コカ・コーラ ボトラーズジャパンの自動販売機でちょっとイイこと。「ヘアドネーション支援自動販売機」で子ども達に笑顔を ~アデランスに寄付型自動販売機を設置~
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
コカ・コーラ ボトラーズジャパンの自動販売機でちょっとイイこと。「ヘアドネーション支援自動販売機」で子ども達に笑顔を

新宿のアデランスビルにて行われた「ヘアドネーション支援自動販売機」除幕式の様子。 まずは記念にアデランスの津村社長がドリンクを購入 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ヘアドネーションという言葉をご存知ですか?病気などでウィッグを必要とする子供たちに、自らの髪を提供するという活動で、最近では女優やタレントなど著名人による髪の寄付が話題となり、徐々に認知度も上がっています。では、このウィッグの製作に関わり活動をしているのは、どんな人々なのでしょうか?今回ethicaでは、「ヘアドネーション支援自動販売機」が設置されると聞き、その除幕式におじゃましました。

ヘアドネーションやジャーダックの活動がよく分かるノンフィクション「髪がつなぐ物語」 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

「愛のチャリティ」でウィッグを無償提供しているアデランス

「愛のチャリティ」とは、アデランスが1978年から行っている取り組みで、病気やケガなどで毛髪を失った子ども(4~15歳)に、オーダーメイドのウィッグをプレゼントする活動です。これは、アデランスが創業10年周年を迎える際に「何か社会貢献できることをしたい」と、社員にアイデアを募って始まったそうで、40年継続して実施されています。

「成長期であるというのはもちろん、水泳などの運動を行うという子供の生活を考慮したウィッグ製作を心がけています」とアデランス津村社長。また、チャリティ活動に社員が参加し、活動を肌で感じることで社員のモチベーションアップに繋がったことは、企業として大きかったそうです。

(株)アデランス 代表取締役社長 津村佳宏氏 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

エシカ記者の個別インタビューにも気さくに応じていただきました。「愛のチャリティでは、毎年350名ほどの子どもさんにウィッグを無償提供しています」とのこと Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

“髪の寄付”は美容師さんの発想から

アデランスと同様に、ウィッグを必要とする子ども達に無償提供活動を行っていたのが、NPO法人のJapan Hair Donation & Charity(JHD&C=通称ジャーダック)。美容室で廃棄される髪を活かしたいと、美容師さん達が有志で立ち上げたNPO法人です。こちらでは、寄付された髪で人毛100%のオーダーメイドフルウィッグを製作し、病気などで頭髪を失った子どもに届けるという活動を行ってきました。

そして、志を同じくするアデランスとの共働を2015年3月からスタート。プライバシーにも配慮した完全個室を備えるアデランスサロンで、採寸や引き渡しなどを行えるようにしました。さらに2016年からは、アデランスでウィッグの製作協力もスタートさせています。

特定非営利活動法人JHD&C(ジャーダック)代表理事 渡辺貴一氏。「現役の美容師です。廃棄していた髪を活かしたいと、この活動を始めました」とおっしゃって、髪にまつわる様々なお話を聞かせてくださいました Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

自動販売機には、寄付についての説明も記載されています Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

地域に根ざすコカ・コーラ ボトラーズジャパンの自動販売機もコラボ

こういった髪にまつわるチャリティ活動がNHKの番組で紹介されたことがありました。それを見て感銘をうけたコカ・コーラ ボトラーズジャパン(株)の営業担当者が協力を申し出て、今回のような「ヘアドネーション支援自動販売機」は誕生。この自動販売機の売り上げの一部をジャーダックに寄付する仕組みをつくり、チャリティ活動のための資金源が少ないという課題に向き合う手段となりました。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンといえば、その圧倒的な自動販売機の設置台数はご存知の通り。なんとコカ・コーラ ボトラーズジャパンの販売エリア内には70万台以上もあり、1億1200万人をカバーしていると言われます。その網羅性をいかし、各地に根ざした地域貢献活動にも尽力。もちろん、ヘアドネーション以外の寄付型自動販売機も多く展開しています。さらに、災害対応型自動販売機(大規模災害発生時、無償で製品を提供できる自動販売機)の設置など、様々な社会貢献型自動販売機を展開しています。

日本中どこにでもあり、瞬時に安全な飲料が確保できる自動販売機だからこそ実現する、独自の社会貢献といえます。

コカ・コーラ ボトラーズジャパン(株)広域法人・開発営業統括部 執行役員 統括部長 村田吉章氏 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

自動販売機は地域に根ざすことが大事と言う村田統括部長。さらに、「自動販売機のデザインにもこだわりました。ぜひご注目を」とのこと Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

こういった3つの法人が手を取り合い、今回の「ヘアドネーション支援自動販売機」の設置が実現。現在はアデランスの本社をはじめ、賛同企業や美容専門学校などに22台ほど設置されていますが、今後は場所や設置台数を増やし、1年以内に100台を目指していくそうです。

「愛のチャリティ」のロゴが印象的な自動販売機 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

多くの報道陣が集まった今回の除幕式。ちなみにこの後は、お披露目された自動販売機から自由にドリンクを購入することができました Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「みんなと地域の日々に、ハッピーな瞬間とさわやかさを」を企業理念にしているコカ・コーラ ボトラーズジャパン。こういった寄付型自動販売機は、その役割を知ってもらえれば数メートル遠い自動販売機でもわざわざ移動して購入しようという人も多いそうで、結果、子ども達のハッピーにつながっていきます。日々なにげなく利用する自動販売機ですが、ちょっと意識してチェックしてみたくなりました。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

初秋の京都に“オリジナル苔アート”が登場。苔の名所5寺院で展示された「モシュ印」&「コケ寺リウム」を観て巡る旅を。“そうだ 京都、行こう”
谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』原案映画、ニュイ・ブランシュKYOTOで初上映決定! 主演は独歩の玄孫・国木田彩良 トランスメディア・クリエイターズの第一弾プロジェクト「STORYGENIC KYOTO IN-EIRAISAN」始動

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます