谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』原案映画、ニュイ・ブランシュKYOTOで初上映決定! 主演は独歩の玄孫・国木田彩良 トランスメディア・クリエイターズの第一弾プロジェクト「STORYGENIC KYOTO IN-EIRAISAN」始動
イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』原案映画、ニュイ・ブランシュKYOTOで初上映決定! 主演は独歩の玄孫・国木田彩良

2018年10月5日、建仁寺塔頭 両足院(京都府京都市)にて、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)が初上映されます。主演を務めるのは、国木田独歩の玄孫で、現在モデルとして活躍中の国木田彩良さん。出演者・協力者には、観世流能楽師の林宗一郎さんや書家の神郡宇敬さんなど、京都ゆかりのアーティストや創業400年近い老舗企業も名を連ねています。

アートがつなぐ京都とパリ 秋の夜長のアートイベント「ニュイ・ブランシュKYOTO」へ

映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』初上映となる10月5日は、現代アートの祭典「ニュイ・ブランシュ KYOTO」の開催日。夕刻より京都市内各所で、日仏アーティストのさまざまな展示やパフォーマンスが繰り広げられます。京都の姉妹都市であるパリの「白夜祭(ニュイ・ブランシュ)」にちなんだ同イベントは、日仏交流160周年の今年、例年以上の盛り上がりを見せそう。

映画『IN-EI RAISAN』の上映ならびに映画の世界を体感できる展覧会企画「〜STORYGENIC KYOTO〜 IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)」も、この「ニュイ・ブランシュ KYOTO」の連携プログラムの一つです。

麗しき茶人役は、文豪のDNAを受け継ぐ国木田彩良さん

映画『IN-EI RAISAN』で主演を務めるのは、明治の小説家・国木田独歩(1871-1908)の玄孫の国木田彩良さん。独歩といえば代表作『武蔵野』が有名ですが、ジャーナリストや編集者としても活躍し、雑誌『婦人画報』の創刊者としても知られます。

国木田さんは、お母様が日本人、お父様がイタリア人のハーフモデル。およそ20年暮らしたパリを離れ、現在はご自身のルーツである日本に移住し、『婦人画報』をはじめ、『VOGUE JAPAN』『ELLE JAPON』『L’OFFICIEL Japan』『25ans』など多数のファッションマガジンで活躍されています。2015年元日の三越伊勢丹の広告「this is japan.」のクールなモノクロのビジュアルをご記憶の方も多いのでは?

国木田さんにとって映画『IN-EI RAISAN』は初主演作となり、劇中ではいわくありげな茶人役として、幽玄の世界を体現する重要な役どころを演じています。谷崎潤一郎の美学と国木田独歩の精神が、映画の中でどのように融合しているのか、とても楽しみですね。

茶会×夢幻能 京都の老舗、アーティストが織りなす極上の一期一会

映画『IN-EI RAISAN』は、京都を舞台に、茶会の一連の流れと夢幻能の構成を織り交ぜた、全編台詞無しのクリエイティブ・ノンフィクション形式による映像作品。伝統文化のエッセンスを凝縮した27 分(予定)の映像が、鑑賞者を”KYOTO”という名の茶室へ誘います。

能楽シーンには観世流能楽師の林宗一郎さんが出演。題字は書家の神郡宇敬さんが手がけ、茶室内の美術には樂茶碗の次期当主(16代目)の樂篤人さん、ガラス作家の荒川尚也さんらが協力しています。また、主演の国木田さんが着用する衣装は、元禄年間創業の西陣織の老舗・細尾の提供になります。さらに伏見の蔵元・藤岡酒造の日本酒や寛永年間創業の菓子司・寛永堂の和菓子、美食家であった谷崎が愛したいづうの寿司なども劇中に登場。

映画の撮影地となった建仁寺塔頭 両足院の展覧会会場には、松栄堂による香りの演出も加わり、贅沢なひとときを味わえることでしょう。

憧れの映画監督に! トランスメディア・クリエイターズがクリエイティブな夢を応援

映画を製作した株式会社トランスメディア・クリエイターズは、今年6月に設立されたクリエイターエージェント。その最初のプロジェクトが「〜STORYGENIC KYOTO〜 IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)」です。このプロジェクトは、様々なメディアやイベントを通して一つのストーリーを完成させる日本初のトランスメディア方式を採用し、今後、文学、音楽、美術、映画、演劇、AI知能、インターネット、グルメ、トラベルなどの分野への展開を予定しているそう。

本作が初監督作品となった高木マレイさんは、フランス映画祭in神戸やラグジュアリーブランドのイベントプロデュースなどに携わってきた経歴の持ち主。高木さんが長年温めてきた映画の構想を同社が支援し、2年に渡るオール京都ロケ敢行の末、完成したのが映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』です。

同社では、「〜STORYGENIC KYOTO〜」の今後の展開に興味のあるクリエイター、そんなクリエイターたちの夢を応援する協力企業を広く募集しています。また「モノ作りへの想い」「先人の知恵や無形資産にも目を向けよう」をコンセプトに掲げる当ウェブマガジン『ethica』も、「〜STORYGENIC KYOTO〜」プロジェクトの想いに賛同し、今後全面的にバックアップしていきます。

芸術の秋、アートの光に溢れる京都の白夜祭で、谷崎の愛した陰翳の美を探しにお出かけください。

映画『IN-EI RAISAN』 作品情報

作品名:『IN-EI RAISAN』
出演:国木田彩良(茶人役)、高木マレイ(旅人役)、林宗一郎(観世流能楽師)伊藤東凌(建仁寺塔頭 両足院 副住職)、神郡宇敬(書家)、他
音楽:森田玲(篠笛)

■ 監督・脚本 高木マレイ
■ 撮影・編集 馬杉雅喜
■ 照明 合田崇
■ ヘアメイク(国木田彩良) 耕万理子(SIGNO)
■ ヘアメイク(高木マレイ) 末田隆(el sheart)
■ 茶事指導 住吉千波
■ 美術協力 籏邦充(京こと)
■ スチール記録 宮下直樹
■ 進行 中山千富美
■ アドバイザー たつみ都志(谷崎潤一郎研究家)
■ プロデューサー 大谷賢太郎

◆ 製作 ㈱トランスメディア・クリエイターズ
◆ 制作プロダクション ㈱シネマズギックス
◆ 協賛 ライカカメラジャパン㈱、㈱細尾、㈱寛永堂
◆ 特別協力 白沙村荘 橋本関雪記念館、建仁寺塔頭 両足院
◆ 協力 ㈱いづう、藤岡酒造㈱、Gallery SUGATA
◆ メディア協力 webマガジン『ethica(エシカ)』
◆ 後援 芦屋市谷崎潤一郎記念館、アンスティチュ・フランセ関西

◇ 仕様 カラー|27 分(予定)|デシタルシネマカメラ式

〜STORYGENIC KYOTO〜
『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』開催概要

会期:2018年10月5日(金)〜7日(日)

会場:両足院(建仁寺内)京都府京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町591

内容:映画「IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)」の上映および、映画に関連する美術品を中心とした展覧会

出品者:高木マレイ(写真)、サッシャ・ノードメイヤー(インスタレーション)、神郡宇敬(書)、樂篤人(茶碗)、荒川尚也(ガラス)、(株)細尾(着物)

主催:(株)トランスメディア・クリエイターズ
共催:アンスティチュ・フランセ関西
特別協力:建仁寺塔頭 両足院
協力:Gallery SUGATA、㈱シネマズギックス
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、京都市
メディア協力:webマガジン『ethica(エシカ)』

※本展は日仏交流160周年記念認定事業となります。
※松栄堂による香りの演出があります。

開催時間:
10月5日(金) 10:00〜16:00/*17:00〜20:00
10月6日(土) 10:00〜17:00
10月7日(日) 10:00〜17:00

入場料:1,500円(上記 *印 ニュイ・ブランシュKYOTO開催時間帯は入場無料)

席予約:下記サイトよりお申し込みください。(当日券も若干数のご用意を予定しています。また上記 *印 ニュイ・ブランシュKYOTO開催時間帯は先着順とさせていただきます。)
https://peatix.com/event/438521/view

記者:ethica編集デスク 松崎未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「ニュイ・ブランシュ」や「KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭)」など、近年アートイベントがどんどん活気を帯びている京都。今年は私も「ethica」ライターとして「ニュイ・ブランシュ」に初参加します! 「ethica」では今後、映画「IN-EI RAISAN」上映会レポートや、監督、出演者へのインタビューの掲載を予定していますのでお楽しみに。

建仁寺塔頭 両足院を含む「ニュイ・ブランシュ」Cエリア(京都市の東側)は、他にもロームシアター京都やジェイアール京都伊勢丹の祇園「TEBACO」など注目のスポットが点在しています。はじめて「ニュイ・ブランシュ」に行かれる方は、アンスティチュ・フランセ関西の「ニュイ・ブランシュ〜おすすめ会場」の記事や10月5日のモデルコースを提案している「GINZA」の記事「京都が現代アートに染まる一夜「ニュイ・ブランシュKYOTO」を参照されることをお勧めします。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

コカ・コーラ ボトラーズジャパンの自動販売機でちょっとイイこと。「ヘアドネーション支援自動販売機」で子ども達に笑顔を ~アデランスに寄付型自動販売機を設置~
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】 【編集長対談】 モデル 国木田彩良さん(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます