どこまでがここで、どこからがそこなのか? エシカリスタ Vol.32 写真家 内山香織さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

こんにちは、内山香織です。
どうぞよろしくお願いいたします。

私は、自然と人や生き物とのかかわりをテーマに写真を撮影しています。
何を感じているか、何に心が動いたか、五感や気持ちを軸に、被写体の纏う空気感、距離感を意識して、撮影対象によってはドローンなどの機材を選択しています。

自分の生かされている環境を知ることができるのも貴重な側面です。

岩や木、生き物、自然物の在り方を、感じたままに率直に受け取り、自然物の在り方に視点を置いたネイチャーポートレートというプロジェクトもライフワークにしています。

時々、撮影をしている時に、こんな風に思うことがあります。

ーどこまでがここで、どこからがそこなのか?ー

カメラを通して世界を見てみると、木も生き物も人々も全てがそれぞれの存在感を持っていて、自分なりの目線で見ていると、自分と世界との間にある漠然と感じている境界が繋がった気がしたりもします。

心の中に引く境界線も含め、どこで線を引くのかな?
境界線は存在するのかな?そんなことを考えたり。

今回、そういった思いをテーマに「Seamlessly 境界のない境界線」と題し、横浜市内各所で催される写真と映像の祭典「PHOTO YOKOHAMA2019」のパートナーイベントとして、2月1日(金)から2月10日(日)まで、横浜gallery fu様にて個展を開催させていただきます。

本展覧会では、フランス、イギリス、日本、そして北大西洋の18の島々からなるフェロー諸島、そのさらに北西のアイスランドで撮影した作品を8つのテーマに展示、「境界」あるいは「境界線」について考察します。

8つのテーマの内、「そこ、ここ」では、「そこ」「ここ」から、皆様が感じた距離感に、 それぞれの心の中に描かれた感覚や感情を共有しあうような参加型展示をしています。

展覧会によせて

真っ白な霧が晴れた瞬間、その向こうの入江の村に光が差し込んでいました。村々を辿る岩を覆う緑の合間の道を見つめるファインダーには雨粒。私も目の前の世界の一つなのだと感じ、どこまでがここで、どこからがそこなのか、境は在るのだろうか?と曖昧になりました。
自然と人々など同時に存在するその世界の間は無限の階調を擁していて、自分はどこに立っているのだろうか?と感じます。そういった感覚や感情を写真作品のインスタレーション展示や、写真撮影を体験するワークショップを通して共有し、それぞれの持つ自由な視点に出会うような展覧会を目指しています。

Workshop|心象風景を撮る

心の中に描かれた風景と現実との境目をさぐり、感覚や感情、体験を、カメラの機能や構図を写真に表現するワークショップも開催しています。

詳細はこちら(https://kaoriuchiyama.com/seamlessly

お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ

内山香織 Kaori Uchiyama

自然と人や生き物のかかわりをテーマに撮影。作品は、国際写真賞「International Photography Awards 2018, 2017, 2016」、モスクワ国際写真賞「Moscow International Foto Awards 2018」「International Photography Awards One-Shot Climate Change」「International Photography Awards One-Shot Harmony」自然、ファインアート、トラベル、空撮、地球カテゴリー等入選。「LensCulture Exposure Awards 2016」エディターズギャラリー選出。CP+ 2018 DJIブース登壇。写真撮影をとおして、自然の色や形の面白さや、そこから得るハッとする気持ちや想像力を実感するワークショップ開催。

ホームページ:https://kaoriuchiyama.com
Instagram:https://www.instagram.com/kaoriphotography/
Facebook:https://www.facebook.com/kaoriuchiyamaphotography/

参考URL

gallery fu(https://galleryfu.com/information/2045
PHOTO YOKOHAMA (http://photoyokohama.com/event/entry-256/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
独自記事 【 2018/12/14 】 Art & Culture
1970年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな反響を呼んでいます。 このバンドの全盛時代に中高生だったファンのみならず、クイーンをリアルタイム体験していない世代の人たちからも「泣けた」「また観たい」という賞賛の声が上...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...

次の記事

長く愛せる上質 白木夏子さんディレクションのセレクトショップ『PIMLICO No.72』
オムロンの企業理念実践 Our Mission & Our Value 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『オムロン編』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます