《第71回カンヌ国際映画祭》華やかなシークレットパーティーをレポート
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
《第71回カンヌ国際映画祭》華やかなシークレットパーティーをレポート

パーティー会場(写真提供:Chopard)

いよいよ始まった第71回カンヌ国際映画祭。世界中から集まる最新映画の情報や賞のレポートはもちろんのこと、映画祭に華を沿えるセレブリティやイベントの情報、ショパールが提供するハイジュエリーやパルムドールなどのトロフィーのレポートも日々配信していきます。

第3回目のカンヌ国際映画祭レポートは、期間中に行われるショパールによるパーティーの模様をお届けします。

開催前、詳細が全く明かされていなかったショパールのミステリアスなシークレットパーティーが現地時間5月11日の夜、ベールが払われ、参加者の期待を超える最高のソワレが繰り広げられました。

カンヌ湾の絶景が見渡せるシャトー・ドゥ・ラ・クロワ・デ・ガルデ(写真提供:Chopard)

会場のシャトー・ドゥ・ラ・クロワ・デ・ガルデのゴージャスな庭園は、忘れがたき一夜を主催するショパールの心憎い演出によって、マジカルな雰囲気に満たされました。静穏な自然にあふれた広大な公園の中に建つネオ・パラディオ様式のシャトーは、1955年にアルフレッド・ヒッチコックの映画『泥棒成金』でも使用された有名な建物で、カンヌの海や映画祭の会場パレ・デ・フェスティバルを見下ろす息を飲むような絶景が楽しめます。印象深いエントランスホールや階段は、天井からフロアまで、美しい花々で埋め尽くされ、ブラック、マスク、ダイヤモンドのドレスコードに合わせて着飾ったゲストたちは、メゾンの最新ジュエリー作品で飾られた「リビング・ペインティング」と化したモデルたちに迎えられました。

華やかなセレブリティゲスト達

マリオン・コティヤール(写真提供:Chopard)

ジュリアン・ムーア(写真提供:Chopard)

イリーナ・シェイク(左)とキャロライン・ショイフレ(右)(写真提供:Chopard)

ブルーナ・マルケジーニ(写真提供:Chopard)

幻想的な「現代のエデンの園」で催されたエクスクルーシブなディナーには、ジュリアン・ムーア、マリオン・コティヤール、ルピタ・ニョンゴ、ケンダル・ジェンナー、クロティルド・クロー、アラヤー・アルバータ・ハーゲート、ペトラ・ネムコバ、カレン・ワゼン、ドーラ・ザルーク、ステラ・マックスウェル、クレイグ・マクギンリー、マーク・ジャック・バートン、ロバート・コニツ、ムラド&ナタリー・オスマン、シャーロット・グレネヴェルド、カル・リベロなどの各界のセレブ達が出席しました。

ファッションショーを楽しみながらのディナーパーティー

ディナー会場(写真提供:Chopard)

ディナーの間、10人のトップモデルが、シャトーのインフィニティプールに設置されたランウェイに登場し、ショパールの作品を披露されました。

ディナーと共に行われたショーのランウェイに並ぶモデル達(写真提供:Chopard)

ファッションショーでは、エルザ・ホスク、ジョセフィン・スクライバー、ジョーン・スモールズ 、ジャスミン・トゥークス、サラ・サンパイオ、イザベル・グラール、スイ・ヒー、ミン・シー、ステラ・マックスウェル、イリーナ・シェイクら10人のトップモデルたちが、エリー・サーブのドレスとアクアズーラのシューズ、そして、ショパールのレッド カーペット コレクションのハイジュエリー作品を身に着けてウォーキングを披露しました。

アフターパーティーも盛り沢山のパフォーマンス

スペイン人歌手エンリケ・イグレシアスの情熱的なステージ(写真提供:Chopard)

DJ キャシディ(写真提供:Chopard)

ディナーの後には、シークレット ナイトのハイライトであるもうひとつのミステリー、ミュージック・パフォーマーが明かされました。『Tonight』のイントロが会場内に響き渡ると、エンリケ・イグレシアスがステージに登場。驚嘆する聴衆を前に刺激的なパフォーマンスを披露。そしてコンサートの後を引き継いで、ゲストたちをダンスフロアから解放する隙を与えないDJ キャシディの華麗なプレイがさく裂し、まさに「シークレット」の名にふさわしいミステリアスでブリリアントなカンヌの夜が更けていきました。

公式サイト
https://www.festival-cannes.com/

《第71回カンヌ国際映画祭》連載企画

第1回 オープニングセレモニーでのレッドカーペット

第2回 レッドカーペットで輝くエシカルジュエリー

第3回 華やかなシークレットパーティーをレポート

第4回 パルムドールは是枝裕和監督の『万引き家族』

第5回 「ショパール・トロフィー」授賞式の模様

第6回 華やかなレッドカーペットをハイライト

記者:高木マレイ 映像作家/写真家

1982年兵庫県生まれ。ラグジュアリーブランドなどのイベントプロデュース、神戸ファッション美術館のクリエイティブ・ディレクター、神戸ファッションウィークの実行委員、フランス映画祭in神戸のプロデュースなどを経て映像作家/写真家に転身。プロデュースする対象を自分自身に置き換え、今秋、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」を原案とする映像作品『IN-EI RAISAN』(仮題)の公開を控える。

ーーBackstage from “ethica”ーー

自身もメゾン系のパーティに関わってきた経験もあり、今回のレポートに着目させていただきました。東京などの都会では叶わないカンヌというロケーションを最大限に活かされたショパールによる今回のソワレ。メゾンてしてのPRがひとつの目的となりますが、映画祭に合わせて開催されることにより、セレブリティ達と監督、プロデューサーなどの映画関係者達による“映画的社交界”としてもカンヌのパーティーの重要な役割となっているのでしょう。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

高木 マレイ

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

《第71回カンヌ国際映画祭》レッドカーペットで輝くエシカルジュエリー
《第71回カンヌ国際映画祭》パルムドールは是枝裕和監督の『万引き家族』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます