「ちがうから、おもしろい!」 フェロー諸島北西の島で出逢った方の言葉 。 エシカリスタ Vol.34 写真家 内山香織さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

“出逢いは、道しるべのようなところがあり、つながりあい、広がっていく。

互いを知り合うきっかけとなり、様々なことを感じる大切な礎・・”

 

フェロー諸島で出逢った方々と交わした時間の道を辿りながら、

文化や言葉、日々の暮らしなど、教えていただいたことを、編み繋ぎます。

女の子たちのグランマの、「ホームメードルバーブジャム」。

初夏、収穫の季節になると各ご家庭でたくさん作られるルバーブジャムは、食卓やピクニックに持って行ったり、日々の彩りとなるそう。

 

「夏はゼリーにして冷たいデザートに。ミルクをかけると美味しいよ」

 

滞在中、何度もご馳走になった手作りのルバーブジャム。

それぞれの穏やかなあたたかさを感じる、ずっと味わっていたい忘れられない美味しさです。

フグロイ島(Fugloy)の東岸Hattarvík(ハッタルウィーク)の船着場から、南岸のKirkja(チルチャ)の船着場まで続く一本道。

 

「そっちからきたの?私たちはこっちからきたよ」

 

自然の草が生える間を通るその道は、紫のお花がたくさん咲いていました。
優しい笑顔のお姉ちゃんが、お花のブーケを作ってそっと置き、走り回って元気いっぱいな妹が、霧が晴れた時に見つけられるように素敵なサプライズをしていました。

フェロー諸島の気候の中でも霧は様々な姿があり、37の名前を持っています。

 

霧が出てきたかな?と思ったら、サーっと白が世界に流れ込んできて、あたり一面を覆いました。

 

距離感がわかならくなりそうなその霧は、時に不思議な世界に誘います。

フェロー語で「鳥の島」を意味するフグロイ島(Fugloy)は、多様な鳥が集まる貴重な島。

 

今では日々の営みではないそうですが、古くから海鳥は人々の食を支えていたそうです。

 

鳥たちの多くは岩場に住み、ハンティングは、打ち付ける波や凄まじい強風など危険も多く、命がけのことも。

シンプルな作りの道具。この竹の竿が一番だよと見せてくれました(彼のお父様作)。

 

岩場に座りじっと待ち、海鳥が飛び交う時、竿を伸ばしてネットでキャッチするのが昔からの方法。

日々の食卓に欠かせない羊の干し肉 “Skerpikjøt(シェルプチェート)”

 

秋になると、その冬を越すための食べ物が作られます。

フェロー伝統の味、自然発酵した羊の干し肉とタラの干物は、多くのミネラルと塩分を含む海風で乾燥させます。

その時期、島々で様子を見ることができるかもしれません。

 

羊の干し肉は、生ハムとビーフジャーキーの間くらいの食感で、”Hjallur(チャドル)” と、呼ばれる風が通り抜ける作りのドライングハウスで、6〜8ヶ月位干して醸されます。

 

「自分たちの食べものを、子どもの時から自分たちで関わるのよ」

 

と、季節と大切な節目のお話を聞かせて頂きました。

 

歩くなら休憩用に持って行ってねとお土産に頂いたSkerpikjøt(シェルプチェート)は、噛めば噛むほど芳醇な香りと味がして、とても元気が出ました。

絵や文字を描いたりしながら、意味を教えてくれた彼女は、45年間続けている現役の先生。

 

”日本” という言葉をきっかけに、話題も広がり、海老や鮭の海産物から最高品質と人気の高いウールなど、フェローと日本との古くからの関わりなども教えて頂きました。

 

そうだ、と、彼女は、メモを書いてくれました。

 

「ずいぶん前に日本に行って、つい先日、家族で帰ってきた教え子が隣の島にいるのよ、訪ねてみてね」

 

それから、こう聞かせてくれました。

 

「私の母はね、昔、編み物をして、日本に送っていたのよ。

山の羊の毛を集めて紡いでね、毛糸にするの。

フェローのウールはとても暖かくて、雪や雨にも強いのよ。

この窓辺に座って、帽子やセーターを編んでいた姿を思い出すわ」

「このベンチに座って村を眺めるのが好きなのよ」村人の散歩道にて。

 

言語に興味があり日本語を学びに来日した彼女は、ご主人と出逢い、東京に20年近く暮らしたそうです。日本に住んで興味深かったことを伺うと、

 

「大学時代のホームステイ先で食べた、”骨せんべい” には驚いたわ。

同じようにたくさん魚を食べてきたのに、その食べ方は思いつかなかった!」

 

「知らないものを知ったり、ちがうから、おもしろい」

 

と朗らかな笑顔で話す彼女の言葉が、心に残っています。

お兄さんの趣味はスイーツ作り。焼きたてのケーキにホイップクリーム。頬が緩みます・・

 

お店はあまりないから皆自分で作るのが殆どだそうです。料理も、修理も何でも。

お父さんの得意料理は、豚肉の生姜焼きで、弟さんの大好物。

おすすめのコンビネーションは、パンにチーズとルバーブジャム

 

お兄さんの夢は、フォトグラファーになること。
スヴィノイ島(Svínoy)やフェロー諸島のことを伝えて行きたい思いがある。

 

夢に向かって70kgのルバーブジャムを作り、バザーで販売し大好評で寄付を集める事ができ、念願のカメラを買えたそうです!

 

※参考リンクから彼の日々の便りをぜひご覧ください

彼らの空色の家のルバーブ畑

 

ルバーブやじゃがいもが実る畑には、煮物にしようか卸しにしようか、と和食用に植えたという「大根」の白い姿もありました。

 

季節の野菜が瑞々しく育つこの庭は、彼らのお爺ちゃんのそのまたお母さんの時代からの遊び場でもあったそう。

冬の暖、今も大事な燃料の一つ、ピート(泥炭)。

 

夏にたくさん掘って、ピート小屋で乾かし、冬に備える。

女性や子どもが家に運ぶ仕事を担ってきて、電気がくる前はたくさん使っていたので大変だったそうです。

 

子どもたちの通う学校だけ、フェローの南の島で採れるコールを使い、みんなが登校する前に毎朝、村のおばあちゃんが教室を温めておいてくれた思い出は、45年前のこと。

村人の散歩道を抜けて丘を登ると古いピート小屋の跡。海の向こうに、フグロイ島(Fugloy)を臨む。

 

時を経て、営みの痕跡に立つ人は変わっていきますが、目の前に広がる景色はどのように感じるでしょうか。

フェリー着き場とは別の場所にある船着場。季節や海流によって使う。

 

「夏は、魚がよく釣れて、叔父さんが釣った鮭を、お寿司にして食べるのを楽しんだりの時期。

夜もずっと明るいから、”Gevi minir(ジェウェ ミーネル)” という遊び、日本でいうかくれんぼをよくする。緑の草原に伏せたりして隠れ、探す方が暗号を言うと、隠れている方が返事をする。

何処にいるかを、耳を使って音を頼りに探すゲームだよ」

 

「冬は、海からの日の出と赤い空。冬は嵐が多いけど、クリスマスの頃、星がすごく綺麗だった。あれは確か、月がない寒い夜」

 

なぜだか、まるで隣にいたかのように、懐かしく想う気持ちになりました。

「太陽のおかげで風がくる」、風の言葉。

 

フェロー語には雨や霧、風、天候やサイクルの状況からくる自然の様子の言葉がたくさんあります。彼女の好きな風はハッピーな気持ちやいい気持ちの風、「Lot(ロット)」。
雲が覆っていた空の隙間から、太陽が顔を出した時に吹く風は、「Sólvindur(ソルウィンドゥ)」といい、感謝する気持ちを持つそう。

 

天気に関する言葉が多様なのは、フェロー諸島の歴史、バイキングの暮らしの上でも重要だったのかもしれませんね。

村のダンスホール。修繕を重ね1908年から守られているそうです。

 

バイキングの言い伝えを歌と踊りで表現する、フェローの伝統、チェーンダンス。

リードシンガーが皆を引っ張り、フレーズを繰り返し合唱し(リフレイン)、リズムに合わせて全員で輪になって踊る。

 

バイキング時代から続くこの舞踊は今ではフェローにのみ残るそうで、世代、世代に伝承し続けてきたことは、固有の言語や文化の継承に関わってきたのかもしれないと感じました。

“一言で表すなら、家族。家族がいる、友だちがいる、このスヴィノイにいるのが、私は一番好きなの”

チェーンダンス、村のダンスホールにて。

 

◾️参考リンク:

スヴィノイ島(Svínoy)で出会った方は、

現在、日本人ツーリスト向けにツアーガイドをされています。

フェロー諸島への旅をご検討の際は、ぜひホームページをご参考ください。

悠久を感じる自然の中、のんびりとした時間との出逢いを。

 

Nonbiri Travel
https://www.nonbiri-travel.com/

 

フェロー諸島からの日々の便りはこちらから拝見できます
https://www.facebook.com/nonbiritravel/

 

この記事は以下の私のホームページから編集しました
https://kaoriuchiyama.com/journey/faroe-islands/

関連記事はこちら

エシカリスタ Vol.33 写真家 内山香織さん

内山香織 Kaori Uchiyama

自然と人や生き物のかかわりをテーマに撮影。作品は、国際写真賞「International Photography Awards 2018, 2017, 2016」、モスクワ国際写真賞「Moscow International Foto Awards 2018」「International Photography Awards One-Shot Climate Change」「International Photography Awards One-Shot Harmony」自然、ファインアート、トラベル、空撮、地球カテゴリー等入選。「LensCulture Exposure Awards 2016」エディターズギャラリー選出。CP+ 2018 DJIブース登壇。写真撮影をとおして、自然の色や形の面白さや、そこから得るハッとする気持ちや想像力を実感するワークショップ開催。

ホームページ:https://kaoriuchiyama.com
Instagram:https://www.instagram.com/kaoriphotography/
Facebook:https://www.facebook.com/kaoriuchiyamaphotography/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

表参道ヒルズにフォトジェニックスポット登場! おいしいコーヒーが飲みたくなるアートは必見 【imperfect 表参道】あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます