自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】 【編集長対談】 モデル・タレント・ラジオDJ 三原勇希さん
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】

何事に対してもアクティブな三原さん。行動力と発信力が、現在の仕事上で結びついている。 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ取材、そして三原さんにとっての「私によくて世界にイイ。」にについてうかがいます。

【三原勇希・前編】新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい

自分が生きた1週間を詰め込む、2時間の生放送

大谷: そうして、晴れてラジオDJになられて、初めのうちはどうでした?

三原: 2時間生放送、一人しゃべりの難しさを思い知りました。

大谷: うなずいてくれる人もいないわけですもんね。

三原: そうなんです。ネタ探しから、話の組み立て方から……緊張もするし、はじめは挫折の日々でした。毎回、自分の生きた1週間をラジオ放送の2時間に詰め込むような感じです。とはいえ、あまり個人的なことばかりでもリスナーには共感してもらえませんし。

リスナーとしていつも楽しんでいたFM802。「実際に自分がラジオDJとして話すのは、予想以上に難しかったです」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

大谷: そこは積み重ねですよね。「あ、このネタはヒットしたな」「これはホームランだ」って。はじめは仕事しながら勉強という感じだったんでしょうね。

三原: 今も勉強だと思ってます。802は放送作家さんがいないので、ディレクターさんと一緒に自分で内容をつくっていくんです。そのぶん、やりがいもありますし、責任もありますし、面白いと思っています。幅広い世代の方から番組宛にメッセージをいただき回答するのですが、そこでいろんな自分の経験が活きてきます。

「普段、あまりトレンドを追ったファッションはしないんですけど、今日は今年のトレンドカラーですね(笑)」NINEのラベンダー色のワンピースがお似合い。 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

人間によってつくられた、野生動物との距離

大谷: 今春のボルネオ取材はどういった経緯で行かれたんですか?

三原: 「INTRO-JUICE 802」のプロデューサーさんに「ボルネオ行きたい?」って聞かれて「行きたい、行きたい!」って答えたら、行けることになって(笑)。802のDJがサラヤさんのメディアツアーに参加しているんです。今年は私と田中乃絵さんが。

大谷: 実際、ボルネオに行かれてどうでしたか?

三原: 楽しかったですし、色々考えさせられました。ボルネオの自然を堪能する5日間の旅だったんですが、一番印象深かったのはリバークルーズです。2時間くらいのクルーズの最後に、川沿いのジャングルを移動している野生の象に遭遇したんです。野生の象を見られただけで感激だったんですが、案内の村の人が「じゃあ、上陸します」って。

大谷: え、船から降りたんですか?

ボルネオのリバークルーズ。自然に触れ、喜びがに満ち溢れる三原さん。

三原: 本当に、これくらい(自身と大谷との間にあるテーブルの幅を指して)の距離で野生の象がいるんです。感動と同時に恐ろしさも感じました。やっぱり動物園で見るのとは訳が違いました。

大谷: かなりリアルな体験ですね。観光旅行で、そういう類の恐怖を感じることは滅多にないでしょうから。

野生の象と近距離で対面。恐怖を感じたという。

三原: そうやって、最初は豊かな自然と野生動物をたくさん見て感動していたんですけれど、サラヤさんのツアーでは、その裏側で起こっている問題も見せていただきました。リバークルーズの翌朝、その川を上空からヘリに乗って見下ろしたんです。象が生息できるジャングルは、川の両側の本当にわずかな範囲だけで、その奥はずーっとプランテーションになっていました。あ、だから川から象が見られたんだ、奥に逃げ場がないから、象たちは川沿いにしかいられなくて人間と出会ってしまうんだ、って気付かされました。

今回のボルネオ視察には、同じくFM802でラジオDJを務める田中乃絵さんも参加。

リバークルーズの翌日は、ヘリに搭乗。初めはウキウキと乗り込んだものの……。

大谷: サラヤさんは、アブラヤシ農園の拡大によって分断されてしまったボルネオの熱帯雨林を買い戻し、野生動物たちの生活を守る活動を支援していますね。

三原: はじめワクワクしながらヘリに乗り込んだ他の参加者も、現実を目の当たりにして、ヘリコプターを降りるときには何となくみんなうつむいていました。そういうことがツアーの間に何度もありました。バス移動中も事前に情報をいただいていると、いろんなことに気付くんです。

ボルネオ取材は、初めて見るもの食べるものの連続。

前編のお話の通り、未知の環境をすっかり楽しんでいる三原さん。

大谷: 事前に勉強してから現地に行かれてますから、入ってくる情報、気づくことも多いんでしょうね。

三原: はい。普通の観光で訪れていたら、気付かないというか、いろんなことを見逃してしまっていたと思います。

観光旅行では知り得なかったボルネオの自然の実情。それだけ一層、感動も大きい。

自分の日常が、ボルネオの環境保全活動につながった

大谷: ボルネオに行く前と後とで、自分の生活で切り替わったことはありますか?

三原: これまでは、環境問題って、自分ひとりの力ではどうにもならないだろうって思っていたところがあるんです。だから、サラヤさんの取り組みを知って、本当に素晴らしいと思いました。私たちの生活とボルネオの森林破壊は、確かに関係なくはないんですけれど、ここまで取り組めるってすごいことだなって。私たちが選ぶものを変えることで、自然や動物たちを守ることにつながるんですね。

ボルネオの森林保全が、日本に暮らす自分の生活とつながった。 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

大谷: サラヤさんの洗剤は使ってます?

三原: もちろん使ってます!

大谷: ボルネオでの体験があった後では、洗剤の見方も変わりますよね。

三原: 全っ然、違いますよね。

大谷: そこにストーリーがありますからね。ボトルもインテリアとしておしゃれなデザインですよね。

三原: 身体にも優しいですし。

大谷: 環境にも優しいですしね。

三原: ボルネオを訪問して、それまで環境問題をすごく重いものだととらえていたのが、もっと自然に、自分の生活にも関係することとして考えられるようになったんです。たとえば、買い物のときにビニル袋をもらわないとか、ゴミの分別をきっちりするとか。些細なことを、ちゃんとするようになりました。

大谷: 無理なく、自分の日常に取り入れられる活動ですね。

三原: 取材以降、そういったことを、当たり前のものとして意識できるようになったんです。普通の観光旅行で行っていたら、こんな風に意識のレベルから変わるようなことは起こりえなかったんじゃないかと思います。

三原さんがボルネオのビーチで撮影したサラヤのヤシノミ洗剤のボトル。

メディアの一番表層にいる自分が、何をどう伝えていくべきかを考える

大谷: そうした三原さんの意識の変化は、きっとラジオ番組を通じてリスナーに届くでしょうね。そうして三原さんの発信が、またリスナーにとって何らかの意識を変えるきっかけとなれば嬉しいですよね。

三原: はい、そうですね。

利発という言葉がしっくりくる、老若男女親しみの持てる快活なキャラクター。 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

大谷: では最後に、三原さんにとっての「私によくて、世界にイイ。」を教えてください。

三原: どういった形であれ、「伝える」という仕事は、これからもずっとしていきたいと思っています。ですから、本当に良いもの、良いことを、より多くの人に、自分の言葉で伝えていけたらと思います。そのためにも、自分の中に、ブレない芯を持って。

大谷: ブレない芯を持つにはリアリティが必要ですね。自分の体験を通じた発信は、力が違いますから。

メディアの発信力を認識しているからこそ、自分自身も納得のいく仕事がしたい。「それを視聴者に伝えることに本当に意味があるのか、と」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

三原: 今は簡単にいろんな情報が手に入りますが、そのぶん本当に信じて良いのかわからないものもたくさんあります。中学生のときから人前に立つ仕事をしてきて…私はたくさんの人たちで作り上げているメディアの一番表層の部分にいるわけですけれど、だからこそ、「何を」「どう」伝えていくことが読者や視聴者のためになるかは、常に考えるようにしています。そこにリアリティを持てる人でありたいと思います。

大谷: いまは、情報の選別能力が問われる時代になっています。ふだんから質の良いメディア、質の良いコミュニケーションに触れていないと、その感度は鈍ってしまうと思うんです。ある意味、食事と同じかも知れませんね。ただ毎日お腹がふくれれば良いというわけではないですから。

今年はボルネオ取材の他にテレビ番組の撮影でハワイにも。「レギュラー番組を持っているので、長期滞在はできないけれど、これからも海外を含め、いろんな場所に行ってみたいです」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

三原: そうですね。日々更新していかないとならないものでもありますし。これからもそういう努力を怠らず、成長していきたいと思います。

大谷: 本日は貴重なお時間をありがとうございました。

【三原勇希・前編】新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業し、小粒でもぴりりと辛い(体は小さくとも才能や力量が優れていて、侮れないことのたとえ)『山椒』を企業コンセプトに作家エージェント業を始動、ショートフィルム映画『IN-EI RAISAN(陰影礼讃)』を製作プロデュース。2023年までに、5つの強みを持った会社運営と、その5人の社長をハンズオンする事を目標に日々奮闘中。

三原勇希:モデル・タレント・ラジオDJ

1990年4月4日生まれ。大阪府出身。ローティーン雑誌のモデルでデビュー。現在は音楽、マラソン、釣り、ゴルフなどの特技や趣味を活かしてテレビ、ラジオ、雑誌等で幅広く活躍中。FM802「INTRO-JUICE 802」、スペースシャワーTV「スペシャのヨルジュウ♪」、釣り番組「フィッシング倶楽部」、ニコニコ生放送「シネマのミカタ」にレギュラー出演中。

Official HP
http://www.stardust.co.jp/section3/profile/miharayuki.html

Official Blog
https://lineblog.me/miharayuki/

Official Instagram
https://www.instagram.com/yuukimeehaa/

記者:松崎 未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回、対談に同席させていただいたのですが、さすがラジオDJというお仕事(音声情報だけで物を伝える)をされていらっしゃるだけあり、三原さんの言葉は文字化しやすいというか、その場でほぼ記事の構成が固まりました。対談終了後、素直にその感想を伝えると、ホッと安堵の笑顔を見せられて「嬉しいです」とおっしゃったのが非常に印象的でした。もちろん話し慣れていらっしゃるのだとは思いますが、毎回、すごいスピードで頭を回転させて、話していらっしゃるんだろうな、と。編集の都合上割愛した部分でも、とても楽しいお話をうかがえ、役得でございました。

<DJ レギュラー出演中> FM802「INTRO-JUICE 802」毎週日曜日19:00~21:00生放送

https://funky802.com/service/Homepage/index/1719

<出演情報> BS日テレ「ハワイLovers~オアフの魅力100%~」

http://www.bs4.jp/Oahu100/

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】 【編集長対談】 モデル・タレント・ラジオDJ 三原勇希さん
世界の美の頂点を目指した女性が見つけた「生きる意味」 【原綾子・前編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます