「エースホテル」×「京都新風館」×「隈研吾」それぞれの魅力が融合し、新名所に 2019年「エースホテル京都」開業予定
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「エースホテル」×「京都新風館」×「隈研吾」それぞれの魅力が融合し、新名所に 2019年「エースホテル京都」開業予定

烏丸通側エントランス

旅行好きやホテル通が一度は泊まりたいと憧れる「エースホテル」。1999年にシアトルで創業し、現在はニューヨーク、ロサンジェルス、ニューオーリンズなどアメリカを中心に展開しています。その土地の古い建築物を地元クリエイターたちとコラボしながら改装するというのが最大の特徴で、卓越したデザインセンスとオリジナリティでホテル業界に革命を起こしました。そして2019年、ついにアジアに初上陸し、京都に開業予定。新名所になること間違いなしです。

烏丸通側エントランス

歴史を巧みにミックスして新しい価値に

今回「エースホテル京都」として生まれ変わるのは、市指定の文化財でもある新風館。1926年に竣工した歴史的建造物で、“大正時代の名建築”と呼ばれる旧京都中央電話局が前身です。2001年~2016年までは商業施設としてファッションやグルメ、インテリアなどのショップが約30店舗入っていました。閉館後、この歴史的建造物の去就が注目されていましたが、『街とつなぐ』をテーマに、その歴史的財産をいかしながら新築棟とつないだ「エースホテル」と商業の複合施設としてリニューアルされます。

設計・監修は日本を代表する建築家の隈研吾氏

「エースホテル」の大ファンという隈研吾氏。そして、新風館は隈氏にとって「近代建築家で最も敬愛している」という吉田鉄郎が設計したもの。そのディテールや美意識をどのようにいかし、新しい“隈研吾建築”として誕生させるのか、今から楽しみです。

なお、外装には、「杉」をはじめ「硫化イブシ銅板」「墨色コンクリート」「クリンプ金網」といった京都の街並みにとけ込む質感の素材を採用し、古都らしいシックで厳かな表情に。施設内には、京都ならではの「坪庭」から着想を得た「中庭」「通り庭」「光庭」「屋上庭園」の4つの庭を配置。ずっとホテルに籠っていても、京都の魅力が体感できそうです。

隈研吾氏

「エースホテル京都」では、回遊・交流・体験も

街のランドマークとしての機能も目指し、地下2階で地下鉄烏丸御池駅と直結するほか、商業エリアとなる1階は烏丸通、東洞院通、姉小路通に抜けられるパサージュが設置されます。中庭をハブにして、どこにでも抜けられるよう街への回遊性を高めるのが目的です。そのパサージュには長屋が並ぶ三条通のように京都の街を施設内に具現化。そこに高級店やハイブランドショップばかりを並べるのではなく、手作り工房など京都独自の店舗をメインに誘致する予定で、泊まるだけではなく、交流や体験を重視する「エースホテル」ならではのアプローチをプラスすることで街全体のにぎわいを高めていくそうです。

新風館再開発計画 フロア構成

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「エースホテル」は、“ミュージシャンやアーティストがツアーに訪れた際にゆったり滞在できる空間”をコンセプトに、フレンドリーな運営を行っています。また、ロックテイストのインテリアなど独特のセンスが魅力で、こういったこだわりの空間づくりは「エース風」と称えられているそうです。アメリカ発祥のホテルと京都の街がどう融合し発展していくか、とても楽しみです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ケニアの母子支援活動が、自立的かつ持続的な事業に向け新たなステージへ 「創薬型製薬企業として社会とともに成長し続ける」塩野義製薬株式会社
‘のん’ストップのエネルギーが炸裂!? 渋谷で’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます