「楽器を持てば、ヒーローになる。」差別や偏見に音楽で立ち向かったコロンビアの子どもたち 〜ヤマハの嘉根林太郎さんに伺いました〜
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「楽器を持てば、ヒーローになる。」差別や偏見に音楽で立ち向かったコロンビアの子どもたち 〜ヤマハの嘉根林太郎さんに伺いました〜

プログラムに参加した子どもたち(一部)。自らの力で逆境に挑戦し乗り越えたヒーロー。

世界には、格差、貧困、差別、偏見といった「見えない壁」が存在し、子どもたちの未来を狭めてしまっている現実があります。 こうした「見えない壁」に立ち向かう子どもたちが主役となるのが『I’m a HERO Program』です。音楽に関わることを自ら選択した子どもたちが、憧れの舞台での演奏という大きなチャレンジを通じて、自らの力で逆境に挑戦し乗り越えていく象徴「ヒーロー」として、今年修好111周年を迎えたコロンビアを舞台に展開されました。

コロンビアの26名の子どもたちが憧れの舞台へ

コロンビア・メデジン市のスラム地域で暮らす26名の子どもたちが努力を重ね、サッカースタジアムという憧れの舞台に立ち、見事にコロンビア国歌の演奏を成功させた、今回の「I’m a HERO Program」。

プログラムを主催したのは楽器メーカーのヤマハ。幅広い選択肢を持つことが難しい環境で暮らす子どもたちに、音楽への憧れを創出し、音楽が一つの選択肢になることを提示したいという想いからプログラムはスタートしました。

プログラムではまず、楽器未経験やリコーダーしか演奏経験がない子どもたちに、ヤマハの管楽器「Venova™」(ヴェノーヴァ)が手渡されるところからプログラムは始まりました。「Venova™」は、リコーダーのような指使いで演奏できる親しみやすさを持つ一方で、本格的な吹奏感を持つリード楽器であり、憧れの舞台での演奏に向けて子どもたちは、この手にしたことのない新しい楽器の演奏技術の習得と、コロンビア国歌の練習に熱心に取り組みました。

コロンビア メデジン市:プログラムに参加する子供たちが暮らすエリアの一部。

それぞれの指導者のもと、演奏修得に約6ヶ月間かけて取り組みました。

約半年に渡った練習は、スラム街で暮らす彼らにとって容易なものではなく、毎日の練習やリハーサルのために市内へ移動することさえ物理的な障壁や苦労が伴いました。しかし、子どもたちとその家族が互いを優しく、時には厳しさをもって支え合い続け、彼らはヒーローとなる舞台へ上がりました。

その舞台となったのは、2018年9 月30 日のコロンビア国内一部リーグの一節。スタジアムのスクリーンに彼らの歩みを紹介するフィルムが映し出されたあと、26 名のヒーローの名前が一人ずつアナウンスされ、子どもたちはサッカークラブ「アトレティコ・ナシオナル」の選手とともにフィールドへと入場し、大観衆の前へ歩を進めました。

どの子も、大きな舞台を成し遂げた誇らしげな瞳が印象的でした。

大観衆や憧れのサッカー選手が見守るなか、見事な演奏を披露しました。

同国でサッカーは極めて高い人気を誇ります。特に「アトレティコ・ナシオナル」は、過去に16 度の国内リーグ優勝経験を持つメデジン市を本拠地とする強豪サッカークラブで、子どもたちにとって選手は憧れの存在です。

演奏を終えた彼らは誇らしく前を見据えていました。子どもたちの努力が「見えない壁」を超え、彼らが「ヒーロー」の象徴になった瞬間となりました。

2018年11月には、子どもたちの軌跡を描いたドキュンタリーフィルムがプログラムを主催したヤマハから公開されています。本編は55分にも及ぶ大作となっており、子どもたち音楽に向き合うことで、自身の中に確かな変化を見出していく様子が描かれています。

◾️ドキュメンタリームービー(55分2秒)

ヤマハの主担当・嘉根林太郎さんにお聞きしました

大成功で終えた今回のプログラム。その主担当をつとめられたヤマハ(株)のブランド戦略本部の嘉根林太郎(かねりんたろう)さんにお話をうかがいました。

嘉根さん(中央)とプログラムに参加した子どもたち

エシカ: 今回、コロンビアのメデジン市での開催を決めた理由とは?

ヤマハ 嘉根さん 大きく3点あります。

1点目は、世界的に認知されている社会課題(貧困や治安の問題等)が存在している場である一方で、街自身が力強く前進し、課題解決を進めている場であり、プログラムを通じてお力添えができると考えました。

2点目は、ベネズエラのエル・システマのような、無償で子どもたちに楽器演奏の機会を提供する組織がコロンビアにも同様に存在することです。そして、ヤマハの現地の販売代理店が、「ToKANDO」と呼ばれる独自の音楽教育カリキュラムを積極的に実施していることも大きな要因でした。「楽器を持つ子は銃も持たない」という会長の理念のもとでこのカリキュラムは実施されており、「I’m a HERO Program」を実施する上で、現地の人たちが賛同し参加してもらえる土壌が整っていたと考えています。

3点目は、そのような状況下にあって“音楽の力”を通じてヤマハが貢献できると考えたからです。極端に言ってしまえば、サッカー選手になるか非行に走るかと言われる子どもたちに対して、“音楽も一つの選択肢”であることを提示出来ると考えました。努力を通じて何かを達成する体験を構築することで、彼ら自体が、友達、周りの人、コロンビアの子どもたちにそれを伝えるヒーローとなりました。選択肢として音楽を提示するのみならず、子どもたちが音楽をやりたい!と思った時に、2点目にあげたようなカリキュラムがきちんとその受け皿として存在していることも大きな理由です。

エシカ: 今回の26名の子どもたちは、すぐに集いましたか?また途中で離脱せざるをえない子もいたのでしょうか?

ヤマハ 嘉根さん 販売代理店が実施する音楽教育カリキュラムに参加する子どもたちのほか、スラム地域で暮らす子どもたちやそのご家族に参加を呼びかけました。その結果、皆、「音楽をやりたい!」と自ら選択して参加してくれました。ですから、集めることに大きな苦労ありませんでしたが、途中で離脱をしてしまいそうな親子はいらっしゃいました。というのも、約半年に渡った練習は、スラム街で暮らす彼らにとって容易なものではなく、物理的な障壁や大きな苦労が伴います。ですが最後は、仲間や家族の支えもあり、無事完遂することが出来ました。あるお母様の言葉が印象的だったのですが、「ここでやめさせてしまうは簡単。ただ、ここでやめてしまったらそのような“やめる”前例を作ってしまうことになる」と。

エシカ: 9月の大舞台を終えて、参加者の彼らは今どう過ごしていますか?

ヤマハ 嘉根さん 今も継続的に音楽カリキュラム内でレッスンを受けているとの報告を受けています。嬉しい限りです。

嘉根さん(後列左端)と参加者の子どもたち、プログラムを支援した現地関係者

エシカ: 今回のプログラムを終えて、率直なご感想は?

ヤマハ 嘉根さん この度ご協力していただいた、サッカークラブのアトレティコ・ナシオナル及び、現地サッカー協会、現地日本大使館、メデジン市長、販売代理店と制作スタッフ、そして何より子どもたちとそのご家族の努力に感謝しかありません。本番終了後、子どもたち、家族、スタッフと共に、抱擁を交わしながら、子どもたちの成功を讃えた場面は一生忘れられません。Gracias, Japon, Gracias Yamaha(ありがとう日本、ありがとうヤマハ)とユニフォームの寄せ書きには記されていました!

ヒーローとなった子どもたちの今後の人生に、どのように本プログラムが作用するかは未だわかりませんが、音楽は確実に、人の考え方、視野をポジティブに導く力が有るのだと改めて考えさせられました。

一人でも多くのコロンビアの子どもたち、人々が、このプログラムを現地、画面、紙面、及びドキュメンタリー・ビデオ等を通じて、音楽を選択肢の一つとして考えてくれること、またグローバルにて音楽を通じて社会課題に立ち向かおうと言っていただける仲間が出てきていただければと考えております。

エシカ: ありがとうございました。音楽の力を活かしたプログラムや、あらたな挑戦など、また教えてください!

みんなで演奏した新しい管楽器、ヤマハの「Venova

「Venova™」は、環境にかかわらず、より多くの人に音楽を楽しんでもらいたいという想いから開発された新しい管楽器。サクソフォンは多くの部品と複雑な構造から成りますが、「Venova」は円筒管を分岐させた「分岐管」構造や管の長さを縮める蛇行形状によって、コンパクトかつ最小限のキイを使用したシンプルな構造でサクソフォンに近い音色を奏でられるようになっています。軽量で壊れにくく水洗いもできるABS 樹脂製で、どこにでも気軽に持って行くことができます。リコーダーのような指使いで演奏できる一方で、本格的な吹奏感を持ったリード楽器です。

壊れにくくメンテナンスもしやすい新しい管楽器「Venova™」。

今もコロンビアのあちこちから美しい旋律が聞こえてきそうです。

◾️トレーラー(2分33秒)

参加者や関係者のコメントの一部をご紹介

プログラムに参加した13 歳の少年(愛称パッチョ)のコメント

「プログラムに参加したことで自分がいかに悪いところにいたか分かった。それからは悪いところには行かずに家でVenovaを練習するようにした。聴く音楽も自分で選べるようになった。悪いことを歌わずにメッセージを伝えている音楽が好きだ。ヒーローといえばフィクションのようなスーパーマンを想像するかもしれないけど、人のために戦ったり何かしたりする人だと思う」

パッチョの母親のコメント

「これまでパッチョは悪い子でした。今回のプログラムを始めたことで音楽に集中するようになり、音楽はパッチョに変化をもたらしてくれました。母親の手伝いだけでなく近所の人たちの手助けもする協力的な子どもになりました。音楽は何かを変えるチャンスや機会になるものだと思います」

駐コロンビア日本国特命全権大使 森下敬一郎氏のコメント

「コロンビア国歌を演奏する子どもたちの姿に感銘を受けました。彼らは特別な力を持った人ではありません。しかし、他人のために何かができる彼らはまさしくヒーローです。彼らがこの経験を通じて新たな挑戦へと立ち向かい、将来自分の夢を追い続けていってくれることを期待しています。また、コロンビアと日本の修好110 周年を迎える佳節の年に、このような素晴らしいイベントの準備に尽力されたすべての関係者の方々に感謝の意を表します」

コロンビア メデジン市 市長フェデリコ グティエレス ズワアガのコメント

「プロジェクトに参加した子どもたちはまさに街の象徴です。彼らの大志はもっと多くの人の役に立っていくでしょう。そしてこの機会をつくってくれた関係者の人々もヒーローです。とても感謝しています。メデジンで最も価値があるものは、山々や花などの景色だけでなく、人やその才能です。人々は常に前進をしています。この街にはもう希望があります。まだ貧困もたくさんありますが、いつも将来は良くなるという希望があるのです。彼らがそのシンボルとなり影響を広げていってくれることを願います」

ヤマハ株式会社 ブランド戦略本部 マーケティング戦略部 主事 嘉根林太郎

2011年入社後、営業を経て、アコースティックピアノのマーケティングや「Revstar」のブランディングを担当。2017年より楽器製品群に加えてヤマハブランドキャンペーンも手がける。最近の仕事に、コロンビアで今年9月に実施した「I’m a Heroプログラム」など。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

貧困や格差、非行などに立つ向かう手段としては、よくスポーツが取り上げられますが、音楽の力も素晴らしいものだとあらためて感じました。演奏をやりとげた後の子どもたちの輝く笑顔は、まさにヒーロー登場といったところ。なお、ヤマハでは「すべての人がヒーローになる力を持っています」と呼びかけています。気になる人は、こちらもチェックしてみてください(https://live.yamaha.com/im_a_hero/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」
独自記事 【 2018/3/29 】 Art & Culture
2018年1月30日から、神木隆之介さんが出演するauの新CMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」がスタートしました。何事にも意識の高い高校生「高杉くん」が、同級生の「松本さん」にauの様々なサービスやプランを紹介していく同シリーズ。最新CM「購買部」篇の最後のセリフが気になった『ethica(エシカ)』読者も多いのではな...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
独自記事 【 2018/12/14 】 Art & Culture
1970年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな反響を呼んでいます。 このバンドの全盛時代に中高生だったファンのみならず、クイーンをリアルタイム体験していない世代の人たちからも「泣けた」「また観たい」という賞賛の声が上...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
表参道ヒルズにフォトジェニックスポット登場! おいしいコーヒーが飲みたくなるアートは必見 【imperfect 表参道】あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。
独自記事 【 2019/5/10 】 Food
2019年初夏、表参道ヒルズ同潤館1階にウェルフード マーケット&カフェ【imperfect 表参道】がオープンします。ここで味わえるのは、世界中の農家の方々が生産したナッツ、スパイス、カカオ、コーヒーといった原材料にひと手間を加え、おいしさを追求したこだわりフードの数々。味付きナッツがゴロゴロ入ったチョコレート、アー...

次の記事

他県の魅力も学び、助け合っていきたい(行天優莉奈) 『中国・四国9県連携プロモーション記念発表会』開催。西日本豪雨からの復旧に向け、“ベストナイン”を組んで観光需要を喚起
長く愛せる上質 白木夏子さんディレクションのセレクトショップ『PIMLICO No.72』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます