「エースホテル」×「京都新風館」×「隈研吾」それぞれの魅力が融合し、新名所に 2019年「エースホテル京都」開業予定
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「エースホテル」×「京都新風館」×「隈研吾」それぞれの魅力が融合し、新名所に 2019年「エースホテル京都」開業予定

烏丸通側エントランス

旅行好きやホテル通が一度は泊まりたいと憧れる「エースホテル」。1999年にシアトルで創業し、現在はニューヨーク、ロサンジェルス、ニューオーリンズなどアメリカを中心に展開しています。その土地の古い建築物を地元クリエイターたちとコラボしながら改装するというのが最大の特徴で、卓越したデザインセンスとオリジナリティでホテル業界に革命を起こしました。そして2019年、ついにアジアに初上陸し、京都に開業予定。新名所になること間違いなしです。

烏丸通側エントランス

歴史を巧みにミックスして新しい価値に

今回「エースホテル京都」として生まれ変わるのは、市指定の文化財でもある新風館。1926年に竣工した歴史的建造物で、“大正時代の名建築”と呼ばれる旧京都中央電話局が前身です。2001年~2016年までは商業施設としてファッションやグルメ、インテリアなどのショップが約30店舗入っていました。閉館後、この歴史的建造物の去就が注目されていましたが、『街とつなぐ』をテーマに、その歴史的財産をいかしながら新築棟とつないだ「エースホテル」と商業の複合施設としてリニューアルされます。

設計・監修は日本を代表する建築家の隈研吾氏

「エースホテル」の大ファンという隈研吾氏。そして、新風館は隈氏にとって「近代建築家で最も敬愛している」という吉田鉄郎が設計したもの。そのディテールや美意識をどのようにいかし、新しい“隈研吾建築”として誕生させるのか、今から楽しみです。

なお、外装には、「杉」をはじめ「硫化イブシ銅板」「墨色コンクリート」「クリンプ金網」といった京都の街並みにとけ込む質感の素材を採用し、古都らしいシックで厳かな表情に。施設内には、京都ならではの「坪庭」から着想を得た「中庭」「通り庭」「光庭」「屋上庭園」の4つの庭を配置。ずっとホテルに籠っていても、京都の魅力が体感できそうです。

隈研吾氏

「エースホテル京都」では、回遊・交流・体験も

街のランドマークとしての機能も目指し、地下2階で地下鉄烏丸御池駅と直結するほか、商業エリアとなる1階は烏丸通、東洞院通、姉小路通に抜けられるパサージュが設置されます。中庭をハブにして、どこにでも抜けられるよう街への回遊性を高めるのが目的です。そのパサージュには長屋が並ぶ三条通のように京都の街を施設内に具現化。そこに高級店やハイブランドショップばかりを並べるのではなく、手作り工房など京都独自の店舗をメインに誘致する予定で、泊まるだけではなく、交流や体験を重視する「エースホテル」ならではのアプローチをプラスすることで街全体のにぎわいを高めていくそうです。

新風館再開発計画 フロア構成

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「エースホテル」は、“ミュージシャンやアーティストがツアーに訪れた際にゆったり滞在できる空間”をコンセプトに、フレンドリーな運営を行っています。また、ロックテイストのインテリアなど独特のセンスが魅力で、こういったこだわりの空間づくりは「エース風」と称えられているそうです。アメリカ発祥のホテルと京都の街がどう融合し発展していくか、とても楽しみです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

ケニアの母子支援活動が、自立的かつ持続的な事業に向け新たなステージへ 「創薬型製薬企業として社会とともに成長し続ける」塩野義製薬株式会社
‘のん’ストップのエネルギーが炸裂!? 渋谷で’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます