少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その2>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」 

昨年、紀伊國屋書店WEBサイトにてバレンタイン特集を書いて以来、「ずっと昔、バレンタインに本をプレゼントされた」と、ちらほらと伺うようになりました。興味深いことに、皆さん共通していらっしゃるのは、何十年も昔のバレンタインに「『○○○○』という本を、こんな人から貰った!」 と鮮明に覚えているとのこと。

確かに、贈られた側としたら「そこにどんな意味合いが隠されているのやも?」と読み進めてみるからこそ、知らず知らずのうちに、記憶に深く刻まれるのかもしれません。今回特集の後編では、本を贈りたい相手との関係別にお薦めの本を選んでみました。

インタビュー前編は、こちら http://www.ethica.jp/3976/

【後編その1】大切な友人に贈りたい本3選(恋愛とはまた違った「愛」の物語)

少し歳の離れた方たちへ ”再読し、変わる視点を愉しむ”

 仕事場での尊敬する上司や、お父さん、時にはお母さんにだってチョコレートをあげちゃうのが、近年の日本のバレンタインなら、感謝を込めて、こんな三冊はいかがですか? ご年配の方なら誰だって、知っているか、読んだことのある古典中の古典から三冊選んでみました。何十年も前に読んだ本だからこそ、今読み直せば、また違った印象を持つはず。共感する登場人物が変われば、本を贈った人への視線も変わるかもしれません。

『高慢と偏見』オースティン著 河出書房刊 ¥997(税込)

世界文学屈指の名ラブストーリーです。テーマはずばり「玉の輿」ゴールはもちろん「結婚」の、お約束な流れと言っても差し支えのない普遍的なものですが、サマセット・モームも羨んだと言われるほどに、観察眼にすぐれ、人物描写に富んだオースティンのこの作品。あえて「お父さん」に贈るのをお薦めします。「娘」から「女性」へと変貌を遂げたからこそ、「お父さん」に贈る価値ある一冊です。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784309462646

『若草物語』オールコット著 新潮社刊 ¥619(税込)

こちらは「お母さん」へ贈りたい一冊です。マーチ家の四人姉妹とその家族の物語を知らない「お母さん」はいないのではないでしょうか? そんな名作中の名作ですが、この本を以前読んだ時の「お母さん」はいくつで、誰にシンパシーを感じていたのでしょうか? そんなことを語らう「母娘関係」も素敵です。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784102029039

『ピグマリオン』バーナード・ショー著 光文社刊 ¥966(税込)

「この人のおかげで今の自分がいる」創造主とも思える人はいますか? 尊敬する上司や、敬愛する叔父などがいるなら、この本をお薦めします。言わずと知れたオードリー・ヘップバーン主演の『マイ・フェア・レディ』の原作ですが、決定的なところが、映画と原作の間で180度違います。その違いについて議論を交わすのも一興だと思います。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784334752811b

【後編その3に続く】

Book Review

奥村知花 OKUMURA CHICA

成城大学卒。“本しゃべりすと”として、新刊書籍のパブリシティに携わりつつ、書評エッセイなど執筆。

【次回の予告】

【後編その3】「愛してる」って伝えたい(一番大事なあの人へ贈る、愛の本)

更新タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

奥村知花

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

大切な友人に贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その1>
「愛してる」って伝えたい方へ贈りたい本2選 「バレンタインには本を贈ろう!」 エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その3>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます