジネスデザイン(社会的課題を解決するアイデアや発想力)

サスティナブル・ブランドを作る3つのデザイン

もちろん、昔からこれらを意識して実行している企業は多いと思いますが、①②③のデザインをバラバラに進行させていたり、社内で共通言語として機能していなかったりする場合も多々あります。こういったことを社内外に浸透させるには、理解しやすく・実行しやすいようにデザインするのが重要になってきます。

たとえば、①パーパスデザインも、経営トップだけでなく社員一人ひとりが同じように語れることが理想となります。

電通パーパスデザイン チェックシート

たとえば、サラヤの「手洗いプロジェクト」

サラヤ「手洗いプロジェクト」ダンス映像の配信やイベントなど、子供達にも分かりやすいデザインで手洗いの大切さを広めました

サラヤといえば「ヤシノミ洗剤」。あのヤシの木が描かれたパッケージは、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。サラヤは比較的小さな企業ですが、誰もが知っている衛生や環境、健康に関する商品を数多く展開しています。そして、サラヤと聞くと、環境保護に貢献している企業として思い浮かべる人も多いと思います。それは、パーム油など商品の原材料を調達する地域に貢献し、社会課題として発信し続けているからにほかなりません。

消費者も「ヤシノミ洗剤」を通じて環境保全に参加できます

サラヤのボルネオ島の環境保全活動はとくに有名です

このCSR活動でとくに有名なのが、ボルネオ島の環境保全活動です(https://www.saraya.com/conservation/index.html)。原料を調達して商品を供給し続けることや雇用の安定も必要な一方、森林の減少防止や野生動物の保護にも気を配らなければなりません。

そこで、持続可能なパーム油生産のために、野生生物や森を守りながら生産者や消費者の生活も維持していくため、2004年から「ボルネオ環境保全活動」を開始し、環境保全と原料調達の両面からこの問題に向き合っています。
具体的には、「ヤシノミ洗剤」をはじめパーム油関連ブランドの各製品の売上げの1%を還元。これはボルネオ保全トラスト(BCT)を通じてボルネオ島の環境保全に使われています。

サラヤの得意分野である「衛生」で社会課題を解決する

企業が積極的に社会的存在意義を追求する時代に

アフリカなど感染症の多い地域を現地視察して、手洗いやアルコール消毒の重要性を伝えています

また、2009年に新型インフルエンザのパンデミックが起きた際には、「サラヤのパーパスとは何か?」ということをあらためて振り返りかえったそうです。そして、サラヤの得意分野である「衛生」で社会課題を解決すべく、ユニセフとともに「100万人の手洗いプロジェクト」をスタート。電通ソーシャル・デザイン・エンジンが、そのコミュニケーションをサポートしました。このように、手洗いの大切さが社会に広く浸透するよう、様々な“デザイン”を施しています(http://handwashing.jp/)。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

サラヤは社会貢献で企業価値をあげるという、理想的ともいえるブランディングを実現しています。今後は、「手指を消毒する」=「サラヤする」と言ってもらえるよう、さらに衛生観念を広めていきたいということでした。

SB 2018 Tokyo関連記事】

サントリー新浪剛史社長インタビュー「3.11は決意のきっかけの一つ」

「やってみなはれ」。サントリーに息づく精神と、水と生きるサステナブルな取り組み

 

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

《第71回カンヌ国際映画祭》オープニングセレモニーでのレッドカーペット
《第71回カンヌ国際映画祭》レッドカーペットで輝くエシカルジュエリー

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます