ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン

(C) 2018 Twentieth Century Fox

1970年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな反響を呼んでいます。

このバンドの全盛時代に中高生だったファンのみならず、クイーンをリアルタイム体験していない世代の人たちからも「泣けた」「また観たい」という賞賛の声が上がっています。

なぜ今この映画が、世代を越えて人々の共感を呼んでいるのでしょうか。その秘密を紐解いていきます。

どんな映画?

「泣ける」と話題になっている最後の21分間は、1985年にクイーンが出演した「ライブ・エイド」というチャリティ音楽イベントを忠実に再現したものです。映画は、1970年代前半のバンドの誕生から、トップアーティストに上り詰め、一度は休止状態になってから、この「ライブ・エイド」で復活するまでの過程を、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを中心に描いています。

ある意味、とてもオーソドックスな造りになっていて、最後に特別なお涙頂戴エピソードが組み込まれているわけでもありません。30年以上も前に行われたライブの再現シーンを観ているだけで、じわじわと感動が込み上げてくるのが、この映画の特徴でもあります。

クイーンって、どんなバンド?

(C) 2018 Twentieth Century Fox

クイーンは1970年代に、日本で最もメジャーな音楽雑誌「ミュージックライフ」の人気投票で、グループ部門、ヴォーカル部門、ギタリスト部門など、全カテゴリーで1位を独占したこともある人気4人組バンドでした。

この映画のなかでも、デビュー直前に「日本でツアーをしよう」と言う発言が飛び出しますが、早くから日本で人気に火がついたのは事実です。

ある意味、クイーンは、宝塚歌劇団、歌舞伎、今でいうヴィジュアル系バンドのような様式美を体現していたバンドでした。これが、多くの日本人女性ファンを獲得した一因でもあったでしょう。

いっぽう当時は、イエス、ピンク・フロイド、キング・クリムゾンなどに代表される「プログレッシブ・ロック」という、様式美を追求した音楽ジャンルが既にありました。この映画のタイトルにもなっているクイーンの代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」の長さが6分もあるとして、レコード会社の責任者であるレイ・フォスターとメンバーが衝突するシーンがあります。そう言うレイがピンク・フロイドのアルバム「狂気」を担当していた、というくだりはクスっと笑える小ネタでもありました。なぜなら、その「狂気」は6分どころか、レコードの片面すべてをノンストップで聴かせる大組曲になっていたからです。

ただ、クイーンがそういう大物アーティストを抑えてチャンピオンになったひとつの要因としては、アイドル的な要素を持っていたことが大きいでしょう。

この映画でもドラマーのロジャー・テイラー役に、かなり美形な俳優を起用していますが、一体どこで見つけてきたのだろうと思うくらい登場人物がアーティスト本人たちにそっくり。おまけにフレディの父親の顔まで実物と瓜二つなのには驚く限りです。

ラジオ文化の常識に挑戦した「ボヘミアン・ラプソディ」

(C) 2018 Twentieth Century Fox

長さが6分もある「ボヘミアン・ラプソディ」についての激論のポイントは、そんなに長い曲はラジオでかけてもらえない、と言うことでした。

この曲は、ピアノをフィーチャーしたバラードのあとのギターソロが終わると、突然オペラ調の展開をみせる独特な構成になっています。

この時代は、音楽ファンに新曲をアピールする重要なメディアと言えば、圧倒的にラジオでした。

テレビはリビングに1台だけあって、家族で見るものでした。

中高生にとってのラジオは、今のスマホのような存在です。

皆が寝静まった深夜に、ラジオから流れてくる音楽やパーソナリティのおしゃべりを、今で言うツイッターやインスタのタイムラインにアップされる投稿を追うように楽しんでいたのです。

日本でもこの曲がラジオでかかったときは、後半のオペラ部分が始まる前くらいにフェードアウトして、交通情報やCMに切り替わってしまうことが多かったのは事実です。

それでもクイーンは「ラジオでかかる曲は3分まで」「こんなオペラ調の曲は理解されない」という、極めて常識的な考えを跳ね返していった先駆者であったことを、この映画を通じて再認識することができます。

いっぽう「ライブ・エイド」のシーンでは、「レディオ・ガ・ガ」という徐々に斜陽産業になりつつあったラジオに対するクイーンのオマージュを込めた楽曲を演奏しているのも、面白いところです。

楽曲の完成品をイメージする、卓越した構想力

中盤の見どころとして、タイトル曲「ボヘミアン・ラプソディ」のレコーディング風景があります。

この映画の音楽総指揮を、実際にクイーンのメンバーだったブライアン・メイとロジャー・テイラーが担当しているので、かなり実際に近い再現映像でしょう。

24チャンネルのアナログ式テープレコーダーがちらっと映ります。

この楽曲の場合、バックコーラスだけでもかなりの多重録音を必要としており、24ではとても足りないくらい多くの音が収録されています。

当時のレコーディングでは、チャンネルが足りなくならないように、すでに録音した複数の音をまとめて空きチャンネルを作るなどの工夫が必要でした。

ただ、たとえば4つの音を1つにまとめてしまったらバラバラに戻して再度バランスを取り直すことができません。最終的に出来上がる作品をしっかりイメージする構想力が必要ですし、なおかつ、このテイクは捨てよう・生かそう、という判断をしながらの作業の連続だったと想像されます。

今は、ほぼすべての音楽がデジタル・レコーディングによって制作されます。音声は単なるファイルでしかありません。そのため、コピペしたり、NGテイクですら念のためキープしておくことができます。

とりあえず音をたくさん録っておいて、結論をいくらでも先送りすることができます。これがある意味、制作現場における新たな弊害を生んでいます。

ちゃんとした完成品のイメージもないなかで、やみくもに録音作業が進んでしまって、いつまでもまとまらないということがあるからです。

みなさんも、パソコンで資料づくりをするときにゴールイメージを明確にせずに、とりあえず1ページ目から作り始めてしまった経験があるかと思います。

ただ、最終的に出来上がるものをしっかりイメージしていないと、いつまでたっても完成品ができません。これは、デジタル時代に生まれた新たな悩みでもあります。

映画のなかでは他にも、打楽器と歌だけで始まる「ウイ・ウィル・ロック・ユー」が、ライブの観客がみんなで足を踏み鳴らしてリズムを取る光景を想像して制作されたエピソードも紹介されています。この場面でも、ゴールイメージを明確に描いて創作をしていたアーティストであることがわかります。

このように、メンバーがインスピレーションをぶつけあってモノを作って行く真剣勝負を垣間見ることで、クイーン未体験だった人でも、映画が終わるころにはもうすっかりファンになってしまっているのではないでしょうか。

さまざまな愛の形、別離、再会、そして「ライブ・エイド」のステージへ

(C) 2018 Twentieth Century Fox

映画では、クイーンのメンバーだけでなく、恋人や家族など、フレディを取り巻く人間関係の歴史が綴られています。

まず、彼が生涯の伴侶として選んだメアリーという女性との出会い、別離、そして再会。

同性愛者でもあったフレディが、一目惚れしたジム・ハットンという男性を追い求めてロンドン中を探しまわるエピソード。

学生時代のフレディの奇行を快く思っていなかった父親との確執、そして和解。

さらに、クイーンがスターになってからのメンバー同士のエゴのぶつかり合いや、フレディがソロ活動をすることを宣言して他のメンバーと決裂するシーンなど、売れたバンドの宿命とも言える過程が生々しく描かれています。

ソロ活動を始めたフレディは、周囲の人間がイエスマンばかりであることに張り合いを感じなくなります。そして自分の居場所は、たとえ衝突があっても言いたいことを言ってくる「家族」のいる、自分のバンドだったということに気づき、メンバーに和解を願い出るのです。

このように、多くの人々に囲まれながらも深い孤独感をも味わってきた愛と絆の変遷を経て「ライブ・エイド」のステージに臨むフレディの後ろ姿は、とても愛おしく見えます。

そのあとの圧巻の演奏シーンは、まさに涙腺崩壊の連続です。

4人のメンバーの結束も強固になり、怖いものはありません。

まさに伝説のチャンピオンが2018年に再び降り立ち、新たな伝説となった21分間でした。

一度だけでは飽き足らず、何度も映画館に足を運びたくなる作品であることは間違いありません。

 

タイトル:『ボヘミアン・ラプソディ』
2018年11月9日(金)より全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox

(C) 2018 Twentieth Century Fox

記者:山田勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

私は、クイーンがスターダムを駆け上がってきたころは中学生でした。実はミュージックライフの人気投票でクイーンが圧倒的1位になっているのを見て、逆にクイーンがキライになったほうです。みんなが「好き」というものを「好き」と言うのはカッコ悪いと思ったのですね。それでミュージックライフを買うのをやめて、もっと意識高い系の「ロッキング・オン」という雑誌に乗り換えました。しかし「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、クイーンの偉大さを再認識しました。

(C) 2018 Twentieth Century Fox

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」
独自記事 【 2018/3/29 】 Art & Culture
2018年1月30日から、神木隆之介さんが出演するauの新CMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」がスタートしました。何事にも意識の高い高校生「高杉くん」が、同級生の「松本さん」にauの様々なサービスやプランを紹介していく同シリーズ。最新CM「購買部」篇の最後のセリフが気になった『ethica(エシカ)』読者も多いのではな...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
独自記事 【 2018/12/14 】 Art & Culture
1970年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな反響を呼んでいます。 このバンドの全盛時代に中高生だったファンのみならず、クイーンをリアルタイム体験していない世代の人たちからも「泣けた」「また観たい」という賞賛の声が上...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
表参道ヒルズにフォトジェニックスポット登場! おいしいコーヒーが飲みたくなるアートは必見 【imperfect 表参道】あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。
独自記事 【 2019/5/10 】 Food
2019年初夏、表参道ヒルズ同潤館1階にウェルフード マーケット&カフェ【imperfect 表参道】がオープンします。ここで味わえるのは、世界中の農家の方々が生産したナッツ、スパイス、カカオ、コーヒーといった原材料にひと手間を加え、おいしさを追求したこだわりフードの数々。味付きナッツがゴロゴロ入ったチョコレート、アー...

次の記事

食で世の中をエシカルに!「香りを食べるアイスクリーム」。魅惑のレシピは若手トップシェフの田村浩二氏 田村シェフに、FRAGLACEのアイスをはじめ、料理へのこだわりや思いをお聞きしました。
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます