少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その2>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」 

昨年、紀伊國屋書店WEBサイトにてバレンタイン特集を書いて以来、「ずっと昔、バレンタインに本をプレゼントされた」と、ちらほらと伺うようになりました。興味深いことに、皆さん共通していらっしゃるのは、何十年も昔のバレンタインに「『○○○○』という本を、こんな人から貰った!」 と鮮明に覚えているとのこと。

確かに、贈られた側としたら「そこにどんな意味合いが隠されているのやも?」と読み進めてみるからこそ、知らず知らずのうちに、記憶に深く刻まれるのかもしれません。今回特集の後編では、本を贈りたい相手との関係別にお薦めの本を選んでみました。

インタビュー前編は、こちら http://www.ethica.jp/3976/

【後編その1】大切な友人に贈りたい本3選(恋愛とはまた違った「愛」の物語)

少し歳の離れた方たちへ ”再読し、変わる視点を愉しむ”

 仕事場での尊敬する上司や、お父さん、時にはお母さんにだってチョコレートをあげちゃうのが、近年の日本のバレンタインなら、感謝を込めて、こんな三冊はいかがですか? ご年配の方なら誰だって、知っているか、読んだことのある古典中の古典から三冊選んでみました。何十年も前に読んだ本だからこそ、今読み直せば、また違った印象を持つはず。共感する登場人物が変われば、本を贈った人への視線も変わるかもしれません。

『高慢と偏見』オースティン著 河出書房刊 ¥997(税込)

世界文学屈指の名ラブストーリーです。テーマはずばり「玉の輿」ゴールはもちろん「結婚」の、お約束な流れと言っても差し支えのない普遍的なものですが、サマセット・モームも羨んだと言われるほどに、観察眼にすぐれ、人物描写に富んだオースティンのこの作品。あえて「お父さん」に贈るのをお薦めします。「娘」から「女性」へと変貌を遂げたからこそ、「お父さん」に贈る価値ある一冊です。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784309462646

『若草物語』オールコット著 新潮社刊 ¥619(税込)

こちらは「お母さん」へ贈りたい一冊です。マーチ家の四人姉妹とその家族の物語を知らない「お母さん」はいないのではないでしょうか? そんな名作中の名作ですが、この本を以前読んだ時の「お母さん」はいくつで、誰にシンパシーを感じていたのでしょうか? そんなことを語らう「母娘関係」も素敵です。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784102029039

『ピグマリオン』バーナード・ショー著 光文社刊 ¥966(税込)

「この人のおかげで今の自分がいる」創造主とも思える人はいますか? 尊敬する上司や、敬愛する叔父などがいるなら、この本をお薦めします。言わずと知れたオードリー・ヘップバーン主演の『マイ・フェア・レディ』の原作ですが、決定的なところが、映画と原作の間で180度違います。その違いについて議論を交わすのも一興だと思います。

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784334752811b

【後編その3に続く】

Book Review

奥村知花 OKUMURA CHICA

成城大学卒。“本しゃべりすと”として、新刊書籍のパブリシティに携わりつつ、書評エッセイなど執筆。

【次回の予告】

【後編その3】「愛してる」って伝えたい(一番大事なあの人へ贈る、愛の本)

更新タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

奥村知花

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

大切な友人に贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その1>
「愛してる」って伝えたい方へ贈りたい本2選 「バレンタインには本を贈ろう!」 エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その3>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます