日々の暮らしに取り入れたいヒントが詰まった、栗原はるみさん最新刊「haru_mi 冬」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
日々の暮らしに取り入れたいヒントが詰まった、栗原はるみさん最新刊「haru_mi 冬」

『haru_mi 冬 vol.54』 写真提供:扶桑社

「ethica」でも度々ご紹介している料理家・栗原はるみさんによる季刊誌「haru_mi 冬」(Vol.54)が、2019年11月30日に発売されました。おいしく家庭でも再現しやすい料理はもちろん、日々の暮らしを楽しまれる姿も素敵な栗原さんが提案するレシピや冬にぴったりのおもてなしアイデアは、どれも魅力的なものばかり。気になる最新号の内容を、少しだけご紹介します!(記者:ethica編集部・ヒカリ)

次の世代に引き継いでいきたくなる滋味深がある「料理」

最新号のご紹介の前に、少しだけ筆者の栗原はるみさんにまつわる思い出をご紹介しましょう。

はじめて栗原はるみさんの名前を知ったのは、私が5歳くらいの時だったと思います。母が栗原さんの大ファンで、お気に入りのレシピを熱心にレシピカードに書き残していたのです。

いつでも取り出しやすいようにと、キッチン脇の棚に収まっていたレシピカード。幼い私にとって何となく気になるものだったのか、母が料理をする横で度々レシピカードを取り出しては、パラパラと眺めていました。そのカードに添えられたおいしそうな料理の写真と、”栗原はるみさん”の名前が目に焼き付いていました。

それから20年、一人暮らしを機に料理をするようになった私に、母がそっと持たせてくれたのがその時のレシピカードでした。あらためて見てみると、小さい頃から母が作ってくれたおなじみの料理ばかり。栗原さんの料理は、私にとっての忘れがたい「母の味」そのものでした。

結婚し親となった今、年季の入ったレシピカードと、まだ真新しい栗原さんのレシピ本が我が家のキッチンに並んでいます。いずれ娘が成長してひとり立ちをする時には、きっと私も同じように、ボロボロになった栗原さんのレシピを娘に持たせて送り出すでしょう。栗原さんの料理にはそんな、次の世代に大切に引き継いでいきたくなる滋味深さを感じさせられます。

「haru_mi」最新号のテーマは、冬のおもてなしをワンランクアップしてくれる、アレンジ自在な肉レシピ

先日発売された冬号、テーマはやはり「冬のおもてなし」。クリスマスや年末年始、家族や友人たちと食卓を囲むシチュエーションにぴったりの、どんと大きなかたまり肉を使ったおもてなし肉レシピが紹介されています。

テーブルにあるだけで「わぁ!」と歓声が上がりそうな、黒酢の煮豚や牛たたき、ローストビーフは、見た目もとっても豪華!

そして何より、そのままいただいて楽しんだあとのアレンジメニューも一緒に紹介されているのもポイントです。たとえば煮豚は小さく切って中華おこわの具に、牛たたきはパクチーやクレソンなどの香草で巻いたり握り寿司にしたりと、アレンジも自在に楽しむことができます。

一品で何通りもの楽しみ方ができてしまう肉レシピは、冬のおもてなしの強い味方になってくれること間違いなしです。

『haru_mi 冬 vol.54』 写真提供:扶桑社

毎年恒例、クリスマスとおせちの2大特集

「森の香りに包まれた 今年のクリスマス」と題したクリスマス特集では、肩肘張らず自然体な栗原さんならではの、身近なもので楽しめるクリスマスのアイデアが満載。

お庭の草木でつくる卓上ミニツリーや、ウェルカムプレートに添えたいスパイス香るミニブーケ、オレンジにクローブを挿して作る香りを楽しむポマンダーなど。

立派なツリーやリースを用意しなくても、身近な草木やキッチンにあるハーブを活用するだけで、こんなに素敵なクリスマスを演出できるんだ!と思わせる、さっそく真似したくなるアイデアばかりです。

毎年人気というおせち特集は、黒豆や田作り、母なます、炒り鶏などなど、栗原家の定番おせちの数々を網羅した「おせち指南」です。

手間暇がかかる印象のおせちですが、はじめに「濃い煮物だれ」と「薄い煮物だれ」の2つのたれを作っておけば、味付けもしっかり決まるのだそう。

つい身構えてしまいがちなおせちの準備も、2つのたれを味方につければ大丈夫。今年は手作りおせちに挑戦してみようかなと思う人の背中を、そっと押してくれるはずです。

故・玲児さんに宛てた「many thanks」

今号の「haru_mi」表紙に添えられた「many thanks」。栗原さん直筆の、今年8月に天国に旅立たれた最愛のパートナー・玲児さんへのメッセージです。

玲児さんの訃報をニュースなどで知った方も多いかもしれません。訃報が発表された後、栗原さんのインスタグラムのコメント欄には、ファンの方からのお悔やみや励ましのメッセージが溢れていました。

玲児さんの追悼企画「玲児さんありがとう」では、長年連れ添った玲児さんへの想いや、ともに過ごした日々の思い出など、インタビューを通した栗原さんの心情が綴られています。そして、玲児さんが生前好んでいたというお料理と器の紹介も。

付録は2020年カレンダー「日々の花 12か月」

別冊付録、2020年カレンダー「日々の花 12か月」では、栗原家の毎日に欠かせないお花たちの写真を月ごとに楽しむことができると合って、毎年人気の付録なのだそう。

大きなフラワーベースいっぱいに生けてリビングの主役にしたり、一輪挿しにちょんと生けてさりげなく食卓に添えたり。真似してみたくなるお花の楽しみ方のヒントがつまっています。

『haru_mi 冬 vol.54』 写真提供:扶桑社

栗原はるみさん プロフィール

静岡県下田市生まれ。料理家。家庭料理を中心としたアイデアあふれるレシピは、年代を問わず幅広い層から支持されている。雑誌作りのほか、生活提案型のレストラン・カフェ「ゆとりの空間」のプロデュースや、生活雑貨ブランドの「share with Kurihara harumi」を立ち上げ全国の百貨店にショップを展開するなど多岐にわたり活躍。

年4回発行のパーソナルマガジン「haru_mi」(扶桑社)は、24年もの間ベストセラーとして続いている。

 『haru_mi 冬 vol.54』概要

発売日 : 2019年11月30日(土)

特別定価: 936円(税抜)

発売元 : 扶桑社

判型  : A4変型

URL  :http://www.fusosha.co.jp/magazines/haru_mi/

記者:内藤日香里

法政大学法学部法律学科卒。学生時代に東ティモール支援のNPO活動を通じ、フェアトレードに関心を持つ。大学卒業後は区役所に入庁。アフリカ発エシカルブランドにプロボノとして参加。エシカル、サステナブルの取り組みをライフワークにしたい気持ちが強まり、公務員を辞めることを決意。その後、気候変動対策のコンサル会社を経て、広報の仕事に従事。2019年8月よりethica編集部のライターとして活動を開始。プライベートでは1児の母、ときどき筝奏者。

ーーBackstage from ethicaーー

最新号に散りばめられた数々のおもてなしアイデア、さっそく今年のクリスマスに実践したくて仕方がない筆者です。まずはアレンジ自在な「黒酢の煮豚」に挑戦!皆さんならどの肉レシピにしますか?

<関連記事>

栗原はるみさんに関する記事一覧はこちらから

 

内藤日香里

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。 森きみさん対談 更家社長編(後編)
【読者プレゼント】時空を超える−「カルティエ、時の結晶」 5組10名様

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます