『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』のトークイベントに、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登場。
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』のトークイベントに、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登場。

6月4日に開催した『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)2018』。6月13日には、世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムを表彰する『Branded shorts 2018』を、BASE Q(東京ミッドタウン日比谷6F)で開催。表彰に先だって行われたトークイベント「ショートフィルムの魅力」powered by ネスレ日本に、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登壇しました。

※『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』
http://www.shortshorts.org/2018/

「時間の制約がある中で、より優れた作品を制作していく面白さ」(黒木瞳さん)

ショートフィルム(以下SF)とは、上映時間が30分以内程度の映画作品のこと。この日“SFの魅力”をテーマにしたトークイベントは、SSFF&ASIA代表の別所哲也さんと同じくアンバサダーを務めるLiLiCoさんがホスト・ホステス役で登場。ゲストのひとりは、ネスレのブランデッドショートフィルム『わかれうた』を監督した黒木瞳さんです。

コーヒーの香りをテーマに展開する『わかれうた』は、前後編合わせて100万回も再生されたという反響に、「観た人から、『コーヒーの香りがしてくるようだった』と感想をいただき、やったなと」と微笑む黒木さん。「SFは時間制約のある中で、より優れた作品を制作していくという事に面白さを感じます。制約があってそれが逆に相乗効果になるのでしょう」と付け加えました。

確かに『わかれうた』は全編で30分弱というコンパクトさながら、決してテンポが早いわけではなく、むしろこちらが焦るほどゆったりと話は進んでいきます。「ざっくりとした編集ではなく、決められた時間において、より洗練されたものを心がけていく」という黒木さんの言葉通り、とてもピュアに沁み入ってきて、さりげないはずのネスレのコーヒーが、しっかりと心の片隅に居座っていることに気づきました。

※黒木瞳さんのショートフィルム初監督作品『わかれうた』(ネスレシアター)
https://nestle.jp/wakareuta
(期間限定配信)

「昨年のグランプリでオスカーを受賞した『合唱』がお気に入りです」(黒木さん)。「SFをきっかけに、世界中で人々が分かり合い語り合えるようになるといいですね」と別所さん。

「セリフが二言ぐらいで正直『大丈夫かな?』と思いました」(TAKAHIROさん)

もうひとりのゲストは、EXILEのボーカリストであるのと同時に俳優としても活動するTAKAHIROさん。所属するLDHとSSFF&ASIAのコラボレーション企画シネマファイターズの作品『ウタモノガタリ』に出演。構成する6つのSFのひとつ『カナリヤ』では、セリフの極端に少ない役柄にチャレンジされています。

「限界を迎えた牧場で、男は命の意味と向き合う」というストーリー。「セリフが二言ぐらいしかない脚本の下で、言葉にできない葛藤や心の中をどう表現していくか?役者としてスタートに立たされた気持ちになりました」とTAKAHIROさん。「拝見しました。今お隣にいる方(TAKAHIROさん)が演じていたとは思えないほど、ルックスが全然違ってましたね」とLiLiCoさん。

この『ウタモノガタリ』はSSFF&ASIAでプレミア上映された後、6月22日から全国ロードショー。ネスレシアターでは、別所哲也さん×TAKAHIROさんスペシャルインタビュー動画を配信しています。

※『ウタモノガタリ』公式サイト
http://utamonogatari.jp/

※別所哲也さん×TAKAHIROさんスペシャルインタビュー
https://nestle.jp/nestle-theater/ssff-20th/
(期間限定配信)

LiLiCoさんに「作品の中では、フェロモンが全く消えていました。まるで別人、すごいです!」と褒められ、思わず笑みがこぼれたTAKAHIROさん。

別所さんからの監督要請に、満更でもないTAKAHIROさん

トークが盛り上がっていくうちに、別所さんから「TAKAHIROさんに是非、監督デビューしてほしい」という突然のオファー。最初は「役者としてまだまだ学ぶことがあるので…」と固辞されていましたが、やがて「今回は松永監督にとても影響を受けました。好きなヒューマンドラマなら撮ってみたいですね」と本音もチラリ。「(監督は)演者の時とは違う川岸から、俳優さんたちを眺めている感じなんですよ」という黒木さんの言葉にも触発されたようです。

一方で黒木さん、監督としての次回作について、「心に響くテーマがあれば考えたいと思います」との発言。ここに別所さんが「その時はこの場にいるイケメンと、ほどほどのイケメンで出演させてください」と突っ込むと、LiLiCoさんから「野獣ぽい女性もいますよ」とダメ押し。舞台も場内も笑いに包まれたところでお開きとなりました。

黒木瞳監督でこの3人が出演するSFも是非観てみたいものです。

ブランデッドショートの無限大の可能性が感じられる3作品

この日のオープニングトークは別所さんと、動画マーケティングを牽引してきた、ネスレ日本CEOの高岡浩三さん。高岡さんは「時代的にはスマホで楽しめるブランデッドムービーが、21世紀の世界の新しい映画の形になるのではないでしょうか」とコメント。別所さんも「広告はスペックを語るという手法は終わって、どのようなストーリーを伝えていくかが大切な時代ですね」と持論を述べました。

「ブランデッドショート(ムービー)を力を合わせて育んでいきたいですね」とおふたり。

さて、第3回『Branded shorts of the year』は以下の3部門。受賞作とともに紹介しておきましょう。

Branded shorts of the yearインターナショナルカテゴリー/『Three Minutes』(広告主:Apple 監督:Peter Chan)

Branded shorts of the yearナショナルカテゴリー/『玉城ティナは夢想する』(広告主:講談社 監督:山戸結希)

SUNRISE CineAD Award/『春』(広告主:リクルートライフスタイル 監督:泉田岳)

いずれも、商品やサービスへの訴求はさりげなく、でもなぜか記憶に留まってしまう力作ばかり。SF×広告の無限の可能性を感じさせてくれました。

記者:とがみ淳志(とがみあつし)

1964年大阪府生まれ。神戸大学経済学部経済学科卒。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。1988年(株)リクルート入社後、海外旅行情報誌『エイビーロード』の営業および制作に。93年結婚情報誌『ゼクシィ』の創刊を担当。同誌の多角的運営に携わった後、99年退社後フリーに。現在は(株)トランスメディアで編集顧問を務めるかたわら、食、旅、酒、温泉、不動産、猫などの分野を中心に編集、プランニング、ライティングを行う。情報誌や雑誌、機内誌およびウェブなど幅広い媒体を手がけている。

ーーBackstage from “ethica”ーー

実際にはそんな簡単ではないのでしょうが、全く経験がなくてもアイデアさえ浮かべば、誰でも参加できそうなのがSFの魅力。観る側にとっては、短時間で感動できるところがポイントで、LiLiCoさんの「出勤前に元気が出る1本を観る、なんてこともできるんです」という言葉になるほどと思いました。そしてブランデッドムービーの品が良くさりげないところが、とてもクール。これからどんなブランデッドムービーが創られていくのか、とても楽しみです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

とがみ 淳志

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

人気漫画家・安野モヨコさんが描くキャラクター「オチビサン」も完成!鎌倉のソーシャルグッドな取り組みをご紹介。
上司が我が子のお迎えに? ワーキングマザーへの理解を深める『育ボス ブートキャンプ』 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『リクルート編』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます