『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』代表・別所哲也さんが、小池百合子東京都知事を表敬訪問
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』代表・別所哲也さんが、小池百合子東京都知事を表敬訪問

今年で記念すべき20周年目を迎えた『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)』。6月4日の開催に先立ち、5月25日に代表である俳優・別所哲也さんが、小池百合子東京都知事を東京都庁に表敬訪問。実は東京都はSSFF&ASIAに共催として名を連ねているのです。

『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』
http://www.shortshorts.org/2018/

SSFF&ASIAを通じて、多彩な東京の魅力を世界に

ショートフィルムとは、上映時間が30分以内程度の映画作品のこと。1999年、ショートフィルムを日本で広めるために別所さんが主宰したのが、SSFF&ASIAの前身となる『アメリカン・ショートショートフィルムフェスティバル』で、5年後には米国アカデミー賞公認映画祭に認定されています。

冒頭で「6月4日から開催される『SSFF&ASIA2018』で20周年を迎えました。今年は130カ国以上から1万本を超える応募があり、約250作品を上映する予定です」と別所さんが報告すると、「20周年おめでとうございます。まさに継続は力なりですね」と労をねぎらった小池東京都知事。

SSFF&ASIAを共催する形で見守ってきた東京都。「東京とつながると、何かがはじまる。」を掲げた『&TOKYO』(※)などからも分かるように、さまざまなチャネルを通じて魅力を発信していきたいという東京都と、ショートフィルムの育成と発展を日本から発信していきたいSSFF&ASIAが相思相愛関係になるのは、必然だったのでしょう。

※『&TOKYO』(東京ブランド公式サイト)
https://andtokyo.jp/brand/

「シネマが人間に与える力は、いつの時代にも通じる普遍的なもの」を信条に、ショートフィルムの啓蒙活動を続けてきた別所さん。

「映画の力は偉大。そういえば、カンヌ映画祭でパルムドールに輝いた是枝裕和監督は、東京生まれ東京育ちでいらっしゃいます」とニッコリ。

若き映像作家の才能が、東京を舞台に開花する

2016年には、「東京ブランド」の発信を促進すべく『Cinematic Tokyo部門』を設置。「東京」をテーマとした作品を国内外から募集し、ノミネートされた作品を上映、優秀賞には都知事賞が授与されるというもので、撮影地が「東京」、「東京」をイメージした場所や物を取り扱った作品など、多くのショートフィルムが世界各国から応募されているそうです。

こうした東京都とのプロジェクトは増加していて、そのひとつが、『Tokyo Cine-magic』と称され、『Cinematic Tokyo部門』で特別作品として上映されるショートフィルム。新進気鋭の監督によって制作されるのですが、「今年度はオーストラリアの女性監督であるジェネヴィエーヴ・クレイ-スミスさんによる『シェイクスピア・イン・トーキョー』です」(別所さん)。

その予告編が会場で上映され、柔らかな映像は小池都知事を魅了。「日本人目線では気づきにくい東京の魅力を発掘してくださって、感謝いたします」と感想を述べられました。

兄の仕事に合わせて初めて来日したダウン症の主人公が、兄から逃れて独りで東京探検に出かけるというストーリー。

上映後、視聴用のDVDが別所さんよりプレゼント。「2020年に向けて、東京からスポーツだけでなく、合わせて文化も発信していくことが大切。今年も成功されること祈っております」と小池都知事。

“ルーカス・アワード”をぜひアジアに

和やかに会見が終了した後には、別所さんの囲み取材が。あらためて20周年を迎えた感想を聞かれると、「感無量ですね。発足時から『スター・ウォーズ』のジョージ・ルーカス監督に応援いただくなかで、1年ずつ積み重ねてきた結果です」。そして満面の笑顔で、「今年からご本人に承認をいただいて、グランプリには『ジョージ・ルーカス・アワード』を贈ることが決定しました。ぜひ初めての今年はアジアの作家さんに獲っていただきたいですね」と発表。

ちなみにグランプリは次年度の米国アカデミー賞の短編部門ノミネート選考対象作品となり、さらに大きな名声を得る可能性も膨らみます。ここで、先のカンヌ映画祭のパルムドールが話題に。「是枝監督にも過去ご参加いただいたことがあります。常に若い映像作家のことを考えられている方で、受賞スピーチの『後に続く人たちの勇気になる』と仰っていたのが感動的でした」。世界中の若い映像作家の想いを伝えるお祭りを実現してきた別所さんにも、大きな勇気を与えてくれた快挙だったことは疑う余地はないでしょう。

最後に「実は、会見で忘れてしまったことがあります」と別所さん。「小池都知事に来年は、女優としてフィルムに参加していただきたいとお願いするつもりだったのです」と苦笑い。今年そしてこれからのSSFF&ASIAと東京都から目が離せないようです。

「映画祭に足を運んでくださって、できる限り多くの作品を観ていただきたいですね」。

記者:とがみ淳志(とがみあつし)

1964年大阪府生まれ。神戸大学経済学部経済学科卒。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。1988年(株)リクルート入社後、海外旅行情報誌『エイビーロード』の営業および制作に。93年結婚情報誌『ゼクシィ』の創刊を担当。同誌の多角的運営に携わった後、99年退社後フリーに。現在は(株)トランスメディアで編集顧問を務めるかたわら、食、旅、酒、温泉、不動産、猫などの分野を中心に編集、プランニング、ライティングを行う。情報誌や雑誌、機内誌およびウェブなど幅広い媒体を手がけている。

ーーBackstage from “ethica”ーー

別所哲也さんは同世代。初めて拝見したのは、ホイチョイ・プロダクションの三部作『波の数だけ抱きしめて』(1991年・東宝)。大手広告代理店勤務のエリートサラリーマンで、主人公である織田裕二さんの恋のライバル役だったと記憶しています。この年に日本アカデミー賞新人俳優賞に輝くなど、演技達者なイケメンとして活躍されていた別所さんが、このような活動をされていたことを初めて知りました。映画で育ち、映画で後進を育てている別所さん。ジョージ・ルーカス監督の名前を出す時、目がキラキラしていて、「いくつになっても映画少年なんだな」と、そのピュアさが眩しく感じられた取材でした。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

とがみ 淳志

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

《第71回カンヌ国際映画祭》華やかなレッドカーペットをハイライト
人気漫画家・安野モヨコさんが描くキャラクター「オチビサン」も完成!鎌倉のソーシャルグッドな取り組みをご紹介。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます