「愛してる」って伝えたい方へ贈りたい本2選 「バレンタインには本を贈ろう!」 エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その3>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「愛してる」って伝えたい方へ贈りたい本2選 「バレンタインには本を贈ろう!」

昨年、紀伊國屋書店WEBサイトにてバレンタイン特集を書いて以来、「ずっと昔、バレンタインに本をプレゼントされた」と、ちらほらと伺うようになりました。興味深いことに、皆さん共通していらっしゃるのは、何十年も昔のバレンタインに「『○○○○』という本を、こんな人から貰った!」 と鮮明に覚えているとのこと。

確かに、贈られた側としたら「そこにどんな意味合いが隠されているのやも?」と読み進めてみるからこそ、知らず知らずのうちに、記憶に深く刻まれるのかもしれません。今回特集の後編では、本を贈りたい相手との関係別にお薦めの本を選んでみました。

【後編その1】大切な友人に贈りたい本3選(恋愛とはまた違った「愛」の物語)

【後編その2】少し歳の離れた方たちへ贈りたい3選(再読し、変わる視点を愉しむ)

インタビュー前編は、こちら http://www.ethica.jp/3976/

「愛してる」って伝えたい ”一番大事なあの人へ贈る、愛の本”

 お縁日の屋台のように愉しく賑やかなフェア棚を展開する、紀伊國屋書店新宿本店。今回は、7階のバレンタイン棚より、本命チョコにも匹敵する本を二冊ピックアップしました。

『ボクを探しに』シルヴァスタイン著 講談社刊 ¥1,575(税込

最初の一ページ目に「だめな人と だめでない人のために」と記された本書は、愛することのいとおしさを教えてくれる一冊です。ちょっと心が折れた時、新たな一歩を踏み出す時、「どんな時だって一緒にいるよ」のメッセージと共に「一番大事な人」にプレゼントするのはいかがでしょう?

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784061129832

『愛するということ』エーリッヒ・フロム著 紀伊國屋書店刊 ¥1,325(税込)

「新フロイト派」の代表的な存在のフロムが、「愛」の理論と実践の習得をすすめた。というと、ちょっとだけハイブローな本のイメージを与えてしまいますが、単純に説明すると「愛は技術だ。愛こそがより幸福に生きるための最高の技術である」 というわけで、本書はパートナーや旦那さまに贈るのはいかがでしょう?

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314005586

立春をとうに迎えたとはいえ、まだまだ厳しい寒さが続きます。そんな中、どんな本を贈ろうかとワクワクしながら選んでみると、きっと心がホカホカとあったかくなるはずです。今年の2月14日が、皆さんにとって愉しいバレンタインになりますように。

Book Review

奥村知花 OKUMURA CHICA

成城大学卒。“本しゃべりすと”として、新刊書籍のパブリシティに携わりつつ、書評エッセイなど執筆

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

奥村知花

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その2>
ヨーロッパ、アジア、アメリカ。世界で活躍中のパティシエ金井聡美さんのストーリー エシカが提案するバレンタイン2014<特集②> 凛とした日本女性のために生まれた“自分チョコ”

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます