上司が我が子のお迎えに? ワーキングマザーへの理解を深める『育ボス ブートキャンプ』 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『リクルート編』
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
上司が我が子のお迎えに? ワーキングマザーへの理解を深める『育ボス ブートキャンプ』

参加した管理職の声/「子どもの顔を知ると、親を早く帰してあげたいと思うように。そして、その人を信じてサポートしたいという気持ちになります。さらに家庭やバックグラウンドを知ると、個々の能力をもっと活かせるようになります」

ethicaの記事でもたびたび取り上げている(株)リクルートホールディングス。様々な働き方を提唱し続けている企業として、つねに注目をあびている印象があります。今回は、【SB 2018 Tokyo】(前回記事)のセッションプログラムにて紹介されたユニークな取り組みについてレポートします。

「個の尊重」でダイバーシティを推進

女性の活躍が社会にとって重要なのは、もはや当たり前の事実。しかし、出産や育児によりやむなく退職するという流れはまだまだ多く、日本企業の課題でもあります。

(株)リクルートホールディングスでは、この問題を解決すべく様々な取り組みを行っていますが、その一つが『育ボス ブートキャンプ』なるもの。

これは、2016年からグループ会社の(株)リクルートマーケティングパートナーズでスタートした育児体験プログラムで、希望するリーダー・マネジャーが子育て中の家庭の日常を体験するというものです。

ワーキングマザーに対する意識を変えるのは、まず管理職から。そんな考え方や取り組み方もリクルートならでは。

上司が仕事と育児の両立がいかに大変か身を持って体験!

まだ仕事中のママに代わり、17時にはプログラム参加の社員が退社。保育園へのお迎え、食事の用意、遊び、入浴など、親が帰宅するまで子供たちと一緒に過ごします。

これにより、仕事と育児の両立がいかに大変か身を持って体験できます。さらに、一緒に働くメンバーの家庭でのリアルな姿が想像でき、個人としての理解も格段に深まります。

参加した社員からは「子育ての大変さがよく分かりました。さらに、家庭の中に入ることにより、このメンバーの得意なことなど新たな発見もありました。そして、自分がそれを活かせていなかったことに気づかされました」という声があがったそうです。

個々の家庭や事情に踏み込むからこそできるダイバーシティの推進。人材を最大限に活かし、幸せなライフワークバランスを実現させるには、こんな思い切った施策が有効かもしれません。

株式会社リクルートホールディングス サステナビリティ推進室 伊藤 綾 室長

女性管理職の増加、男性の育休取得率もUP

『育ボス ブートキャンプ』のほかにも、女性リーダー研修や、キッズスペース付きのサテライトオフィス設置など、女性がさらに活躍できる組織風土の形成を進めているリクルート。そして、男性の意識変革も進み、2016年度からグループ内2社で男性の育児休暇取得を必須化する制度を開始。育児休暇の取得率が4.3%(2016年4月)から12.4%(2017年4月)にUPしたそうです。

たった1年で驚くべき成果が。組織全体の風土が変わった証拠です。

ダイバーシティはリクルートのフィロソフィそのもの。従業員一人ひとりの意志と可能性に期待し、お互いを尊重し合い、その持てるエネルギーが最大限発揮されるよう支援する。これが今のリクルートの経営ビジョンです。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

はじめて「育(いく)ボス」という言葉を聞いたとき、ボス(管理職)を育む研修?と思ったのですが、育児体験を通して介護・看護などメンバーの多様な働き方を理解し、個の尊重を行いながらマネジメントができるようになってほしいという深い想いに、とても驚きました。人材を育み活かすことが得意なリクルートらしいユニークな試みに、多くのワーキングマザーの共感の声が聞こえそうです。

今回のセッション会場でも流された動画。様々な企業で応用できそうなプログラムです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』のトークイベントに、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登場。
課題曲は「ムーンライト伝説」国民的アニソンカバーコンテスト「愛踊祭2018 ~あいどるまつり~」全国でアイドルたちが激戦中!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます