世界一革新的で環境にやさしいボート 海洋プラスチックごみ問題解決に大きな一歩【後編】
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
世界一革新的で環境にやさしいボート

カタマラン・ボート「オデッセイ」 Photo=YUSUKE TAMURA ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

前編に続き「R4W(レース・フォー・ウォーター)プロジェクト」についてのプレスブリーフィングを紹介していきます。

世界一革新的で環境にやさしいボート

パウリ氏のいう船のプロジェクトとは、太陽光、風力、水素の自然エネルギーを動力源にした全長35mの巨大なカタマラン・ボート「オデッセイ」で世界の海を回り、各地で海洋プラスチックごみ問題の啓発活動をしながら、同時に海洋プラスチックごみの調査や研究を進めようという取り組みです。

「AIとロボットを最も効果的に用いているのがこのオデッセイといえるでしょうね。ボートはAIで自動制御された40㎡の大きさのタコが受ける風力と、海水から得られる水素を電気分解して利用する燃料電池によって時速約8ノット(約15㎞)で航行します。また、甲板には厳しい環境に耐えられると同時に高い性能を発揮する太陽光パネルを設置して、ボート内でのすべての電力として利用しています。世界でいちばん革新的で、しかも環境にやさしいボートと断言できますね」

オデッセイは2017年4月にフランスを出港した後、各地でミッションを行いながら航行を続けています。現在は来年のオリンピック開催に合わせて日本を目指しており、日本到着後は約5か月間、全国を回る予定になっているそうです。

カタマラン・ボート「オデッセイ」 Photo=YUSUKE TAMURA ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

海藻カーテンで海中のプラスチックごみを除去

今回のブリーフィングでは、パウリ氏によって海洋プラスチックごみ問題の解消につながる1つのプランの発表がなされました。それは、いかにして海中のマイクロプラスチックを除去するのかという、問題解決に結びつく重要な報告でした。

「今、私たちが考えている取り組みは、海中に生息する海藻を利用して海洋プラスチックごみを除去しようというプロジェクトです。科学者との共同研究の結果、海藻類の生産性が低下していることが分かりました。なぜなら、海藻類の体の表面にある小さな孔の中にマイクロプラスチックが入り込んでしまい、海藻類の生育を鈍化させていたからです。私はこの事実を知った時、逆にこのことを利用すればいいのではないかと思いつきました。それが海藻を使ったカーテンです」

パウリ氏の発想は海岸近くの浅瀬に人工の構造物をつくり、そこでシースパゲッティと呼ばれている、その名の通り細長い海藻を育ててカーテン状にし、その表面にマイクロプラスチックを吸着させて回収、除去に役立てようというプランです。

「海中で小さくなったマイクロプラスチックが陸に打ち上げられると、乾燥して風によって内陸に吹き飛ばされ、さまざまな弊害が出てきます。それを食い止めるためにも海中のマイクロプラスチックをできるだけ多く回収しなければならないのです。私はこの海藻カーテンを使えば、5年以内に海中のマイクロプラスチックを100%回収できると思っています」

ゼロエミッション提唱者グンター・パウリ氏 Photo=YUSUKE TAMURA ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

日本が最良のテクノロジーで貢献してくれることを期待

四方を海に囲まれた日本は世界でも有数の海洋国です。それだけに、この海洋プラスチックごみの問題について無視するわけにはいかないでしょう。そして、パウリ氏も、

「日本の国民1人あたりのプラスチック使用量は世界的に見てもかなりのものがあります。今こそ日本の国民の皆さんに海洋プラスチックごみに対する開戦宣言をしていただいて、プラスチック戦争を始めていただきたいですね。この戦争に勝利するためには革新的なアイディアと莫大な費用が必要になります。ですから、日本の産業界の皆さんにはいろいろと考えていただいて最良のテクノロジーで貢献していただければと願っています」

と日本への期待を語っていました。

なお、海藻カーテンの詳細については8月末に横浜で開催されるTICAD(アフリカ開発会議)で発表される予定になっています。

【前編】ゼロエミッション提唱者グンター・パウリ氏が新提案

ーーBackstage from “ethica”ーー

自然エネルギーを動力源としたこの革新的な船は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前に日本へやってくるそうです。数ヶ月間かけて日本各地をまわる予定で、子供向けのプログラムも多く企画中とのこと。海藻カーテンのプランがどんな風に実施されるかも気になりますし、今後も大注目のプロジェクトです。

ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部英文学科卒。総合不動産ディベロッパーに新卒入社「都市と自然の共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げと推進を経験。IT関連企業に転職後は、webディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネット、文化庁・文化遺産オンライン構築などがある。その後、国立研究機関から発足したNPO法人の立ち上げに参加し、神田神保町の古書店をWEBで支援する活動と、御茶ノ水界隈の街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。201811月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

記者:清水一利

明治大学文学部史学地理学科卒。1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に新卒入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)、2015年「フラガール物語 常磐音楽舞踊学院50年史」(講談社)、2018年「東北のハワイは、なぜV字回復したのか スパリゾートハワイアンズの奇跡」 (集英社新書)を刊行。2013年9月よりwebマガジン「ethica」にて各種取材を担当。

提供:サラヤ株式会社
http://www.saraya.com

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」
独自記事 【 2018/3/29 】 Art & Culture
2018年1月30日から、神木隆之介さんが出演するauの新CMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」がスタートしました。何事にも意識の高い高校生「高杉くん」が、同級生の「松本さん」にauの様々なサービスやプランを紹介していく同シリーズ。最新CM「購買部」篇の最後のセリフが気になった『ethica(エシカ)』読者も多いのではな...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け
独自記事 【 2019/5/20 】 Art & Culture
「カンヌ」と言えば、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを日本に持ち帰ったのが記憶に新しいところです。 あれから早1年。そのカンヌ国際映画祭が、今年も5月14日夜(現地時間)に開幕しました。 今回は、第47回に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを勝ち取ったクエンティン・タランティーノ監督の最新...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
最新スポット「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京」でエシカルを考えるイベントを実施
独自記事 【 2019/9/6 】 Food
持続可能なコーヒー調達において、常に最先端の取り組みでコーヒー業界をリードしてきたスターバックスでは、2015年以降、エシカルなコーヒー豆の購買率 99% を毎年達成しています。 そして、それにちなみ実施されてきた「99 キャンペーン」は、今年で5年目に突入。コーヒーを取り巻く環境が変化する中でも、5年間にわたり 99...

次の記事

ゼロエミッション提唱者グンター・パウリ氏が新提案 海洋プラスチックごみ問題解決に大きな一歩【前編】
ハローキティがSDGsの取り組みを分かりやすく紹介

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます