《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕

パルム・ドールを受賞したポン・ジュノ監督(写真提供:Chopard)

2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro González Iñárritu審査委員長によれば、満場一致でこの作品が選ばれたそうです。

全9回に渡ってお楽しみいただいた2019年カンヌ連載企画の最終回は、栄誉ある最高賞を手にしたポン・ジュノ監督の作風を、華やかなクロージングセレモニーの模様とともにお伝えします。

パルム・ドール受賞作『Parasite』は、どんな作品?

2018年の『万引き家族』に続き、今年もアジアの映画が受賞したことが話題に上っていますが、どちらの作品も貧困や社会格差を扱った映画である、と言うことに、カンヌ国際映画祭の「良心」のようなものを感じます。

豪華絢爛なレッドカーペットの世界とは全く違う情景をスクリーンの中に映し出した2つの作品が、国際的な映画人たちに2年連続で選ばれたということの背景には、地球上に蔓延する理不尽な社会格差があるのかも知れません。

パラサイト、すなわち「寄生虫」と名づけられたこの物語は、貧乏のどん底にある家庭の息子が、大学の在学証明書を偽造して、裕福な家に家庭教師として潜入することから始まります。映画は「貧乏=可哀想」と言うお涙頂戴ストーリーに走らず、ユーモアを交えた独特な切り口で、社会を分断している格差という現実を炙り出していきます。

パルム・ドールを受賞した『Parasite(英題)』予告編〜PARASITE Official Int’l Teaser Trailer
ポン・ジュノ監督、パルム・ドール受賞発表の瞬間〜La Palme d’Or est attribuée à Parasite de Bong Joon-Ho – Cannes 2019 (Cinéma CANAL+)

格差を描いてきた韓流エンタテインメントの流れ

韓国作品が日本でブレイクした記憶のなかに刻まれているのが、2000年代前半の『冬のソナタ』に代表される韓国ドラマブームです。そのころの韓国ドラマのお決まりのパターンのひとつが、貧乏な家の子と裕福な家の子が恋に落ちてしまい、親に反対されると言うものでした。

パルム・ドールに輝いたポン・ジュノ監督も、その韓流の血を受け継いでいるのでしょうか、これまで何度も、底辺に生きる人々や格差社会をテーマにした作品を、この世に送り出して来ました。

実は、ポン監督は2008年に、日本人俳優が出演した作品の脚本・監督を務めています。3人の外国人監督が東京を題材に制作した短編3本からなる『TOKYO!』というオムニバス映画で、3本目の『シェイキング東京』を彼が担当しています。

10年間、引きこもりを続けている男を香川照之さん、その家にピザを届ける配達員を蒼井優さんが演じているのですが、大都市の中で世間から断絶して一人ひっそり暮らす男の存在を、味のある独特な表現手法で描いています。

2013年の監督作『スノーピアサー(英題:Snowpiercer)』では、同じ列車の前方には富裕層が、最後尾には貧困層が乗車している、という奇想天外な設定で格差社会を表現するというチャレンジをしています。

映画『スノーピアサー』予告編〜シネマトゥデイ

上記2作品は、海外との合作によるもので、彼のバイオグラフィーの中では異色なラインナップです。ただ、今回のパルム・ドール受賞作は、韓国の格差社会を描いたローカルな作品にもかかわらず、カンヌの審査員全員の意見が一致して選出されたことに感慨深いものがあります。

パルム・ドールを受賞したポン・ジュノ監督(左)と、審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(右)(写真提供:Chopard)

華やかなクロージングセレモニーで閉幕

今回のカンヌでは、こちらの記事でご紹介したペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』で主演を務めたアントニオ・バンデラスが、主演男優賞を受賞したことにも注目が集まりました。

12日間に渡って行われた映画祭は、若手俳優にショパール・トロフィーを手渡すゴッドマザーに抜擢された中国の女優、チャン・ツィイーや、21歳の若さでコンペの審査員を務めた米国の女優、エル・ファニングが新たな装いで登場するなど、華やかなクロージングセレモニーとともに幕を閉じました。

エシカでは、カンヌ国際映画祭のオフィシャルパートナーであるハイジュエラー、ショパール様の協力のもと、現地の模様をレポートしてまいりました。最終回までご愛読ありがとうございました。

チャン・ツィイー(写真提供:Chopard)

チャン・ツィイー(写真提供:Chopard)

エル・ファニング(写真提供:Chopard)

エル・ファニング(写真提供:Chopard)

フランスの女優、ステイシー・マーティン/ Stacy Martin(写真提供:Chopard)

ルーマニアの女優、カトリネル・マーロン/ Catrinel Menghia(写真提供:Chopard)

公式サイト
https://www.festival-cannes.com/

《第72回カンヌ国際映画祭》連載企画

《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け

《第72回カンヌ国際映画祭・Day2》ショパールのレッドカーペットコレクションから

《第72回カンヌ国際映画祭・Day3》注目の音楽映画『ロケットマン』を上映、エルトン・ジョン本人もレッドカーペットに登場

《第72回カンヌ国際映画祭》チャン・ツィイーをゴッドマザーに指名

《第72回カンヌ国際映画祭・Day4》ペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』プレミアを飾ったセレブリティたち

《第72回カンヌ国際映画祭》マライア・キャリーの圧巻パフォーマンスに酔いしれる 〜ショパールLOVEナイトより

《第72回カンヌ国際映画祭》若手俳優に贈られる「ショパール・トロフィー」授賞式から

《第72回カンヌ国際映画祭》クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』プレミアから

《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕

記者:山田勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

以前、韓国ドラマを扱う仕事をしていたことがあって、韓流作品は数々観てきました。2000年代前半には、本文で紹介した身分の違う男女の悲恋、という定番が流行りでした。しかしその後、サスペンスありコメディありと、韓流エンタテインメントは大きな進化を遂げてきたので、今回パルム・ドールが初めてと聞いて、少し不思議なくらいです。

映画では、『シュリ』『猟奇的な彼女』『私の頭の中の消しゴム』が日本でも有名ですが、私のオススメは日本で2017年に『22年目の告白 -私が殺人犯です-』としてリメイクされた、パク・シフ主演の『殺人の告白』です。最後まで結末が読めないスリリングな展開がすばらしい映画です。

今回パルム・ドールを獲得したポン・ジュノ監督の代表作に『殺人の追憶』という映画もあって、ちょっと紛らわしいのですが、実はポン監督の『殺人の追憶』にヒントを得て制作されたのが『殺人の告白』なのです。

順番にまとめて観てみると面白いかも知れません。

『殺人の追憶』にインスピレーションを受けて制作された『殺人の告白』予告編〜cinemacafenet

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

《第72回カンヌ国際映画祭》クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』プレミアから
フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます