ロンドンに3年ぶりに来て エシカリスタVol.18 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

ロンドンに3年ぶりに来て

ロンドンに来ています。3年ぶりにこの場所に来ることができましたが、あらためてここに来てみると、日本で生活を始めてから忘れていたロンドンでの記憶がものすごくよみがえってきました。気づいたら話している英語も日本では使わないような英語に変わっていたり、チューブ(地下鉄)の線路やバスの路線を覚えていたり。感覚としたら、地元に帰ってきた感じです。共通語から方言に言葉が変わったりする感覚。やはり、ここは私にとっては第二の故郷なのかもなぁーと実感しました。もちろん、3年前と変わっているところもありますが、いればいるほど「あっ、そうそう!こういう感じだった!」と思うことがいっぱい出てきて、なんかほっこりしてしまいます。

イギリスに来たら美術館に極力足を運ぼうと思っていたのですが、先日は大学時代の友人に勧められたロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで開催中の「Sensing Spaces」という展示を見てきました。日本の隈研吾さんを含む5名の世界の建築家がそれぞれに感じる空間のあり方を表現した展示会でした。

私がなぜ、美術館に行きたかったかというと、日本で生活している中でどんどん仕事中心の生活になってしまい、なかなか美術館に行くことができず、足が遠のいてしまっていたからです。でも、イギリスの生活の中では美術館に行くのは日常のことでした。町中のいろんな場所にあるので、すぐ行けることも良いことだと思います。

芸術大学に行っていたのもあるのでしょうが、アートの中に自分を置くことが好きで、他のアーティストから醸し出されるパワーに触発されます。この展示の壁には、その作品の説明の他に一言添えられており、とてもシンプルながら私の中にすごく響いた言葉を紹介します。

「これは、光から影へ、影から光へと移ろう喜びである。なぜなら、人は循環の中で生きる者だからである。光をいかに含み、反射するかが建築の要である」

私が感銘を受けたのは、「because as human being we’re cyclical(なぜなら、人間は循環の中に生きる者だからである)」という一句。当たり前のことなのですが、日頃から頭にある言葉ではないですよね? それを再認識することができるのはレアですし、「cyclicalなのであれば、私が今ここでやっておくべきことはなんなのか?」と考えさせられてしまいました。

そしてもう一つ。

私にとって、建築とは連続である。先人たちが成した業(わざ)を、新たな資材と手法を用いながら受け継ぎ、伝えていかなければならない

こちらもなかなか考えさせられてしまいました。確かに全ては継続のつながりで、それをどうやって自分の世界に落とし込み後世に伝えるかが、大事なポイントですよね。

2013年3月で、EFJは走り出して3年目を迎えますが、今後もどうやって伝えていくか、考えていかなきゃ! と思いました。

本記事はETHICAL FASHION JAPANに2014年2月20日に掲載されたものです。http://www.ethicalfashionjapan.com/2014/02/io-in-london/

 

Ethical Fashion Japan代表  竹村伊央さん

1982年名古屋市生まれ。高校卒 業と同時に渡英し、イギリスでエシカルファッションが興隆しつつある2005年より、エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、 JUNKY STYLINGに勤務。またスタイリストとしても活躍し、エシカルを中心としたスタイリングも手がける。2010年帰国後、2012年にEthical Fashion Japanを設立。同年に「ファッション×社会問題」をコンセプトにしたエシカルファッション誌「Emagazine」をローンチするほか、2013年3 月の1周年イベントでは日本初のエシカルファッションのショッピングイベントをエシカルブランド14社と開催。ファッションとしてエシカルを根付かせるさ まざまな取り組みを行う。

Ethical Fashion Japan

twitter :@ethicalJP

Facebook

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

まだ間に合います!アフリカの薔薇で、バレンタイン♪ エシカリスタVol.17 アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん
ダズンローズで公開プロポーズ! エシカリスタVol.19 アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます