振り返ってみたら結果的にSDGsだった。 森きみさん対談 更家社長編(前編)
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
振り返ってみたら結果的にSDGsだった。

サラヤの更家悠介社長 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・ウガンダでの衛生環境改善など、まさに本業を通じて社会問題に取り組んできたサラヤの更家悠介社長と、サラヤの考え方に賛同し実際に商品を使っているモデルで一児の母の森貴美子さんが、「自分ごと」として向き合うSDGsについて語り合った。

(左)サラヤの更家悠介社長 (右)サラヤの考え方に賛同し実際に商品を使っているモデルで一児の母の森貴美子さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

「地球は大丈夫なの?」ということに、一人ひとりが向きあっていこう

森きみ: SDGsは、「持続可能な開発目標」という言葉からちょっと難しいのかな、というのが最初に感じたことです。でも、具体的な内容を知り、意外と自分たちの生活に根ざしている目標だと感じました。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

更家社長: 今年だけでも大きな台風が日本を襲い、甚大な被害をもたらしています。なぜ大きな台風が増えたかというと、その背景には地球温暖化の影響があります。また、先日の大阪サミットでも取り上げられましたが、プラスチックによる海洋汚染も深刻になっています。こうした状況に「地球は大丈夫なの?」と多くの人が感じていると思います。実際、持続可能な地球であるかどうかは、私たちの生活や未来にも大きく関わっている。そのことについて一人ひとりが向き合っていこうというのが、SDGsなんです。

振り返ってみたら結果的にSDGsだった。

森きみ: SDGsは、企業が事業を通じて取り組むべきことと推奨されています。そういう意味では、サラヤさんがこれまで推進してきた活動は非常にSDGs的というか、親和性が高いように感じます。

「SDGsというと難しく感じがちですが、実は私たちの生活に根ざしていることなんですね」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

更家社長: 振り返ってみたら結果的にそうだった、という感じです。たとえば、サラヤは2004年から、洗浄剤の原料生産地であるボルネオ島の生物多様性保全に取り組んでいます。また2010年からユニセフ(国連児童基金)と協力し、アフリカ・ウガンダの子どもたちの健康と命を守るため、手洗い習慣の普及を推し進めています。具体的には、サラヤの衛生関連商品の売り上げの一部をユニセフに寄付し、ウガンダ現地のユニセフ事務局が展開する手洗い促進運動を支援する、という取り組みです。

背景には、ウガンダにおける子どもたちと産後のお母さんたちの死亡率の高さがありました。2009年の調査では乳幼児死亡率は1千人当たり79人、5歳未満では128人。つまり、100人中約13人もの子どもが5歳の誕生日を迎えることなく命を落としていました。

「サラヤの商品を通じて手洗い習慣を身につけてもらい、命を落とすお母さんと子どもを救いたいのです」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

森きみ: そんなに……。子どもを持つ母親として心が痛む数字です。

更谷社長: 日本では1千人に1人ぐらいですからね。それに比べると本当に痛ましい数字です。多くは下痢や感染症が原因で、これは手洗いで予防が可能です。また、出産時に助産師が手を消毒しないことで母親が感染症や敗血症になってしまう。ウガンダではそれまで「手を洗う、消毒する」という意識も習慣もほとんどなかったのです。そこで学校や病院の産科病棟などに石鹸を配り「手を洗いましょう」と呼びかけました。また水が汚いところでは、水がなくても消毒できるアルコール手指消毒剤を配布しました。

SDGsは「2030年までに開発途上国の子どもの死亡率を1千人中12人程度に」という目標を掲げています。期せずして、私たちが進めてきた活動と非常につながっていたのです。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

森きみ: 日本では幼いころから手を洗うことは習慣として身についているので、呼びかけないと洗わないということが驚きです。

更家社長: 知っていたとしても、汚い水で洗ったところで不衛生なことは変わりないし、石鹸や消毒液といった衛生商品がないということもあります。意識がない、習慣がない、モノもない。

森きみ: モノと一緒に、意識や習慣も普及させ啓蒙を進めていく。それが大切なんですね。

(後編に続く)

森きみさん対談 更家社長編(後編)SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
インターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2 第二話の見どころをご紹介
独自記事 【 2022/12/5 】 Work & Study
11月7日(月)より配信がスタートした、SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2!「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演して、身近な話題や気づきから、持続可能なアクションやサステナブルについて考えを深めます。今回は、12月5...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「海洋プラスチックごみ問題」を知っていますか? 【寄稿】外務省国際協力局地球環境課
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。 森きみさん対談 更家社長編(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます