最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ

綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。

これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑顔の筋肉を鍛えられる体操を制作したものです。科学的根拠もあって、効果の測定も実際にしたそうなのです。

ところで、このパントマイムのような、手話のような手の動き、どこかで見たことがあるような気がしませんか?

そうです、Perfumeの振付や舞台演出、そして「恋ダンス」の振付を担当した世界的な演出振付家MIKIKOさんによるものです。

MIKIKOさんってどんな人?

ダンスの振付をする人、それも世界的に有名、と言うと、若くからニューヨークで切磋琢磨して経験を積んできたようなイメージがあります。ただ、彼女はPerfumeと同じ広島出身で、もともと日本をベースに活動をしてきた方です。

Perfumeの国内外でのブレイクばかりでなく、自身が主宰を務めるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」でも海外に活動の場を広げ、さらにヘビーメタルロックをアイドル女性が歌うBABYMETALの演出・振付でも世界の注目を集めました。

そして、2016年にはリオデジャネイロ・オリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーの演出チームにも参画し、その年には、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で登場人物が踊った「恋ダンス」が大ブレイク。

さらに、2020年の東京五輪の開会・閉会式のプランニングチームにも名を連ねています。

MIKIKO公式サイト

誰でも踊れる世の中にマッチした、シンプルな振付

YouTube、そして最近ではTikTokなどの影響で、誰もがダンス動画を見て、自分で踊る姿を全世界に公開できるようになりました。ダンスは、スタジオでレッスンを受けたダンサーがステージで披露するもの、という垣根を超えて、誰でもその気になれば参加できるものになったのです。ダンスが義務教育のカリキュラムに組み込まれたこともあり、今のデジタルネイティブと呼ばれる世代は、何もスマホやゲームだけに長けているわけではなく、リズムに合わせて身体を動かすことが得意な子供たちでもあります。

ネット上で数々の人たちが踊る姿を公開した「恋ダンス」は、実際には真似をするのに少し練習が必要であるものの、何か自分でもできそうな、そして踊ってみたい気にさせるような、ちょうどいい振付でした。

そして今回公開された「スキパニスマイル」は、もしかしたらMIKIKOさん史上、最も真似しやすい振りかも知れません。

出だしは簡単ですが、頰に手を当ててからの動きに味があって、単なる「体操」に終わらず「見せる踊り」の要素を含んでいて、うまくできたときの喜びを感じることができるのが魅力です。

丁寧に観察し、気づき、魅力を引き出す力

MIKIKOさんが高く評価されているひとつのポイントは、演者のキャラクターを観察して、その魅力に気づき、それを引き出すような演出・振付をすることです。自分のやりたいことだけが先行して、自分本位で作った振りを演者に踊ってもらう、というアプローチとは全く違うので、ステージや画面のなかで演者が輝くのです。

「スキパニスマイル」でも、眼鏡姿の綾瀬はるかさんと従業員らが、30秒のCM動画の中で一体感が生まれて、踊っているうちに自然と笑顔がこぼれていくのはさすがです。

彼女が観察するのは、踊り手ばかりではありません。音楽の歌詞や、そのダンスが使われる文脈をよく解釈していることも見て取れます。

BABYMETALの「メギツネ」は、女性は内面を隠して女優のように演じているのです、というメッセージの楽曲ですが、これもよく見ると女性が化粧をする手つきがさりげなく取り入れられています。

BABYMETALが、メタルとアイドルのコラボという「単なる面白い企画モノ」に終わらず、海外のフェスで観客を熱狂させるショーとしての完成形に到達することができたのは、彼女の演出があったからこそでしょう。おどろおどろしい演奏を繰り広げるメタルバンドと無垢なアイドルという異なる素材を混合させるのに、振付の部分が大きな役割を果たしています。

デジタル技術との融合を真の意味で成し遂げた第一人者

MIKIKOさんの手腕で誰にもなかなかその域に達することのできない要素のひとつが、生身の人間のパフォーマンスとデジタル技術のコラボを高い完成度で実現する力ではないでしょうか。

一般的には、レーザー照明やコンピュータとシンクロした映像をライブステージに取り入れることはずいぶん前から行われてきました。ただし、新しい技術を取り入れることが目的になってしまい、音楽とのマッチングがそれほどでもなく、単なる「すごいですね」で終わってしまうようなものも数多くありました。

ただ、Perfumeに代表されるMIKIKOさんの演出は、一流のバーテンダーがカクテルをつくるかのごとく、パフォーマー、音楽、歌詞、光、デジタル映像のそれぞれのよさを生かした、絶妙な混合体を創り上げています。

デジタルの凄さを引けらかすような力みがなく、視覚にも聴覚にも、歌詞のメッセージを受け止める心にも響くような丁寧な作品に仕上がっています。

これも彼女の、デジタル技術でできることに対する観察眼や、そのよさを引き出そうとする姿勢の表れだと言えるでしょう。

MIKIKOさんの人生に学ぶ、生きるヒント

2019年2月にNHKテレビで放映された「プロフェッショナル 仕事の流儀」では、MIKIKOさんが演出振付家になった経緯が紹介されています。もともと彼女は自分でダンサーとして活動していました。ところがある日、まわりの仲間たちが言わば命がけでダンスに挑んでいるのに比べて、自分はそうでもないな、と感じて、演出をする側に転じたそうです。それもメジャーなグループのバックダンサーに採用された矢先だというから驚きです。

まさに彼女は、自分自身に対しても観察眼を持ち、その魅力に気づき、それを引き出した人物とも言えるのではないでしょうか。

自分のやりたいことが見つからない、今やっていることが自分の本当にやりたいことではない、と思っている方は、改めて冷静に自分の魅力を観察するアプローチをしてみると、生きる道を切り拓くヒントが見つかるかも知れません。

まず手始めに、こわばった顔から力を抜いて、スマイルです。

記者:山田勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

前回、ビッグになることを夢見て広島から上京した矢沢永吉さんをご紹介しましたが、同じ広島出身ながらMIKIKOさんの歩んできた道は、ずいぶんそれとは違いました。ギラギラとした強い意思で成りあがるのも人生なら、逆もまた真ということでしょう。

広島は、野球もサッカーもプロのチームが活躍していて、スポーツの世界でも元気のある都市になってきています。そしてこの2019年4月にはFISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019という、スケートボードやボルダリング(スポーツクライミング)など、2020年のオリンピックでも種目になっている新世代のスポーツカテゴリーの国際的祭典が開催されます。

この機会に、熱い広島を訪れてみてはいかがでしょう。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
「ハロウィンからゴミをなくそう!」使った衣装のリメイクを水原希子さんらが提案
独自記事 【 2020/11/2 】 Home
毎年ハロウィンが各地で盛り上がりを見せる一方、利用されたハロウィングッズや衣装がその日限りで捨てられてしまうという大きな問題があります。そうした中、ハロウィンが終わった翌日の11月1日、オンラインイベント「メルカリ アフターハロウィンパーティ」が開催されました。(記者:エシカちゃん)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

フェロー諸島の風景 エシカリスタ Vol.33 写真家 内山香織さん
いつか東京マラソン完走も夢じゃない〜手軽に始められて、あなたの走る本能を覚醒する「マラソン」というエンタテインメント

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます