東北人の魂を歌い続ける、天性のエンタテイナー 【白崎映美さんインタビュー】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
東北人の魂を歌い続ける、天性のエンタテイナー 【白崎映美さんインタビュー】

白崎映美&白ばらボーイズ、中央が白崎映美

先日、宇多田ヒカルさんの「歌姫ってなんなん」というツイートがちょっとした話題になりましたが、今回ご紹介するアーティストは、まさに日本を代表する歌姫、白崎映美さんです。

 この2019年3月は、彼女がリードシンガーを務める2つのバンド、「白崎映美&白ばらボーイズ」と「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」の両方の公演が行われるというめずらしい月。

 そんな白崎さんの近況をお聞きするとともに、誰もがその迫力のライブアクトに釘付けになってしまう、天性のエンタテイナーとしての人となりをクローズアップします。

白崎映美って、どんな人?

彼女は、1990年にエピックソニー(現・EPIC Records Japan)から、伝説の音楽集団・上々颱風(シャンシャンタイフーン)のシンガーとしてメジャーデビューしました。「愛より青い海」「いつでも誰かが」などのヒットを飛ばしながら、全国の神社やお祭り広場などユニークな会場でのライブを繰り広げていました。

2013年に同バンドの活動休止が発表されましたが、その後も白崎さんは精力的に歌い続けています。そのライブは必見。会場の最後尾にいる観客をも、ひとり残らず楽しませることのできる芸才には改めて驚かされます。

白崎映美&東北6県ろ~るショー!! のライブ

白崎映美&白ばらボーイズとは

「白ばらボーイズ」は、白崎さんの故郷である山形県酒田市にあったグランドキャバレー「白ばら」でナイトショーを演じるために結成されたバンドです。キャバレーと言うと、現在のキャバクラの古い形態じゃないの、と思うかも知れませんが、映画の舞台にもなったパリの「ムーラン・ルージュ」がそうであるように、本来は、音楽、ダンス、演芸パフォーマンスを取り混ぜたショーを観せる場でもありました。「白ばらボーイズ」は、白崎映美さんの歌ばかりでなく、才能あふれるバンドメンバーたちの演芸やパフォーマンスをも楽しむことができる、まさにキャバレー・エンタテインメントを体感できる稀少な集団です。

今回のライブは3月9日に、そのグランドキャバレーを引き継いだナイトスポット「白ばら」で行われます。バンド発祥の地でショーを堪能できるというのですから、遠方からでも出向いてみる価値があるのではないでしょうか。そして、はるばる来てくださったお客様のために、酒田のあちこちを巡るオプショナルツアーも用意されているなど、至れり尽くせりです。

白崎映美&白ばらボーイズのライブ

白崎映美&東北6県ろ~るショー!!とは

いっぽう「東北6県ろ~るショー!!」は、2011年の東日本大震災に心を痛めていた東北出身である白崎さんが、東北を盛り上げ、東北人の不屈の魂を世に伝えようという気持ちが高まって結成したバンドからスタートしたものでした。根底にそのような東北応援団のコンセプトを持ちながらも、軸足は極上のエンタテインメント。歌あり踊りあり、爆笑トークありのエネルギッシュなステージで、腹の底から楽しませてくれます。

今回は、3月15日に東京都の下北沢にある北沢タウンホールにて、白崎さんがこのバンドを結成するに至った、東北人の魂を描いた小説「イサの氾濫」の著者ある木村友祐さんのトークとのコラボイベントという形で行われます。

白崎映美&東北6県ろ~るショー!!

白崎映美さんインタビュー

さて、そんなふたつのステージを控えた、白崎映美さんにお話をお聞きしてみました。

エシカ: 「白ばらボーイズ」結成のきっかけとなった酒田市のグランドキャバレー「白ばら」は、地元の白崎さんから見て、どんな存在だったんですか?

白崎映美: 酒田の人はみんな名前だけは知っていまして、でも私は、グランドキャバレーですし、行った事はなかったのです。女性は行った事ない人が多いと思います。

6年位前連れて行ってもらい、目ん玉飛び出しました。

も〜、うっとり!ゴージャスムーディーロマンチック!

上々颱風では、わざわざそういう所を探してライブしてましたから、自分の地元にこんないいとこあったのかと。でも、最盛期は90名いたホステスさんは5名、お客様も5名、という感じで、どうしてもここを盛り上げたい!と興奮しまして、地元のみんなでクラウドファンディングで雨漏りを直したり、トイレを綺麗に直したり、お掃除隊を編成したり、私はショーで盛り上げたい、と白ばらボーイズを結成し、白ばらキャバレーナイトショーを開催して、みなさんに白ばらを見て感じてもらいたい!と活動しています。

エシカ: 「白ばらボーイズ」は、楽器を演奏していたミュージシャンが突然手品をやってくれたり、芸達者な人が多いのに驚きますね。

白崎映美: はい!上々颱風時代付き合いのあったオンシアター自由劇場(串田和美さん主宰、吉田日出子さん在籍の劇団)の役者さん達に声をかけました。彼等だったら演奏もできるし、キャバレーの幕間に、コントやジャグリングもできる!正しくぴったりだと。そして、手練れのミュージシャンにもお願いし、白ばらボーイズが生まれました。

エシカ: 白崎さんは、東北6県ろ~るショー!!の代表曲「まづろわぬ民」の歌詞にもあるように、シャイで、気持ちが優しくて、でも不屈の精神を内に秘めた、東北人の血を引いていますよね。まさにそのとおりで、自分の出身地である東北地方で震災があって、そのあと自分の所属している上々颱風が活動休止して、でも、諦めずに活動を続けてきた結果、今やバンドが2つもあります。その諦めない生き様には敬服しますが、ここ数年を振り返って何か思うところはありますか?

 白崎映美: ありがとうございます。

東北人は粘り強く、諦めが悪いのです。なんせ「おしん」のふるさとですから(笑)。

東日本大震災でお家を流された父ちゃんが、マスコミに「大丈夫です」と泣きながら答えてました。

私と同じ東北弁で。

大丈夫でなくとも大丈夫だと言ってしまう東北人。私はテレビの前で泣けてきました。

東日本大震災、白ばら…と経験して、いてもたってもいられなくなり、今に至ります。

みんなが、喜んでくれたらいいなあと。

エシカ: いっぽう、ライブのときは必ず観客席に乱入してお客さんとアドリブを混じえた会話をしますよね。そういうときの、機転の効いたトークが沸き上がってくるエンタテイナー魂は、どこで醸成されたものなんでしょうか?

白崎映美: 上々颱風はありとあらゆる場所、老若男女の前でライブをしてきました。鍛えられました。

ある時、ドラムの渡野辺マントが、「映美、酒田弁でMCやれよ」て言ったのです。その頃は自分の田舎が恥ずかしかった私は、いやいややってみたら急にお客様との距離が縮まったのです。

「こんにちは、みなさまお元気ですか?」

「こんにぢは〜、父ちゃん、元気だが〜?」

随分違うでしょ?

オラうれしぐなりました。

エシカ: 上々颱風がメジャーデビューした90年代は、CDが何百万枚も売れることに音楽業界が価値を求めていたような時代で、ライブから叩き上げてきた上々颱風にとっては多少窮屈じゃなかったかと思うのですが、いかがですか?

白崎映美: はい、私達はライブやコンサートをやらなさそうな所で演るのが、主義というか、良さでもありました。音楽で売れるレール、例えばライブハウス→ホール→武道館→東京ドーム、みたいなのって、面白くないよねって考えでした。

障害のある人達のところへ出かけて行ったり、神社やお寺、魚市場、東京大学駒場寮のお風呂場、西成三角公園、挙げればキリがありませんが、上々颱風の醍醐味はそこにありました。そこで私はたくさんのことを学ばせてもらった。音楽業界に身を置いている感覚がなかったです。

みんな、父ちゃんも母ちゃんもじっちゃんばっちゃんみんな来い〜という感覚は上々颱風にいたからこそ身についたものです。

エシカ: 今はライブがアーティストの価値を決めるとても大事な要素になってきました。まさに白崎さんは水を得た魚のように見えますね。

白崎映美: 時代がどんなにデジタルになってもライブ、人間が歌うということはこれからも変わらず、私はなおさら原始人みたいに歌っていきたいなあと、思います。

エシカ: そうですね。今はアーティストのライブによっては、演奏も照明も、場合によっては歌までもがコンピュータから流れていて、決め事どおりに動いてますよね。それはそれでデジタルでしかできない楽しさがあるんですが、白崎さんのライブは、それとは真逆で、こうでなければいけない、普通こんなことやらない、みたいな縛りがなくて、あまりにも発想が自由で、心の解放みたいのを与えてくれるような気がします。

白崎映美: うれしいです。すんごぐうれしいなあ。ありがどございます。人間が猿みたいだった頃、美味しい実をみつけたら、うれしい声を出しただろう、仲間と。仲間が冷たくなって動かなくなってしまったら、悲しい声を出しただろう、それは仲間に伝わってみんなで声を出しただろう。

そんな風に歌いたいと思いました。みんなと一緒にいたいのです。笑ったり、歌ったり踊ったり。

エシカ: 最後にお伺いします。白崎映美さんにとっての「私によくて、世界にイイ。」は、何でしょうか?

白崎映美: はい。正しく「ライブ」であります。

みんなが笑えば、私もうれしい、みんながうれしいとうれしいが、広がって世界がうれしいになるように歌っていきたいなあ。

エシカ: まさにそうですね。白崎さんの歌う姿を見ながら、ふと横を見ると客席のみなさんが笑顔になっているのを見ると、うれしくなります。ライブとは、そのようなものですよね。今回は、ありがとうございました。今後の活動を楽しみにしています。

取材を終えて

白崎さんの東北弁丸出しのトークを混じえたライブを拝見すると、石川啄木の「ふるさとの訛なつかし…」という短歌を思い出します。これからも、東北人の誇り、日本人の魂みたいなものを、世界の人に向けて発信していってほしいと思います。

白崎映美

山形県酒田市出身。1990年、上々颱風でエピックソニーよりデビュー。JAL沖縄キャンペーンCM、スタジオジブリ「平成狸合戦ぽんぽこ」映画音楽、シンディ・ローパーのアルバム及びライブ参加、海外ツアー等、多岐に渡る活動で支持を集める。2013年の上々颱風休止後、東日本大震災を経て、“東北さいい事来―い!”と、「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」を結成し、精力的に活動中。

’16年フォトエッセイ『鬼うたひ』(亜紀書房刊)発表。 舞台にも出演し、主演舞台『まつろわぬ民』は好評につき、’17年に続き、2018年も再演が決まる等、音楽にとどまらず、TV、映画出演、執筆など 活動の場を広げている。酒田観光大使。モッシェ山形代表理事。2017年酒田市よりふるさと栄誉賞受賞。

ライブ詳細は、白崎映美公式サイト(http://emishirasaki.com/)をご覧ください

記者:山田 勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

筆者は、ソニーミュージックの採用面接で「好きなアーティストは?」と聞かれ、即座にふたつ返事で「上々颱風です」と答えたくらいの大ファンでした。それがきっかけで、上々颱風が所属するエピックの制作部門に配属され、白崎さんとお仕事をご一緒させていただくことができたのです。本来は、アーティストのファンを担当につけてはいけない、という原則みたいなものがあって、異例の人事だったようです。ただ、あまりにも情熱的に上々颱風の魅力について語り、どうすればもっと売れるかを生意気にも主張し続けたので「面白いヤツがいるけど、どぉ?」と紹介してもらえたのかも知れません。そんな私が、何十年かぶりに、このように白崎さんをベタ褒めする機会に恵まれましたことも、また何かの縁だとも思います。

白崎映美&白ばらボーイズ

白崎映美&東北6県ろ~るショー!!

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」
独自記事 【 2018/3/29 】 Art & Culture
2018年1月30日から、神木隆之介さんが出演するauの新CMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」がスタートしました。何事にも意識の高い高校生「高杉くん」が、同級生の「松本さん」にauの様々なサービスやプランを紹介していく同シリーズ。最新CM「購買部」篇の最後のセリフが気になった『ethica(エシカ)』読者も多いのではな...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
独自記事 【 2018/12/14 】 Art & Culture
1970年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな反響を呼んでいます。 このバンドの全盛時代に中高生だったファンのみならず、クイーンをリアルタイム体験していない世代の人たちからも「泣けた」「また観たい」という賞賛の声が上...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
表参道ヒルズにフォトジェニックスポット登場! おいしいコーヒーが飲みたくなるアートは必見 【imperfect 表参道】あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。
独自記事 【 2019/5/10 】 Food
2019年初夏、表参道ヒルズ同潤館1階にウェルフード マーケット&カフェ【imperfect 表参道】がオープンします。ここで味わえるのは、世界中の農家の方々が生産したナッツ、スパイス、カカオ、コーヒーといった原材料にひと手間を加え、おいしさを追求したこだわりフードの数々。味付きナッツがゴロゴロ入ったチョコレート、アー...

次の記事

オムロンの企業理念実践 Our Mission & Our Value 【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『オムロン編』
3月6日・7日【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】メディアパートナーのethicaでは優待チケットも

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます