縄文時代の子育てはみんなで?【土偶女子・譽田亜紀子さん 徹底取材⑤】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
縄文時代の子育てはみんなで?【土偶女子・譽田亜紀子さん 徹底取材⑤】

妊婦の姿の土偶《縄文のヴィーナス》(国宝 長野・茅野市蔵(茅野市尖石縄文考古館保管) 展示期間:7/31-9/2)と祈りを捧げる(?)土偶《合掌土偶》(国宝 青森・八戸市蔵(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館保管))

現在、上野の東京国立博物館にて「縄文—1万年の美の鼓動」展が開催されています。縄文時代の国宝6件すべてが初めて一堂に揃った同展は、先日、来場者20万人を突破。かつて岡本太郎が絶賛した躍動感あふれる縄文の造形表現は、最近では若い女性たちを魅了しているようです。

「土偶女子」として、縄文時代の魅力を様々な形で発信し続けている文筆家の譽田亜紀子(こんだあきこ)さんを、ethica編集部が取材しました。

【土偶女子・徹底取材企画】として全6回でお送りしていきます。

【徹底取材①】1万年前の日本のものづくりから受けた衝撃
【徹底取材②】子供も外国人も、誰もが楽しめる縄文
【徹底取材③】縄文人のライフスタイル
【徹底取材④】謎だらけの縄文人の世界観

頑張っている女性たちにエールを送りたい

ethica編集部: 譽田さんは、縄文時代と女性の親和性が高いとおっしゃっていましたが、『ときめく縄文図鑑』(山と渓谷社)を拝見して、女性の視点で縄文の遺物を眺めてみることは、実はとても重要なことなのでは、と思いました。

土偶の多くは女性を象ったものと言われていますが、特に妊娠している姿が多いんですね。「縄文」展の会場でも、母子のつながりが伝わるような出土品が多数展示されていました。作り手は女性だったのか、男性だったのか。縄文時代の育児ってどんなものだったと想像されますか?

譽田さん: 縄文時代、子供は誰の子ということでなく、「ムラの子」としてみんなで育てていたんじゃないかなって私は思うんです。子供は大切な社会の財産ですから、みんなで役割分担しながら、協同して子育てをしてたんじゃないかって。もちろん、血が濃くなることを防ぐために、誰と誰の子というのはちゃんと把握されていたと思うんですけれど。

ethica編集部: 今のような「夫婦」という考え方があったんでしょうか?

譽田さん: そこはよく考古学でも話題になるんですけれど、ステップファミリーみたいな感じだったんじゃないかなって話してます。比較的、狩猟民族に見られるケースですが、集落を存続させていくために、例えば未亡人になっても、その親族が次の夫になる、というような。

 

「カワイイ」や「面白い」といった観点から縄文遺物を紹介した『ときめく縄文図鑑』(山と溪谷社)。巻末には、体験スポットや現在販売されている縄文グッズなども紹介。

私自身は子供を授かることが出来なかったんですが、私のなかではずっと、縄文の文化を発信することで、仕事や子育てに悩む現代の女性たちを応援したい、という思いがあります。1万年前からずっと続いてきた、命をつないでいく営みの一端を担っているんだ、それってすごいことなんだよって。

縄文時代が1万年続いた中には、人が生きていく上で必然的に相互扶助の仕組みがあったのだと思うんです。現代の核家族化の中で、夫婦二人で仕事も家庭のこともやらなきゃって大変ですよね。「私が何もかもやらなきゃ」って、一人で抱え込まないでほしいんです。

(続く)

【徹底取材⑥】縄文人の「自由であろうとする心」に触れる

【展覧会情報】

特別展「縄文—1万年の美の鼓動」
会期:2018年7月3日(火)〜9月2日(日)
休館日:月曜日
時間:9:30〜17:00 金曜・土曜日は21:00まで。日曜日は18:00まで。入館は閉館の30分前まで
会場:東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)
公式サイト:http://jomon-kodo.jp

譽田亜紀子(こんだあきこ)

文筆家。岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。奈良県橿原市の観音寺本馬遺跡の土偶との出会いをきっかけに、各地の博物館、遺跡を訪ね歩き、土偶、そして縄文時代の研究を重ねている。現在は、テレビ、ラジオ、トークイベントなどを通して、土偶や縄文時代の魅力を発信する活動も行っている。著書に『はじめての土偶』(2014年)、『にっぽん全国土偶手帖』(2015年、ともに世界文化社)『ときめく縄文図鑑』(2016年、山と溪谷社)『土偶のリアル』(2017年、山川出版社)『知られざる縄文ライフ』(2017年、誠文堂新光社)『土偶界へようこそ』(2017年、山川出版社)。近著に『縄文のヒミツ』(2018年、小学館)『折る土偶ちゃん』(2018年、朝日出版社)がある。『中日新聞』『東京新聞』毎週水曜日夕刊にコラム「かわいい古代」連載中。

【イベント情報】

土偶女子 こんだあきこ 梅之木遺跡を語る(山梨県考古学協会 2018年地域大会)
日時:2018年9月23日(日) 13:30〜16:00
会場:山梨県庁防災新館1階 オープンスクエア(JR甲府駅南口より徒歩5分)
パネラー:こんだあきこ、佐野隆、櫛原功一、今福利恵
問合せ:山梨県考古学協会事務局 055-263-6441
https://sankoukyou1979.wordpress.com
主催:山梨県考古学協会、山梨県立考古博物館、山梨県立博物館、縄文王国山梨実行委員会
後援:北杜市教育委員会

記者:松崎 未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「縄文展」の会場には、粘土に子供の手や足を押し当てて型をとったものも展示されていました。子供の成長の記録なのか、亡くなった子供の形見なのか、たまたま子供たちが遊んだものが遺ったのか。詳しいことはわかりませんが、親子の情愛は1万年前も今も変わらないと思いました。

【徹底取材①】1万年前の日本のものづくりから受けた衝撃
【徹底取材②】子供も外国人も、誰もが楽しめる縄文
【徹底取材③】縄文人のライフスタイル
【徹底取材④】謎だらけの縄文人の世界観

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

謎だらけの縄文人の世界観【土偶女子・譽田亜紀子さん 徹底取材④】
縄文人の「自由であろうとする心」に触れる【土偶女子・譽田亜紀子さん 徹底取材⑥】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます