美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(後編)「日本の女性活躍における課題」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(後編)「日本の女性活躍における課題」

前編に続き、9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに、今回の募金キャンペーンに賛同した理由や、最近の作品について、さらには、日本の女性活躍における課題についてお聞きしました。

(聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)

(*)毎年9月末の国連総会の会期と合わせた1週間は、持続可能な開発標(SDGs)の推進と達成に向けて意識を高め、行動を喚起する「SDGs週間(グローバル・ゴールズ・ウィーク)」。

女性たちは、子供の頃からいい子でいることを求められやすい

萱島: ある記事で、スプツニ子!さんが「女性が社会に対して『言いたいけど言えない』ことを、作品を通して代弁」していらっしゃると読みました。日本の女性たちが、言いたいことを言えるようになるには、何を解決していくのがよいでしょう?

スプツニ子!さん: 難しい問題ですよね。女性たちは、子供の頃からいい子でいることや他の人を気にしてあげることを求められやすいので、内在化しているんだと思います。人に嫌われないかな、ちゃんと期待に応えているかな、とか、男性から見てわたしは魅力的かなとか。残念ながら、社会とかメディアが男性の目から運営されてきたので、男性から見た都合のいい女性が良い姿として祭り上げられてきたというか。

逆に、自由に自分の意思を持って生きている女性が、メディアで「モテない、強がっているフェミニスト」とか言われたり。自分で選んでシングルでいても「独り身の負け犬」とか言われたりして、社会にそういう言葉が散乱しているんですよね。女性を下に陥れるような言葉や見方、それを自分の中に取り込んでしまう女性が多いのだと思うんです。

萱島: 小さな頃からだと、相当刷り込まれているのかもしれないですね…。

スプツニ子!さん: それが実は一番の敵で、それを解毒しなきゃいけないっていうのがひとつ。二つ目は、解毒するにあたって、この人の言っていることを聞いていると元気になるなっていう人、インフルエンサーを探して繋がっておくこと。インターネットは、テレビから脱せられるというか、自分の繋がりたい人と繋がれるので、自分を元気にしてくれる言葉と触れ合うことができます。

最後のポイントが、私はいままで幸運にも色んな国で色んな人と出会い、仕事をするなかで気づいたことがあって。結果的に一番いい仕事をする人って、ちょっと我儘で、人にこれをやってとかあれをやって、といわれたときに、適度に無視をできる人なんです。何故ならば、ちゃんと真面目にやると、誰かの仕事をやる人になっちゃうから。女の人って事務とか秘書とかに就いている人が多いじゃないですか。人から言われたことを完璧にやっていると、サポート的な仕事に留まってしまうし、しかもそれは相手にとって都合がいい。だから、本当にキャリアアップしたかったら、やらなくていいことはやらない、やりたくないことはやらない(笑)っていう我儘さ、そして、自分がやりたいことを、人にこれやってよ、あれ手伝ってよ、って言える強さがあるといい。女の子は、それは良くないことっていう教育をされがちなのが勿体なくて、それができるようになると、経済的にもキャリア的にも、色々なことが上手くいきます。

萱島: 人の言うことばかり聞いていると、都合のいい女になっちゃうってことですね。

スプツニ子!さん: はい、誰かの手足になるだけになっちゃう。できるようになるまで、難易度高めかもしれないですけど…。

萱島: すごい高めですね、それは…。(笑)

スプツニ子!+ 西澤知美 東京減点女子医大 / Tokyo Medical University for Rejected Women

スプツニ子!+ 西澤知美 東京減点女子医大 / Tokyo Medical University for Rejected Women

スプツニ子!+ 西澤知美 東京減点女子医大 / Tokyo Medical University for Rejected Women

スプツニ子!+ 西澤知美 東京減点女子医大 / Tokyo Medical University for Rejected Women

100%めざして頑張りすぎないで

スプツニ子!さん: 女の人のほうが120%目指しがちだなって感じます。これまで女性部下が「上手く出来なかった」って私に言った時、だいたい凄く上手くやっているんですよ。その反面、男性部下は平気で「これ完璧です!」って自信満々に全然ダメなものを出してきたりして(笑)、女性は「本当にこれダメなんです…」って感じで自分を責めてストレスで損する場面をよく見ますね。あまり男女のステレオタイプで話すのは好きではないですが、ある種の傲慢さというか無頓着っていうか、心臓に毛が生えているのかな?っていうくらい気にしないのが、男性から学べるところかもしれません。

だから良くも悪くも、私もどんな仕事も適当にやることにしています(笑)。インタビューとかだと綺麗事ばっかりだから(笑)みんなそう言うこと言わないですけど、適当であることって大事です。結構本質だと思うんですよ。例えばお弁当とかも頑張りすぎなんですよ!みんな。

萱島: 確かに…日本のキャラ弁とか凄いですものね。

スプツニ子!さん: 私は家事代行を頼んでいて、家の中の掃除とか洗濯とかは週に一度していただいて、一週間分のお料理も作り置きしてもらっているんです。その分、私の時間、休日が凄く増えるし。誰かにやっていただいたほうが、時給換算するとそっちのほうが経済的にもずっとおトクなんです。ごはんもヘルシーで美味しいし!

ベビーシッターでも家事代行でも頼んで自由になった時間はのびのび休み、休んでチャージしたら楽しく働くっていうのが良いと思います。でも何故か女性は家事をしないことに罪悪感や後ろめたさを感じるようにプログラミングされていて、キャリア女性も、「料理しなくちゃ、掃除しなくちゃ、子供の面倒みなくちゃ」って。でも今は外注ができるんです。そういう古い考えから新しい考えへの過渡期だと思います。

その人の体験や気持ちを共有することが、「私によくて、世界にイイ。」

萱島: 最後に、取材させていただいた方には必ずお聞きしている質問ですが、ethicaのグランドコンセプトにもなっている「私によくて、世界にイイ。」、スプツニ子!さんにとっては何でしょうか?

スプツニ子!さん: やっぱり自分にとっては、共感すること、相手の苦しい立場を想像するっていうのが大切かなと。自分が日本で外国人だったり女性だったりで感じたことが、インドの独立運動のときの人種差別の問題とか、アパルトヘイトや在日韓国人、LGBTの問題とか、どうしようもならない属性で社会から排他されたり迫害を受けたりする人たちの気持ち、物語を見ると、すごく自分ごととして感じられる。それが原動力で、いろんな活動に繋がっています。

課題に目を向けていることが出来る人っていうのは、そういう人たちの気持ちを想像できる人。大切なのは、自分の悲しみを他者の悲しみと連携して想像できることなのかなって。一言で表せないけれど、英語だとTo put oneself in someone’s shoes といって「その人の立場に立って考える」という意味の言葉があります。その人の体験や気持ちを共有する。それが私にとっての「私によくて、世界にイイ。」です。

萱島: To put oneself in someone’s shoes、とても素敵な言葉ですね。ありがとうございました。

美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」

スプツニ子!(アーティスト/東京芸術⼤学准教授)

東京都⽣まれ。ロンドン⼤学インペリアル・カレッジ数学部卒業後、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)修⼠課程修了。2013年よりマサチューセッツ⼯科⼤学(MIT)メディアラボ助教としてデザイン・フィクション研究室を主宰し、2019年より東京芸術⼤学准教授。2017年に世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」、2019年にTEDフェローに選出。

photo by Mami Arai

ethica副編集長:萱島礼香

法政大学文学部英文学科卒。総合不動産ディベロッパーに新卒入社「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げと推進を経験。IT関連企業に転職後は、webディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネット、文化庁・文化遺産オンライン構築などがある。その後、国立研究機関から発足したNPO法人の立ち上げに参加し、神田神保町の古書店をWEBで支援する活動と、御茶ノ水界隈の街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。201811月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

ーーBackstage from “ethica”ーー

スプツニ子!さんの公式Youtubeチャンネルも必見です!美しきアート(映像世界)を堪能ください。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

萱島礼香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
「ボランティア活動」という言葉を聞いてどんな印象を受けますか?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます