「楽器を持てば、ヒーローになる。」差別や偏見に音楽で立ち向かったコロンビアの子どもたち 〜ヤマハの嘉根林太郎さんに伺いました〜
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「楽器を持てば、ヒーローになる。」差別や偏見に音楽で立ち向かったコロンビアの子どもたち 〜ヤマハの嘉根林太郎さんに伺いました〜

プログラムに参加した子どもたち(一部)。自らの力で逆境に挑戦し乗り越えたヒーロー。

世界には、格差、貧困、差別、偏見といった「見えない壁」が存在し、子どもたちの未来を狭めてしまっている現実があります。 こうした「見えない壁」に立ち向かう子どもたちが主役となるのが『I’m a HERO Program』です。音楽に関わることを自ら選択した子どもたちが、憧れの舞台での演奏という大きなチャレンジを通じて、自らの力で逆境に挑戦し乗り越えていく象徴「ヒーロー」として、今年修好111周年を迎えたコロンビアを舞台に展開されました。

コロンビアの26名の子どもたちが憧れの舞台へ

コロンビア・メデジン市のスラム地域で暮らす26名の子どもたちが努力を重ね、サッカースタジアムという憧れの舞台に立ち、見事にコロンビア国歌の演奏を成功させた、今回の「I’m a HERO Program」。

プログラムを主催したのは楽器メーカーのヤマハ。幅広い選択肢を持つことが難しい環境で暮らす子どもたちに、音楽への憧れを創出し、音楽が一つの選択肢になることを提示したいという想いからプログラムはスタートしました。

プログラムではまず、楽器未経験やリコーダーしか演奏経験がない子どもたちに、ヤマハの管楽器「Venova™」(ヴェノーヴァ)が手渡されるところからプログラムは始まりました。「Venova™」は、リコーダーのような指使いで演奏できる親しみやすさを持つ一方で、本格的な吹奏感を持つリード楽器であり、憧れの舞台での演奏に向けて子どもたちは、この手にしたことのない新しい楽器の演奏技術の習得と、コロンビア国歌の練習に熱心に取り組みました。

コロンビア メデジン市:プログラムに参加する子供たちが暮らすエリアの一部。

それぞれの指導者のもと、演奏修得に約6ヶ月間かけて取り組みました。

約半年に渡った練習は、スラム街で暮らす彼らにとって容易なものではなく、毎日の練習やリハーサルのために市内へ移動することさえ物理的な障壁や苦労が伴いました。しかし、子どもたちとその家族が互いを優しく、時には厳しさをもって支え合い続け、彼らはヒーローとなる舞台へ上がりました。

その舞台となったのは、2018年9 月30 日のコロンビア国内一部リーグの一節。スタジアムのスクリーンに彼らの歩みを紹介するフィルムが映し出されたあと、26 名のヒーローの名前が一人ずつアナウンスされ、子どもたちはサッカークラブ「アトレティコ・ナシオナル」の選手とともにフィールドへと入場し、大観衆の前へ歩を進めました。

どの子も、大きな舞台を成し遂げた誇らしげな瞳が印象的でした。

大観衆や憧れのサッカー選手が見守るなか、見事な演奏を披露しました。

同国でサッカーは極めて高い人気を誇ります。特に「アトレティコ・ナシオナル」は、過去に16 度の国内リーグ優勝経験を持つメデジン市を本拠地とする強豪サッカークラブで、子どもたちにとって選手は憧れの存在です。

演奏を終えた彼らは誇らしく前を見据えていました。子どもたちの努力が「見えない壁」を超え、彼らが「ヒーロー」の象徴になった瞬間となりました。

2018年11月には、子どもたちの軌跡を描いたドキュンタリーフィルムがプログラムを主催したヤマハから公開されています。本編は55分にも及ぶ大作となっており、子どもたち音楽に向き合うことで、自身の中に確かな変化を見出していく様子が描かれています。

◾️ドキュメンタリームービー(55分2秒)

ヤマハの主担当・嘉根林太郎さんにお聞きしました

大成功で終えた今回のプログラム。その主担当をつとめられたヤマハ(株)のブランド戦略本部の嘉根林太郎(かねりんたろう)さんにお話をうかがいました。

嘉根さん(中央)とプログラムに参加した子どもたち

エシカ: 今回、コロンビアのメデジン市での開催を決めた理由とは?

ヤマハ 嘉根さん 大きく3点あります。

1点目は、世界的に認知されている社会課題(貧困や治安の問題等)が存在している場である一方で、街自身が力強く前進し、課題解決を進めている場であり、プログラムを通じてお力添えができると考えました。

2点目は、ベネズエラのエル・システマのような、無償で子どもたちに楽器演奏の機会を提供する組織がコロンビアにも同様に存在することです。そして、ヤマハの現地の販売代理店が、「ToKANDO」と呼ばれる独自の音楽教育カリキュラムを積極的に実施していることも大きな要因でした。「楽器を持つ子は銃も持たない」という会長の理念のもとでこのカリキュラムは実施されており、「I’m a HERO Program」を実施する上で、現地の人たちが賛同し参加してもらえる土壌が整っていたと考えています。

3点目は、そのような状況下にあって“音楽の力”を通じてヤマハが貢献できると考えたからです。極端に言ってしまえば、サッカー選手になるか非行に走るかと言われる子どもたちに対して、“音楽も一つの選択肢”であることを提示出来ると考えました。努力を通じて何かを達成する体験を構築することで、彼ら自体が、友達、周りの人、コロンビアの子どもたちにそれを伝えるヒーローとなりました。選択肢として音楽を提示するのみならず、子どもたちが音楽をやりたい!と思った時に、2点目にあげたようなカリキュラムがきちんとその受け皿として存在していることも大きな理由です。

エシカ: 今回の26名の子どもたちは、すぐに集いましたか?また途中で離脱せざるをえない子もいたのでしょうか?

ヤマハ 嘉根さん 販売代理店が実施する音楽教育カリキュラムに参加する子どもたちのほか、スラム地域で暮らす子どもたちやそのご家族に参加を呼びかけました。その結果、皆、「音楽をやりたい!」と自ら選択して参加してくれました。ですから、集めることに大きな苦労ありませんでしたが、途中で離脱をしてしまいそうな親子はいらっしゃいました。というのも、約半年に渡った練習は、スラム街で暮らす彼らにとって容易なものではなく、物理的な障壁や大きな苦労が伴います。ですが最後は、仲間や家族の支えもあり、無事完遂することが出来ました。あるお母様の言葉が印象的だったのですが、「ここでやめさせてしまうは簡単。ただ、ここでやめてしまったらそのような“やめる”前例を作ってしまうことになる」と。

エシカ: 9月の大舞台を終えて、参加者の彼らは今どう過ごしていますか?

ヤマハ 嘉根さん 今も継続的に音楽カリキュラム内でレッスンを受けているとの報告を受けています。嬉しい限りです。

嘉根さん(後列左端)と参加者の子どもたち、プログラムを支援した現地関係者

エシカ: 今回のプログラムを終えて、率直なご感想は?

ヤマハ 嘉根さん この度ご協力していただいた、サッカークラブのアトレティコ・ナシオナル及び、現地サッカー協会、現地日本大使館、メデジン市長、販売代理店と制作スタッフ、そして何より子どもたちとそのご家族の努力に感謝しかありません。本番終了後、子どもたち、家族、スタッフと共に、抱擁を交わしながら、子どもたちの成功を讃えた場面は一生忘れられません。Gracias, Japon, Gracias Yamaha(ありがとう日本、ありがとうヤマハ)とユニフォームの寄せ書きには記されていました!

ヒーローとなった子どもたちの今後の人生に、どのように本プログラムが作用するかは未だわかりませんが、音楽は確実に、人の考え方、視野をポジティブに導く力が有るのだと改めて考えさせられました。

一人でも多くのコロンビアの子どもたち、人々が、このプログラムを現地、画面、紙面、及びドキュメンタリー・ビデオ等を通じて、音楽を選択肢の一つとして考えてくれること、またグローバルにて音楽を通じて社会課題に立ち向かおうと言っていただける仲間が出てきていただければと考えております。

エシカ: ありがとうございました。音楽の力を活かしたプログラムや、あらたな挑戦など、また教えてください!

みんなで演奏した新しい管楽器、ヤマハの「Venova

「Venova™」は、環境にかかわらず、より多くの人に音楽を楽しんでもらいたいという想いから開発された新しい管楽器。サクソフォンは多くの部品と複雑な構造から成りますが、「Venova」は円筒管を分岐させた「分岐管」構造や管の長さを縮める蛇行形状によって、コンパクトかつ最小限のキイを使用したシンプルな構造でサクソフォンに近い音色を奏でられるようになっています。軽量で壊れにくく水洗いもできるABS 樹脂製で、どこにでも気軽に持って行くことができます。リコーダーのような指使いで演奏できる一方で、本格的な吹奏感を持ったリード楽器です。

壊れにくくメンテナンスもしやすい新しい管楽器「Venova™」。

今もコロンビアのあちこちから美しい旋律が聞こえてきそうです。

◾️トレーラー(2分33秒)

参加者や関係者のコメントの一部をご紹介

プログラムに参加した13 歳の少年(愛称パッチョ)のコメント

「プログラムに参加したことで自分がいかに悪いところにいたか分かった。それからは悪いところには行かずに家でVenovaを練習するようにした。聴く音楽も自分で選べるようになった。悪いことを歌わずにメッセージを伝えている音楽が好きだ。ヒーローといえばフィクションのようなスーパーマンを想像するかもしれないけど、人のために戦ったり何かしたりする人だと思う」

パッチョの母親のコメント

「これまでパッチョは悪い子でした。今回のプログラムを始めたことで音楽に集中するようになり、音楽はパッチョに変化をもたらしてくれました。母親の手伝いだけでなく近所の人たちの手助けもする協力的な子どもになりました。音楽は何かを変えるチャンスや機会になるものだと思います」

駐コロンビア日本国特命全権大使 森下敬一郎氏のコメント

「コロンビア国歌を演奏する子どもたちの姿に感銘を受けました。彼らは特別な力を持った人ではありません。しかし、他人のために何かができる彼らはまさしくヒーローです。彼らがこの経験を通じて新たな挑戦へと立ち向かい、将来自分の夢を追い続けていってくれることを期待しています。また、コロンビアと日本の修好110 周年を迎える佳節の年に、このような素晴らしいイベントの準備に尽力されたすべての関係者の方々に感謝の意を表します」

コロンビア メデジン市 市長フェデリコ グティエレス ズワアガのコメント

「プロジェクトに参加した子どもたちはまさに街の象徴です。彼らの大志はもっと多くの人の役に立っていくでしょう。そしてこの機会をつくってくれた関係者の人々もヒーローです。とても感謝しています。メデジンで最も価値があるものは、山々や花などの景色だけでなく、人やその才能です。人々は常に前進をしています。この街にはもう希望があります。まだ貧困もたくさんありますが、いつも将来は良くなるという希望があるのです。彼らがそのシンボルとなり影響を広げていってくれることを願います」

ヤマハ株式会社 ブランド戦略本部 マーケティング戦略部 主事 嘉根林太郎

2011年入社後、営業を経て、アコースティックピアノのマーケティングや「Revstar」のブランディングを担当。2017年より楽器製品群に加えてヤマハブランドキャンペーンも手がける。最近の仕事に、コロンビアで今年9月に実施した「I’m a Heroプログラム」など。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

貧困や格差、非行などに立つ向かう手段としては、よくスポーツが取り上げられますが、音楽の力も素晴らしいものだとあらためて感じました。演奏をやりとげた後の子どもたちの輝く笑顔は、まさにヒーロー登場といったところ。なお、ヤマハでは「すべての人がヒーローになる力を持っています」と呼びかけています。気になる人は、こちらもチェックしてみてください(https://live.yamaha.com/im_a_hero/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...

次の記事

他県の魅力も学び、助け合っていきたい(行天優莉奈) 『中国・四国9県連携プロモーション記念発表会』開催。西日本豪雨からの復旧に向け、“ベストナイン”を組んで観光需要を喚起
長く愛せる上質 白木夏子さんディレクションのセレクトショップ『PIMLICO No.72』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます