《第72回カンヌ国際映画祭》チャン・ツィイーをゴッドマザーに指名
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
《第72回カンヌ国際映画祭》チャン・ツィイーをゴッドマザーに指名

チャン・ツィイー、第67回カンヌ国際映画祭レッドカーペットにて(写真提供:Chopard)

カンヌ国際映画祭では、将来の活躍が期待される若手俳優を表彰する「ショパール・トロフィー/Trophée Chopard」の授与が行われます。今回は2019年5月20日に、トロフィーを渡す「ゴッドマザー」として中国人女優チャン・ツィイー(章子怡/Zhāng Zǐyí)が選ばれました。

彼女は、2000年に『グリーン・デスティニー/Crouching Tiger, Hidden Dragon』でカンヌ国際映画祭にデビューして以来、数々の作品でカンヌの常連となり、コンペティション部門の審査員を務めたこともあります。

そのキャリアも早20年を迎えた、チャン・ツィイー。自ら若手俳優に賞を渡す立場になった彼女にスポットを当ててみましょう。

チャン・ツィイーが渡す「ショパール・トロフィー」とは

1998年より、カンヌ国際映画祭の最高賞であるパルム・ドールのトロフィーのデザインを、ショパールの共同社長兼アーティスティック・ディレクターであるキャロライン・ショイフレが手がけていることはDay1の記事でご紹介しました。

ショイフレ氏の映画に対する情熱は計り知れないものがあります。2001年に、彼女の発案によって、前途有望な男女の若手俳優1名ずつにスポットライトを当て、彼らの将来的な活躍への期待を込めて授与する賞が創設されます。それが「ショパール・トロフィー」です。

2004年にこの賞を手にしたフランス人女優、マリオン・コティヤール/Marion Cotillardは、その後『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜/La Vie en rose

』で2008年の第80回アカデミー主演女優賞を受賞するに至るなど、将来世界的スターになる若い芽にスポットを当てる役割を、この賞は果たしてきています。

2004年にショパール・トロフィーを受賞したマリオン・コティヤール(左)

チャン・ツィイー、20年の歩み

キャロライン・ショイフレ(左)とチャン・ツィイー(右)、2013年撮影(写真提供:Chopard)

今回ゴッドマザーに指名されたチャン・ツィイーの出演映画で、日本で最も有名なのは、ハリウッド映画『SAYURI/Memoirs of a Geisha』でしょう。

2006年の第78回アカデミー賞で6部門にノミネートされ、3部門(撮影賞、美術賞、衣裳デザイン賞)で受賞を果たした作品です。

日本人から見ると、なぜ芸者を日本人が演じないの?と突っ込みたくなる部分もありましたが、勝ち取った賞のとおり、映像美はすばらしい作品で、その中で彼女は独特の存在感を示しています。

さかのぼって、2000年に彼女のカンヌデビュー作となった『グリーン・デスティニー/Crouching Tiger, Hidden Dragon』はアジア映画ですが、ワイヤーアクションを多用した剣術のシーンが圧巻で、見応えある映画です。

2004年の第57回カンヌ国際映画祭に出品したウォン・カーウァイ監督の『2046』は、時空を越えたミステリアスなSFラブストーリーで、ここで彼女は木村拓哉さんとも共演しています。

そして、来たる2019年6月には、『ミッション:インポッシブル2』や『レッドクリフ』2部作などを手がけたジョン・ウー監督による『The Crossing -ザ・クロッシング- 』の劇場公開が日本で始まります。ここでチャン・ツィイーは、長澤まさみ、金城武らとも共演しています。

果たして、今回は誰の手に?

2018年にショパール・トロフィーを受賞した、ジョー・アルウィン/ Joe Alwyn (左)エリザベス・デビッキ/Elizabeth Debicki(右)〜写真提供:Chopard

今年、チャン・ツィイーをゴッドマザーに選出したことについて、ショパールのキャロライン・ショイフレから、次のようなコメントが届いています。

「今年チャン・ツィイーが、映画界において20 年のキャリアを迎えることを知ったとき、私はすぐに、彼女にとって記念すべきこの節目の年が、明日の成功を目指す若手俳優たちの励みとなり、彼らにとって強力なシンボルになると思ったのです。その類まれなる才能と豊かな経験を若い俳優たちと共有することで、彼女は、2019年のショパール・トロフィーの受賞者に多大な栄誉を与えることができるのです。」

彼女から、栄誉あるトロフィーを渡される受賞者は誰になるのでしょう?

公式サイト
https://www.festival-cannes.com/

《第72回カンヌ国際映画祭》連載企画

《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け

《第72回カンヌ国際映画祭・Day2》ショパールのレッドカーペットコレクションから

《第72回カンヌ国際映画祭・Day3》注目の音楽映画『ロケットマン』を上映、エルトン・ジョン本人もレッドカーペットに登場

《第72回カンヌ国際映画祭》チャン・ツィイーをゴッドマザーに指名

《第72回カンヌ国際映画祭・Day4》ペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』プレミアを飾ったセレブリティたち

《第72回カンヌ国際映画祭》マライア・キャリーの圧巻パフォーマンスに酔いしれる 〜ショパールLOVEナイトより

《第72回カンヌ国際映画祭》若手俳優に贈られる「ショパール・トロフィー」授賞式から

《第72回カンヌ国際映画祭》クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』プレミアから

記者:山田勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

チャン・ツィイーが出演している、2004年のカンヌのコンペティションにも出品されたウォン・カーウァイ監督の『2046』ですが、私は公開当時に映画館で観ました。難解だという批判もあったけれど、私にはグッと感じるものがあり、今でも心の片隅に痕跡が残っています。

そのウォン・カーウァイは、2006年の第59回カンヌ国際映画祭ではコンペの審査委員長を務めており、そのときにまだ20代だったチャン・ツィイーが、審査員として呼ばれています。

権威ある映画祭の審査員と言うと、年配の重鎮ばかりで占められているように思いますが、今年も21歳になったばかりのエル・ファニングが名を連ねています。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

《第72回カンヌ国際映画祭・Day3》注目の音楽映画『ロケットマン』を上映、エルトン・ジョン本人もレッドカーペットに登場
人毛でも化繊でもないサステナブルな新素材。アデランスとスパイバーが新しい選択肢を提案

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます