「愛してる」って伝えたい方へ贈りたい本2選 「バレンタインには本を贈ろう!」 エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その3>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「愛してる」って伝えたい方へ贈りたい本2選 「バレンタインには本を贈ろう!」

昨年、紀伊國屋書店WEBサイトにてバレンタイン特集を書いて以来、「ずっと昔、バレンタインに本をプレゼントされた」と、ちらほらと伺うようになりました。興味深いことに、皆さん共通していらっしゃるのは、何十年も昔のバレンタインに「『○○○○』という本を、こんな人から貰った!」 と鮮明に覚えているとのこと。

確かに、贈られた側としたら「そこにどんな意味合いが隠されているのやも?」と読み進めてみるからこそ、知らず知らずのうちに、記憶に深く刻まれるのかもしれません。今回特集の後編では、本を贈りたい相手との関係別にお薦めの本を選んでみました。

【後編その1】大切な友人に贈りたい本3選(恋愛とはまた違った「愛」の物語)

【後編その2】少し歳の離れた方たちへ贈りたい3選(再読し、変わる視点を愉しむ)

インタビュー前編は、こちら http://www.ethica.jp/3976/

「愛してる」って伝えたい ”一番大事なあの人へ贈る、愛の本”

 お縁日の屋台のように愉しく賑やかなフェア棚を展開する、紀伊國屋書店新宿本店。今回は、7階のバレンタイン棚より、本命チョコにも匹敵する本を二冊ピックアップしました。

『ボクを探しに』シルヴァスタイン著 講談社刊 ¥1,575(税込

最初の一ページ目に「だめな人と だめでない人のために」と記された本書は、愛することのいとおしさを教えてくれる一冊です。ちょっと心が折れた時、新たな一歩を踏み出す時、「どんな時だって一緒にいるよ」のメッセージと共に「一番大事な人」にプレゼントするのはいかがでしょう?

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784061129832

『愛するということ』エーリッヒ・フロム著 紀伊國屋書店刊 ¥1,325(税込)

「新フロイト派」の代表的な存在のフロムが、「愛」の理論と実践の習得をすすめた。というと、ちょっとだけハイブローな本のイメージを与えてしまいますが、単純に説明すると「愛は技術だ。愛こそがより幸福に生きるための最高の技術である」 というわけで、本書はパートナーや旦那さまに贈るのはいかがでしょう?

詳しくはこちらから、紀伊國屋書店 KINOKUNIA WEB STORE

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314005586

立春をとうに迎えたとはいえ、まだまだ厳しい寒さが続きます。そんな中、どんな本を贈ろうかとワクワクしながら選んでみると、きっと心がホカホカとあったかくなるはずです。今年の2月14日が、皆さんにとって愉しいバレンタインになりますように。

Book Review

奥村知花 OKUMURA CHICA

成城大学卒。“本しゃべりすと”として、新刊書籍のパブリシティに携わりつつ、書評エッセイなど執筆

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

奥村知花

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

少し歳の離れた方たちへ贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その2>
ヨーロッパ、アジア、アメリカ。世界で活躍中のパティシエ金井聡美さんのストーリー エシカが提案するバレンタイン2014<特集②> 凛とした日本女性のために生まれた“自分チョコ”

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます