直感と感動を大切に、仕事をしてきた生駒芳子さん【ethica Woman】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
直感と感動を大切に、仕事をしてきた生駒芳子さん【ethica Woman】

【ethica Woman】は、働く女性がキャリアを積む過程で考えてきたこと、仕事をする上で知ってほしいことを、様々な女性に聞いて紹介するシリーズです。第1回目は多くの働く女性の憧れ、元「マリ・クレール」編集長で、ファッション・ジャーナリストの生駒芳子さんにお話を伺いました。

直感を信じ、計画から外れたら「やった!」と思うくらいでちょうど良い

― 20代後半から30代の働く女性の多くが、キャリアプランが描けないという悩みを持っているそうです。経歴を拝見すると、生駒さんは数年刻みでキャリアステップをなさってきたように見えますが、キャリアプランは考えていらっしゃいましたか?

生駒芳子さん:私は計画を重んじたというよりも、直感を信じて生きてきましたが、そのことが結果として、人生のより良い舟に乗れていることにつながっているなあと感じています。無計画というより、より直感を重んじる生き方を大切にしたいがために、あえて計画に縛られない生き方を選んできたのです。もともと10代の頃はロックバンドの追っかけ少女でしたから、「見たいものは見たい」、「会いたい人には会いたい」という衝動や情熱が非常にはっきりしていたのと、アートやファッションが好きで、関わっていきたいという気持ちがずっと軸にありました。「いまこの方向に進みたい!」というビジョンが、折々にはっきりと目の前に現れてきます。それは、自分の直感を信じてきたからだと思います。つねに自分の直感を信じて進むべき道を選んできました。

最初にフリーになったときも、VOGUEで働くことになったときも、「○歳になったらこうしよう」とあらかじめ決めていたわけではないんです。編集プロダクションを2年で辞めてフリーになったのは、昼夜もなく一生懸命働いて「おなかいっぱいだわ」と思う状態になったからだし、VOGUEに入ったのも「フリーではなく、編集部に入らなくちゃやりたいことができないわ」と思ったからなのです。その後も何年かおきに「いまこそ、行動しなくちゃ」と自分のなかで強く鐘が鳴ったときに行動を起こしてきました。

― キャリアプランを立てる代わりに、「ビジョン」と「直感」を大事になさってきたのですね。

生駒さん:そうです。人生、予定通りにいくことなんてまずありません。キャリアプランを細かく立てると、逆にストレスかかりませんか? もしキャリアプランを立てるならば、10年くらいの枠で考えないと。しかも、その枠からはずれたら、むしろ「やった!」と思うくらいで良いと思いますよ。人生は予測不可能だからこそ楽しいんです。セレンディピティ(予期せず幸せや有益な情報を発見すること)を大切にして、自然な流れを楽しみ、流れに逆らわないようにすることをおススメしたいです。

失敗しただけ成功する。失敗はむしろチャンスである

―「失敗したくない」という理由からキャリアプランを立てる人もいると思うのですが、生駒さんは仕事上で失敗をしたことはありますか?

生駒さん:失敗を恐れていたら、何も行動が起こせなくなる。失敗はした方がいいんです。20代、30代に失敗した数だけ成功すると思いますよ。私も何度失敗をしたことか。原稿が印刷に間に合わなかったということはなかったけれど、自分で撮った写真が写っていなくて再度手配したり、締め切りに間に合わなくなりそうになったり。

一番大きな失敗は、フリー時代に業界の偉い方に取材をしたときのこと。アポをとって、コメントを頂く仕事だったのですが、徹夜が続いていて寝坊してしまったんです。相手の方から約束の時間の30分後に「今、何時だと思ってるんだ」と電話がかかってきて、やっと目が覚めたのですが、その方は当然怒っていて「上司に電話をするぞ」と言われたんです。

その瞬間、私は頭のスイッチがパチンと入って、こう言ってしまったんです。「遅刻をしてしまったことは本当に申し訳ありません。でも私はフリーランスなので上司はいません。申し訳ないのですが、いつでもどこにでも飛んでいきますので、時間をください」って。そして、再度時間をもらって会いに行ったら、その方はもうニコニコして、インタビューに応じてくださったんです。

失敗をすると、どうしても相手と深いコミュニケーションを取らなくてはならなくなります。それはチャンスだと思いますよ。失敗したら謝罪して、提案して次のチャンスをとる。そう考えたら、失敗なんて怖くなくなります。

答えはすべて自分のなかにある

― 「キャリアのことを相談できる人がいない、孤独である」ということも、働く女性の悩みとして聞きますが、生駒さんは誰かに仕事で迷った時には相談しましたか?

生駒さん:私は「答えは自分のなかにある」と思っているんです。人はみんな孤独。孤独が正常なのです。友達がたくさんいたり、家族が円満であったりするのはもちろん良いことです。でも、だからといって答えを自分以外の人がもっているわけではないのです。

30代のときに、私はルドルフ・シュタイナーの本をよく読んでいたのですが、シュタイナーは「答えは自分のなかにある」と言っています。私は35歳で離婚したのですが、離婚をしようか迷って友達に相談すると「あんなに良い旦那さんなのに」と言われてしまったんです。でも、私にはどうしても離婚してやっていきたい方向があった。それで迷って一人で考えていたら、あるとき急に「自分を信じよう」と腑に落ちたんです。それで離婚を決断しました。

今、大学などで若い人に授業で教えているのですが、「携帯断食をしなさい」とよく言っています。暇な時間があると、みんなすぐに携帯を見てしまう。それだと、「自己探訪」ができません。30分でもいいから、もしできれば1日くらい、携帯を見ないで自分自身を見つめる時間を作ること。そうすることで、自分の悩みに対する答えが、自分の中から見つけられると思いますよ。

仕事をしていく上で大切にしていくべきものは「運」「縁」「勘」

― 生駒さんは仕事をしていく上で何を大切にしていくと良いと思いますか?

生駒さん:仕事をしていく上で大切なのは「運」と「縁」と「勘」だと思います。「運」は、「自分からつかみ取りにいくこと」と「ポジティブに解釈すること」が大切です。

将来に対するビジョンを持って「こうなったらいいな」と思っているとチャンスがやってきます。もしチャンスがやってきたら、つかみにいく。私はフリーになってからananで仕事をする時、VOGUEに就職をするとき、マリ・クレールが創刊すると聞いたとき、すべて自分からアプローチしました。また運を良くするためには、常にポジティブな考えでいること。何か失くしたり壊れたりしても「ラッキー! 厄落としだわ」と思っているくらいがちょうどいい(笑)。楽しく明るい気持ちで自分を満たしていることが大切だと思います。

「縁」はネットワークを意味します。自分の世界を作っていくこと。ネットワークをもとにして、自分の世界はできていくのです。人との縁を大切にすることはとても必要です。また、「勘」は最初にお話しした「直感」のこと。直感を磨くためには、感動することが必要です。自分が感動してわくわくドキドキできることを増やす。そうすれば、直感は自ずと磨かれていきます。

生駒さんが今後積極的にやっていきたいのはプロボノのNPO

― 「運」「縁」「勘」を大切にしてお仕事をなさってきた生駒さんが、今後力を入れていきたいと思っていることはどんなことですか?

生駒さん:今、私はクリエイターとNPO団体を繋ぐNPO「サービスグラント」の理事をしています。このNPOは、クリエイターのプロボノ(各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動)を促進する団体で、自分のスキルを登録することができます。

人の才能には「できること」と「したいこと」の2つがあり、多くの人はそれを混同してしまいます。でも、周りの人は「できること」でその人を評価します。「したいこと」は、自分のなかでは大切なのですが、「できること」を自分自身が認めてあげることも非常に大切です。

プロボノという仕組みは、自分の専門知識を社外で使うことができます。これは自分の「できること」を自分自身が認めてあげる機会になります。また、まったく知らない世界に自分のスキルを通じて出会うこともできます。それって、自分自身に冒険をプレゼントすることになると思うのです。自分自身に冒険をプレゼントすることは人生のスパイスになります。プロボノを通じて、わくわくドキドキできる機会を多くの人に味わってもらいたいと思っています。

またクールジャパンの活動の一環として、日本の伝統工芸を再生させて、おしゃれにラグジュアリーに世界発進するプロジェクト「WAO」のプロデュースも手がけています。日本のものづくりと美意識を応援し、ブランディングを目指す活動は、これから長期にわたって力を入れていきます。

― 失敗を恐れず、ビジョンを持って、わくわくドキドキしながら直感を信じて仕事をしていく。何だか仕事について悩みが消えてしまいそうです。貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

 <生駒芳子さんご経歴>

1957年8月9日、兵庫県宝塚市生まれ。東京外国語大学フランス語科卒業。大学卒業後、編集プロダクションに所属し、旅行雑誌の制作を手がける。2年間全国各地を飛び回って取材・撮影を行った後退職。フリーランスのライター、エディターとして「an・an」などの雑誌や新聞においてファッション、アートについて執筆・編集。1998年に日経コンデナスト社に就職し、VOGUE JAPON創刊時に副編集長に就任。2002年からはELLE JAPONで副編集長に就任し活躍したのち、2004年よりマリ・クレール日本版の編集長に就任。今までにない、社会派の視点を持ったジャーナリスティックなファッション雑誌を立ち上げる。2008年11月に独立。現在はフリーランスのジャーナリスト・エディターとして、ファッション、アート、ライフスタイルを核に、社会貢献、エコロジー、社会企業、女性の生き方、クールジャパンまで、講演会出演、プロジェクト立ち上げ、雑誌や新聞への執筆に関わる。クリエイターとNPO団体を繋ぐNPO「サービスグラント」の理事。

<講演情報>

生駒芳子さんのことをがもっと知りたい方におススメ!

・7月3日(水)〜9日(火)
新宿伊勢丹本館4階での「FUTURE URBAN RESORT」展
生駒芳子さんがキュレーションしたオーガニック・コットン、フェアトレード、伝統工芸のサマードレス、かごバッグ、サンダル、アクセサリー、ストールなどを紹介しています。ぜひお立ち寄り下さい!

・7月17日(水)〜31日(水)
東京ステーションホテルにて開催される「ヴァン クリーフ&アーペル」の時計・宝飾の学校
生駒さんがイヴニングカンバセーションのナビゲーターをつとめます。建築家、シェフ、華道家、ピアニストなどを迎えてのセッションは、インスピレーショナルなトークを展開。19日、21日、27日、28日、29日に出演予定。

取材協力=生駒芳子さん

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

今こそ観たい!『風の谷のナウシカ』にみる、自然と人間の共生
泣けるレシピ本! 世界の家庭料理が満載の『海を渡った故郷の味』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます