HASUNA白木夏子さんに伺いました! 店づくり・新作に込められた思い。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
HASUNA白木夏子さんに伺いました! 店づくり・新作に込められた思い。

HASUNA創業者であり代表の白木夏子さん

手に届く瞬間までのストーリーすべてを美しく語れることをコンセプトにしたジュエリーブランド、「HASUNA(ハスナ)」。ethicaでも2013年の創刊当時から度々取り上げさせていただいております。

このたびの表参道本店の移転リニューアルオープンにともなって開催された7月上旬のオープニングイベントは、たくさんの人が集まり大盛況となっていました。ethica編集部もお邪魔させていただき、美しいコレクションの数々を拝見しながら、HASUNA代表・白木夏子さんに店づくりや新作に込められた思いを取材させていただきました。

(聞き手:ethica編集部・ミミ)

コンセプトは現代美術館

ミミ: リニューアルオープンおめでとうございます。早速ですが、今回のリニューアルでは、どんなお店づくりを目指したのでしょうか?

白木さん: ありがとうございます。内装のコンセプトとしてはリニューアル前の店舗と変わらず、現代美術館のようなイメージです。ジュエリーが主役として引き立つような展示の仕方にしています。あと、流れる空気の良さも重視しました。お客様は結婚指輪、婚約指輪などを選ぶため、やはり長時間滞在する方が多いので、心地良く感じられるような空間づくりを大切にしています。

日本のジュエリーブランドとして、何ができるだろう。

リニューアルを記念して発売された、シンプルな華やかさが上品なパールのシリーズ、「BLESS」コレクション。みかんの産地、愛媛県産のあこやパールを使用しています。

HASUNA広報・営業担当の児玉さんに伺った話によると、あこやパールは水が綺麗じゃないと育たないのだそうです。綺麗な水は、海に農薬などの排水が流れないように取り組んでいる愛媛県の無農薬みかん農園の取り組みの成果といえるのだとか。

新作コレクション「BLESS」はシンプルな華やかさが上品なパールのシリーズ。

ミミ: 「BLESS」を作ったきっかけは何だったのでしょうか?

白木さん: 日本の職人が作ったものでジュエリーの展開がしたかったというのがあります。日本のジュエリーブランドとして、何ができるだろうか。と考えて、このコレクションにつながりました。

創業当初から展開している、中南米のベリーズのウィルクス貝を使用したジュエリーにもイヤリングとリングの新作品が。一点一点異なっており唯一性を楽しめる。販売は8月23日から。

創業当初から展開している、中南米のベリーズのウィルクス貝を使用したジュエリーにもイヤリングとリングの新作品が。一点一点異なっており唯一性を楽しめる。販売は823日から。

オープニングイベントに用意されたフードにも、地産地消の食材の選択が伺えます。愛媛県産のみかんのジュースは人気で、ありつけませんでした…!

ミミ: HASUNAのジュエリーは、男性から女性へのプレゼントも多いと思いますが、以前はなかったケースで、最近増えてきたユーザーの形とか、ユニークなケースがあればお聞かせください。

白木さん: お母様にとか、お嬢様にとか、お嬢様はまだ小さいけど将来成人した時のために買う方もいますね。あと、ご子息のお嫁さんに、というのもあります。

自然のたくさんある中に行きたい

ミミ: 最後に、以前のethicaの取材で、ご自分への一番ほしいご褒美は自由な時間と言っていましたが、その後変わりはありましたか?

白木さん: 最近は、自由な時間はちゃんと取るようにしています。その時に新しいアイデアが閃いたりして、頭をリラックスさせるのも大事だなあと。自然のたくさんある中に行きたいな。最近はずっと都心で仕事しているので!

ミミ: 白木さん、コレクションを紹介していただいた児玉さん、ありがとうございました!

新しい店舗は、以前店舗のあった位置からは数分ほど、表参道駅からは民家やスタジオの間を10分ほど歩いたところにある、打放しのコンクリートがおしゃれな建物の1階。上品で光に満ちたデザインもさることながら、社会的意義においても曇りのないジュエリーを身につけて、本当の豊かさを手にしてみてはいかがでしょうか?

HASUNA Co., Ltd. 代表取締役 白木夏子(しらきなつこ)
1981年生まれ、愛知県育ち。英ロンドン大学卒業後、国際機関、金融業界を経て2009年4月にHASUNA Co.,Ltd.を設立。
2011日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞。2011年世界経済フォーラムGlobal Shapersに選出。2011年AERA「日本を立て直す100人」に選出。2012年APEC(ロシア)日本代表団としてWomen and Economy会議に参加。2013年世界経済フォーラム(ダボス会議)に参加。2014年Forbes「未来を創る日本の女性10人」に選出。
人、社会、自然環境に配慮したエシカルなジュエリーブランドを日本で初めて手掛け注目を浴びる。主な著書に『自分のために生きる勇気』(ダイヤモンド社)『世界と、いっしょに輝く』(ナナロク社)などある。

ethica編集部 :ミミ

東京生まれ東京育ちのアラサーです。多摩美術大学卒業後、ディレクター業・イラストレーター業に従事。2016年よりethica編集部に参加。アート、旅、グルメ、ファッションのほか、歴史や教育などの社会的な出来事に関心があります。好きな街は青山とソウル。アメリカと中国に在住経験あり。現代人が輝けるライフスタイルを重視した記事を発信します!

ーーBackstage from “ethica”ーー

HASUNAが謳う「関わるすべての人々が幸せで、環境を掻き乱すことのない、祝福されたジュエリー」という言葉は、明るい光をまとったHASUNAのジュエリーにぴったりです。背景にあるエシカルなストーリーは語られるまでなかなか見えないものですが、ストーリーを添えて、贈る人も贈られる人も作り手の思いや理念へ思いを馳せた時に、かけたお金以上に大切な価値が宿るに違いありません。

HASUNAに込められた思いがよくわかる過去の記事はこちらから!

長く愛せる上質白木夏子さんディレクションのセレクトショップ『PIMLICO No.72』

エシカルジュエリーから“パーペチュアルジュエリー”への昇華【対談】白木夏子さん

・【人気スタイリスト・大草直子さん推薦】『女(じぶん)を磨く言葉の宝石』

ミミ

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」
独自記事 【 2018/3/29 】 Art & Culture
2018年1月30日から、神木隆之介さんが出演するauの新CMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」がスタートしました。何事にも意識の高い高校生「高杉くん」が、同級生の「松本さん」にauの様々なサービスやプランを紹介していく同シリーズ。最新CM「購買部」篇の最後のセリフが気になった『ethica(エシカ)』読者も多いのではな...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け
独自記事 【 2019/5/20 】 Art & Culture
「カンヌ」と言えば、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを日本に持ち帰ったのが記憶に新しいところです。 あれから早1年。そのカンヌ国際映画祭が、今年も5月14日夜(現地時間)に開幕しました。 今回は、第47回に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを勝ち取ったクエンティン・タランティーノ監督の最新...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
最新スポット「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京」でエシカルを考えるイベントを実施
独自記事 【 2019/9/6 】 Food
持続可能なコーヒー調達において、常に最先端の取り組みでコーヒー業界をリードしてきたスターバックスでは、2015年以降、エシカルなコーヒー豆の購買率 99% を毎年達成しています。 そして、それにちなみ実施されてきた「99 キャンペーン」は、今年で5年目に突入。コーヒーを取り巻く環境が変化する中でも、5年間にわたり 99...

次の記事

ハローキティがSDGsの取り組みを分かりやすく紹介
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます