カバーガール大賞、発表。30代1位に輝いた石原さとみさんに注目!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
カバーガール大賞、発表。30代1位に輝いた石原さとみさんに注目!

Copyright(c) Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.

3月4日の『雑誌の日』を記念して毎年行われている、『カバーガール大賞』第5回の結果が発表されました。これは、2018年に雑誌やフリーペーパーなどの表紙を最も多く飾った女性を表彰するものです。

エシカが注目したいのが、30代部門で1位を獲得した石原さとみさんです。

石原さんは、GINGER、MAQUIA、MOREなどの女性誌を中心に、表紙ばかりでなく、自身のメイクやファッションについていろいろ話しています。ドラマのメイクを自分でしたりもする、というのはちょっと驚きでした。

30代になって、さらに輝きを増し、女性の支持を集めた存在と言えるのではないでしょうか。

ドラマのなかでも「石原さとみ」本人であること

昨年、石原さんの女優としての人気を牽引したのは、ドラマ「アンナチュラル」でしょう。

つい先週、「コンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞2018」で、彼女が主演女優賞を受賞したのも記憶に新しいところです。

この作品のタイトルは「アンナチュラル」ですが、石原さんの魅力のひとつは逆にとても「ナチュラル」なことではないでしょうか。

ドラマでは、不自然(アンナチュラル)な死を遂げた人物の遺体を調査する「法医解剖医」という難しい役柄ながら、あまり入り込み過ぎずに、抑制された演技をしています。無理に演じている感じがなく、まるで石原さとみさん本人がその職業に就いているようです。

そして、昨年の下半期に放映されたドラマ「高嶺の花」では、華道の家元の長女という、これもまた全く毛色の違う役にチャレンジしていますが、そういう女性を演じても、そこに石原さとみ本人がいます。

そのような、まわりのスタッフの指示にしたがって造られた虚像でない、ご本人が「ナチュラル」なままで、そこにいる。それが彼女と多くの人との距離を縮め、共感を集めているひとつの理由でしょう。

石原さとみさん

嘘のない、内面から溢れてくる美しさ

今年の年頭に放送された、「石原さとみのすっぴん旅inスペイン~世界一おいしい街で見せた女優の素顔~」というテレビ番組でも、彼女のナチュラルさがクローズアップされます。

気ままな旅のなかで、地元の人が勧めてくれたレストランに行くのですが、料理を口にした彼女は、ほとんどの場合「おいしい!」としか言いません。

テレビでは「食レポ」と言って、タレントさんが料理を食べたときの感想は「おいしい」だけでは失格です。「濃厚なソースが絡んで」とか「海の幸の風味が」とか、具体的な表現をしなくてはいけません。

ところが、石原さんが言うと、素直に「おいしい」と、心から言っていることが、画面を通して伝わってくるのです。「おいしい」と言うときの表情やニュアンスで、他のタレントさんの説明口調の食レポより、おいしさが伝わってくる。

東京の地下鉄に乗っていると「Find my Tokyo.」という、石原さんが地下鉄の沿線にある街を訪れている映像をよく見ますが、これは音も出てないのに、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

そこには嘘がありません。

自分の心の声に忠実に、ヴィジョンを持って動いている。しかし、力まない。そんな自然体な生き方そのものが、彼女の内面から溢れてくる美しさであり、雑誌の編集者さんたちからも「表紙に出てほしい」と求められるひとつの理由なのでしょう。

■第5回カバーガール大賞
他の受賞者はこちらから(http://magazinesummit.jp/covergirl

記者:山田 勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回の話題賞として、昨年『ELLE JAPON』の表紙を飾り、15歳でモデルデビューしたKōki,さんが選ばれています。さらに、ブルガリのアンバサダーに抜擢されるなど、2018年の話題を集めたひとりではないでしょうか。ご存知のとおり、木村拓哉さんと工藤静香さんの次女ですが、凛とした落ち着きのある佇まいがあり、今後どのような成長をみせてくれるのか、注目したい存在です。

Kōki,さん ELLE JAPON©️操上和美/出典 エル・ジャポン2018年7月号

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

広瀬すず&是枝監督の新CMに見る、この世界のつながり 【エシカルへ】編
職業=矢沢永吉。スタジアム公演を余裕で満杯にする「俺様」から学ぶ、私によくて、世界にイイ。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます