「この会社すごい!」。ある日本企業との出会い。
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「この会社すごい!」。ある日本企業との出会い。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

中国人インフルエンサーKOLの陳さん。日本をさらに好きになるきっかけとなったある企業との出あい、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で日本の最旬情報を発信することになったきっかけを振り返りながら、二つの国の理解を深めるためにできること、やりたいことを語ってくれた。

前編はこちら
フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー当時、日本企業の中国マーケットへの関心、反応はどのような感じでしたか?

サラヤさんの微博での広告展開が始まったのが2015年でしたが、当時は今に比べると反応は薄かったですね。「興味はあるけれど、まだ早い」という感じで。微博の認知度もまだまだ低く、そもそも微博が何なのかから説明しなければなりませんでした。サラヤさんも微博についてはあまり詳しくはなかったものの、SNSでの効果については理解されていたので話が早かったのだと思います。洗剤商品からスタートしました。

カロリーゼロの自然派調味料「ラカントS」について、サラヤさんから「中国で広げていきましょう」というお話をいただいたときは、とてもうれしかった。「ラカントS」の原料である羅漢果は中国南部の桂林で取れる果実で、私が小さいころ喉が痛くなるといつも母が飲ませてくれました。中国人にとっても親近感があるこの果実を、日本の企業が中国に建てた工場で商品化してくれる。昨年、桂林の工場にご招待いただいたのですが、日本と同じ高レベルの技術が駆使されていて、感動しました。

中国も日本同様、糖尿病の患者は年々増加しています。また、美容や健康を意識し砂糖をはじめとした糖質を控える傾向も。そうした中国人にとっても「ラカントS」はうれしい商品。その素晴らしさを伝えるお手伝いができることは、本当に光栄なことです。

サラヤを知ったとき、「ほかの営業担当も含め、こんなにステキな会社を見逃していたなんて不思議でした」と陳さん。  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーーその後、再び転職されます。

もう少し日本の文化や企業に近い、そして「カラフル」な仕事をしたいと思ったのです。私にとってそれは、日本のPRに関わる仕事でした。調べる中で興味を持ったのがPR会社。人気企業で、外国人の私にはハードルが高いことは重々わかっていましたが、「どうしてもこの会社で働きたい」という強い思いを胸に挑戦しました。

実は、面接のときに企画書を持参しました。課題でもなんでもなく、勝手にプレゼンしちゃって(笑)。私が考えていることをただただ伝えたかったのです。最初の面接官が人事の方で、本当なら最終までは何度かの面接があるのですが、すぐにトップの方に繋いでくれて、入社がかないました。

PR部に所属しメディアリレーションの仕事を担当。商品の魅力を理解してもらった上でいかにメディアで扱ってもらうかがミッションで、美容関係の商品などを多く手がけました。中国人は私一人だけで大変なことも多かったけれど、とにかく刺激的で充実した日々を送ることができました。

PR会社時代を振り返り、「やりがいがあって楽しかった。でも、残業が多くて大変でしたね」。  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

日本のリアルな最旬情報を発信。若い女性から圧倒的に支持されるKOLへ。

ーー一方で、微博では「这里是日本(日本語で「ここは日本」)というアカウントで情報発信をされています。

2011年、微博のスタートとほぼ同時に、友人と二人で立ち上げました。翌年から情報発信は初めていたのですが、KOLとして本格的に始めたのは2017年の年初です。日本のクライアントからの問い合わせが増えてきたので、何かお手伝いできないかと考えたことがきっかけでした。今は会社を退職し、KOLとして活動しています。

ーー現在、フォロワーが530万超えと人気KOLですが、具体的にはどのような活動をされていますか?

微博は全体で7億人のユーザーがいて、そのうち80パーセント以上が30歳以下の若い人です。私自身27歳なので、20代後半の女性目線を大切に、その層の女性たちが好み、興味を持つ、ファッション、コスメ、グルメ、エンタメ情報などを発信しています。私は着物が大好きなのですが、いろんな情報の中でも着物の情報は反響はとても大きいですね。反響が大きいと微博のトップトピックに掲載されるので、企業としては広告効果は非常に高くなります。KOLとしていくつかの企業のPRをしていますが、その中の一つがサラヤさんで、現在も「ラカント」を中国市場に広めるため活動をしています。

また日本のニュースに連動した企画も。2018年に「あなたの今年を漢字一文字で表すと?」という、日本でおなじみの企画を投稿したところ、1億人以上がアクセスし、多くの方々が「自分の一文字」を投稿するというアクションをしてくれました。中国人にとっても楽しく、興味深いエンターテインメントとして受け入れられたのかなと思います。

「アンティークの和服に興味があります」。陳さんが発信する和服の情報は中国の女性たちからのアクセスも多い。  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー日本の情報を発信していて、中国人の方々の日本に対する印象についてどう感じていますか? 変化はありますか?

政治の問題は色々とありますが、若い層に関しては日本に憧れている人が多い印象ですね。「日本で活躍している陳さんに憧れます」といった声も多く、励みになっています。また、当初は私の投稿に対して「自分も行ってみたい」というコメントが中心だったのですが、最近は「私も行ったことがある」「この商品を使ったことがある」というコメントが多くなりました。実際に日本を訪れ、共感してくれる人が増えていると感じています。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー今後、どのような活動をして行きたいですか?

KOLとして活動していくのと同時に、日本企業に対してコンサルタントのような形で関与していけたらと考えています。昨今、中国マーケットに向けてPRを仕掛けたいものの、やり方がわからないという企業がとても多いように感じます。また、少しでもやり方を間違えると伝えたいことがきちんと伝わらないことも。時間やコストもかかります。そうした点をクリアしながら効果的なPRができるようお手伝いしていきたいですね。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー最後に、陳さんにとって「私によくて、世界にイイ」こととは?

とても難しいですね(笑)。私にとっては、中国も日本も大好きな国。日本の情報を伝えながら、両国の架け橋になれれば。それが私にとっての願いです。二つの国の間の理解が深まることは、結果として世界にとってもイイことなのだと信じています。

日本と中国の架け橋にーー。愛する二つの国の未来を陳さんは見据えている。  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

前編はこちら
フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」

陳寧欣

1991年7月19日生まれ、中国大連出身。
2014年に来日。日本文化が好きで、中国人としての独特な視点を持ちながら日中友好の懸け橋になりたいと、広告関係の仕事をしながらKOLとしても活躍中。

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

ーーBackstage from “ethica”ーー

インタビュー中、何度となく陳さんの口から出た言葉があります。「たまたま」。「たまたま企業が学生を募っていて」「(会いたい企業の人が)たまたま東京に来ていて」……。偶然やラッキーのようにも聞こえますが、きっと違う。行きたい場所に行き、会いたい人に会い、働きたい会社で働く。抜群の行動力で縁も運も引き寄せているのだろうと感じさせるパワーが陳さんにはあります。発信する情報の鮮度や魅力はもちろん、そのエネルギッシュな姿にフォロワーは引きつけられているに違いありません。

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」
「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます