明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・前編】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・前編】

アメリカン・エキスプレス財団が2008年より世界9ヶ国で展開している社会貢献プロジェクト「アメリカン・エキスプレス・アカデミー」が、日本で取り組みを開始してから今年で10周年を迎えました。この春開催されたアカデミー10周年記念プログラムに、エシカ編集部もお招きいただき聴講してきました。

アメリカン・エキスプレス・アカデミーは、日本においては「明日のリーダー育成」と「サービスのイノベーションによる組織改革」をテーマに、NPOや社会起業家を対象とした人材育成に取り組んでいます。その卒業生ネットワークは41都道府県に広がり、700名を超える人材を輩出しています。

基調講演に登壇された法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科の米倉誠一郎教授は、講演のなかで「この25年間、日本は経済的にほとんど成長していない。隣の韓国は3倍、中国は20倍、ドイツだって1.5倍。日本が勝てない原因は失敗を許容できない社会にある。日本の子供は自己肯定感が低い。それは尺度がひとつになってしまっているから。」と仰いました。

イノベーションを作る人材が育つために社会や教育がどうあるべきなのか。講演後に米倉教授からethica副編集長・萱島がお話を伺いました。

ドロップアウトしてもまた巻き直しができる社会

萱島: 日、米、英、仏、独、スウェーデン、韓国の7か国で比較したとき、日本の13歳~29歳の若者のうち自分に価値があると思っている人は45.8%しかいない。アメリカは86%くらい、韓国でさえ71.5%なのに、日本だけ50%を切ってしまっているというデータがあるそうですね。日本は経済的に豊かで便利な国になっているはずなのに、これは驚きです。

米倉先生: これは結構深刻な数字ですね。多くの国の7~8割の若者が「I am OK」と思っているのに、日本は5割にも満たない。何が問題なのかを真剣に考える必要があります。

極論すれば東大以外は全員落ちこぼれ??

米倉先生: 自己肯定感が低いというのは、たぶん尺度の多様性が低いからではないかと。さっき会場で東大に行った人の人数を聞いたら一人しかいなかった。いまの尺度でいうと、それ以外全員落ちこぼれなんですよ。こんなもので測っていたら、絶対に自己肯定感が上がるわけがない。足の速い人とか、歌の上手い人とか、色々な人がいて初めてみんな自分に価値があると思える。社会に出たら大企業に行くのが最良の選択だとか、そんなことではなくて、色々人生はあるだろうと。もうひとつ言うと、一度ドロップアウトしてもまた巻き直しができる社会を作るのが良い。

アメリカのある乱暴な子どもの話。クラスメイトを殴ってしまう乱暴な小学生が居て、その子がどうしたらクラスメイトを殴らずに中学校に通えるかを先生たちが真摯に考えた。そこで、その子のためにボクシング部を作ったら、そこの自己肯定感はものすごいことになりました。いままで否定されてきた乱暴が突然「いいパンチ」に変わったのですから。その子はそれからの3年間、どうやって自分をマネージしたら一番成果が出るのかとか、食事制限は何をやったらどうなるのかとか、スクエアのリングをどのように使うかとか、そういうことを考えていくようになって、ハイスクールに行った時は学校内で最も優秀な生徒になっていたという話です。

萱島: ボクシング部を作ってあげるとは、驚きですね。なかなかそこまでは出来ないのではないかと思います。デジタル化がどんどん進んで子供達を取り巻く環境も変化していますが。

分断された社会をテクノロジーでつなぎ合わせる

米倉先生: 今日、面白い話を聞きました。スペインで2つ新しいアプリが出て、ひとつは「塩貸して」というアプリ。隣近所のコミュニティが厚いというのをスペインでは「お塩貸して」と言える環境だと言うらしい。それをスマホのアプリケーション上で再現するというアイデア。ソフトウエアとかアプリというのは大事なイノベーションで、いまみんながやっているけれども、それをゲーム化するとか一企業に使うというものではなくて、もう一回近隣の紐帯(絆)を取り戻すための道具にするという素晴らしいアイデアでした。それがイノベーションの本質だと思う。

もうひとつはラ・プラーザ(広場という意味)の携帯のアプリで、いまそれが流行っているらしい。例えば転職とか恋愛とか、自分に困ったことや悩みがあるときに相談ができるアプリなんだけど、そのアプリのステッカーを貼っているリアルのお店でも居合わせた人と相談ができるそうです。テクノロジーのおかげで分断された社会を、もういちどテクノロジーでつなぎ合わせることができるのだなと思いました。

萱島: リアルのお店でも相談ができるというのは、面白いアプリですね。

組み合わせると全く新しいものになる

米倉先生: 僕ら古い世代の考えだと、もうスマホをやめて、みんなで手を繋ごう!と思っちゃう。それも大事なことだけど、こんなに中毒になっているのだから、それを利用してもう一回人間の絆を取り戻すというのも一つの在り方かなと思いました。イノベーションというのは色々ありますが、シュムペーターという人が、イノベーションの本質はNew Combination(新しい組み合わせ)」だと言っています。すでにあるものを新たに組み合わせると全く新しいものになるという。

萱島: スマホの世界は子供にとって怖いと思いがちですが、リアルとうまく繋げられたらいいですよね。話は変わりますが、近ごろは教育格差、親の年収の差が受けられる教育の質の差につながっていると問題になっていますね。公教育の質が下がっているなんて言われますが本当でしょうか。

後編に続く

【副編集長対談・後編】明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)

米倉 誠一郎(法政大学大学院 イノベーション・マネジメント研究科教授・一橋大学名誉教授)

1953年東京生まれ。一橋大学社会学部(1977年)・経済学部(1979年)卒、同大社会学修士(1981年)。ハーバード大学PhD(歴史学博士、1990年)。一橋大学商学部産業経営研究所教授、同大学イノベーション研究センター教授を経て、2017年4月より現職。企業経営の歴史的発展プロセスを戦略・組織・イノベーションの観点から研究。著書に、『経営革命の構造』(岩波新書)、『企業家の条件』(ダイヤモンド社)、『脱カリスマ時代のリーダー論』(NTT出版)、『創発的破壊:未来をつくるイノベーション』(ミシマ社)、『オープン・イノベーションのマネジメント』(有斐閣)、『二枚目の名刺 未来を変える働き方』(講談社)、『イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応』(東洋経済新報社)、『松下幸之助:きみならできる、必ずできる』(ミネルヴァ書房)など多数。

ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部英文学科卒。総合不動産ディベロッパーに新卒入社「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げと推進を経験。IT関連企業に転職後は、webディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネット、文化庁・文化遺産オンライン構築などがある。その後、国立研究機関から発足したNPO法人の立ち上げに参加し、神田神保町の古書店をWEBで支援する活動と、御茶ノ水界隈の街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。201811月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

萱島礼香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

BEAUTY LIBRARY 青山店で「すぐできる、私たちのSDGs」トークショー開催
明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・後編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます