『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』のトークイベントに、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登場。
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』のトークイベントに、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登場。

6月4日に開催した『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)2018』。6月13日には、世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムを表彰する『Branded shorts 2018』を、BASE Q(東京ミッドタウン日比谷6F)で開催。表彰に先だって行われたトークイベント「ショートフィルムの魅力」powered by ネスレ日本に、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登壇しました。

※『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』
http://www.shortshorts.org/2018/

「時間の制約がある中で、より優れた作品を制作していく面白さ」(黒木瞳さん)

ショートフィルム(以下SF)とは、上映時間が30分以内程度の映画作品のこと。この日“SFの魅力”をテーマにしたトークイベントは、SSFF&ASIA代表の別所哲也さんと同じくアンバサダーを務めるLiLiCoさんがホスト・ホステス役で登場。ゲストのひとりは、ネスレのブランデッドショートフィルム『わかれうた』を監督した黒木瞳さんです。

コーヒーの香りをテーマに展開する『わかれうた』は、前後編合わせて100万回も再生されたという反響に、「観た人から、『コーヒーの香りがしてくるようだった』と感想をいただき、やったなと」と微笑む黒木さん。「SFは時間制約のある中で、より優れた作品を制作していくという事に面白さを感じます。制約があってそれが逆に相乗効果になるのでしょう」と付け加えました。

確かに『わかれうた』は全編で30分弱というコンパクトさながら、決してテンポが早いわけではなく、むしろこちらが焦るほどゆったりと話は進んでいきます。「ざっくりとした編集ではなく、決められた時間において、より洗練されたものを心がけていく」という黒木さんの言葉通り、とてもピュアに沁み入ってきて、さりげないはずのネスレのコーヒーが、しっかりと心の片隅に居座っていることに気づきました。

※黒木瞳さんのショートフィルム初監督作品『わかれうた』(ネスレシアター)
https://nestle.jp/wakareuta
(期間限定配信)

「昨年のグランプリでオスカーを受賞した『合唱』がお気に入りです」(黒木さん)。「SFをきっかけに、世界中で人々が分かり合い語り合えるようになるといいですね」と別所さん。

「セリフが二言ぐらいで正直『大丈夫かな?』と思いました」(TAKAHIROさん)

もうひとりのゲストは、EXILEのボーカリストであるのと同時に俳優としても活動するTAKAHIROさん。所属するLDHとSSFF&ASIAのコラボレーション企画シネマファイターズの作品『ウタモノガタリ』に出演。構成する6つのSFのひとつ『カナリヤ』では、セリフの極端に少ない役柄にチャレンジされています。

「限界を迎えた牧場で、男は命の意味と向き合う」というストーリー。「セリフが二言ぐらいしかない脚本の下で、言葉にできない葛藤や心の中をどう表現していくか?役者としてスタートに立たされた気持ちになりました」とTAKAHIROさん。「拝見しました。今お隣にいる方(TAKAHIROさん)が演じていたとは思えないほど、ルックスが全然違ってましたね」とLiLiCoさん。

この『ウタモノガタリ』はSSFF&ASIAでプレミア上映された後、6月22日から全国ロードショー。ネスレシアターでは、別所哲也さん×TAKAHIROさんスペシャルインタビュー動画を配信しています。

※『ウタモノガタリ』公式サイト
http://utamonogatari.jp/

※別所哲也さん×TAKAHIROさんスペシャルインタビュー
https://nestle.jp/nestle-theater/ssff-20th/
(期間限定配信)

LiLiCoさんに「作品の中では、フェロモンが全く消えていました。まるで別人、すごいです!」と褒められ、思わず笑みがこぼれたTAKAHIROさん。

別所さんからの監督要請に、満更でもないTAKAHIROさん

トークが盛り上がっていくうちに、別所さんから「TAKAHIROさんに是非、監督デビューしてほしい」という突然のオファー。最初は「役者としてまだまだ学ぶことがあるので…」と固辞されていましたが、やがて「今回は松永監督にとても影響を受けました。好きなヒューマンドラマなら撮ってみたいですね」と本音もチラリ。「(監督は)演者の時とは違う川岸から、俳優さんたちを眺めている感じなんですよ」という黒木さんの言葉にも触発されたようです。

一方で黒木さん、監督としての次回作について、「心に響くテーマがあれば考えたいと思います」との発言。ここに別所さんが「その時はこの場にいるイケメンと、ほどほどのイケメンで出演させてください」と突っ込むと、LiLiCoさんから「野獣ぽい女性もいますよ」とダメ押し。舞台も場内も笑いに包まれたところでお開きとなりました。

黒木瞳監督でこの3人が出演するSFも是非観てみたいものです。

ブランデッドショートの無限大の可能性が感じられる3作品

この日のオープニングトークは別所さんと、動画マーケティングを牽引してきた、ネスレ日本CEOの高岡浩三さん。高岡さんは「時代的にはスマホで楽しめるブランデッドムービーが、21世紀の世界の新しい映画の形になるのではないでしょうか」とコメント。別所さんも「広告はスペックを語るという手法は終わって、どのようなストーリーを伝えていくかが大切な時代ですね」と持論を述べました。

「ブランデッドショート(ムービー)を力を合わせて育んでいきたいですね」とおふたり。

さて、第3回『Branded shorts of the year』は以下の3部門。受賞作とともに紹介しておきましょう。

Branded shorts of the yearインターナショナルカテゴリー/『Three Minutes』(広告主:Apple 監督:Peter Chan)

Branded shorts of the yearナショナルカテゴリー/『玉城ティナは夢想する』(広告主:講談社 監督:山戸結希)

SUNRISE CineAD Award/『春』(広告主:リクルートライフスタイル 監督:泉田岳)

いずれも、商品やサービスへの訴求はさりげなく、でもなぜか記憶に留まってしまう力作ばかり。SF×広告の無限の可能性を感じさせてくれました。

記者:とがみ淳志(とがみあつし)

1964年大阪府生まれ。神戸大学経済学部経済学科卒。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。1988年(株)リクルート入社後、海外旅行情報誌『エイビーロード』の営業および制作に。93年結婚情報誌『ゼクシィ』の創刊を担当。同誌の多角的運営に携わった後、99年退社後フリーに。現在は(株)トランスメディアで編集顧問を務めるかたわら、食、旅、酒、温泉、不動産、猫などの分野を中心に編集、プランニング、ライティングを行う。情報誌や雑誌、機内誌およびウェブなど幅広い媒体を手がけている。

ーーBackstage from “ethica”ーー

実際にはそんな簡単ではないのでしょうが、全く経験がなくてもアイデアさえ浮かべば、誰でも参加できそうなのがSFの魅力。観る側にとっては、短時間で感動できるところがポイントで、LiLiCoさんの「出勤前に元気が出る1本を観る、なんてこともできるんです」という言葉になるほどと思いました。そしてブランデッドムービーの品が良くさりげないところが、とてもクール。これからどんなブランデッドムービーが創られていくのか、とても楽しみです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

とがみ 淳志

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

人気漫画家・安野モヨコさんが描くキャラクター「オチビサン」も完成!鎌倉のソーシャルグッドな取り組みをご紹介。
上司が我が子のお迎えに? ワーキングマザーへの理解を深める『育ボス ブートキャンプ』 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『リクルート編』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます