どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴 ストライプインターナショナル社長インタビュー【前編】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ファッションブランド「earth music&ecology」を手がけるストライプインターナショナル。ホテル、ドーナツショップ、そしてアートイベントの開催など、業態にとらわれず、ライフスタイルを楽しむ、豊かに彩るサービスやビジネスを展開している。社長の石川康晴さんが語る、「相手を慮るコミュニケーション」とは?

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーーアパレルの枠を超え、「ライフスタイル&テクノロジー」を事業ドメインに掲げてさまざまなビジネスやサービスを展開しています。着想の源泉は?

当社はいつも二つのマーケットに注目しています。

一つは「成長しているマーケット」です。たとえばシェアリングエコノミー。CDやDVD、カーシェアリングなどは一般的で、さらに最近ではさまざまなシェアサービスが生まれ、成長しています。当社では「メチャカリ」というファッションレンタルサービスを始めました。タキシードやドレス、着物などのレンタルはありますが、Tシャツやパンツといった、いわば日常着を借りるというビジネスは存在していませんでした。成長する新しいマーケットに対して当社のリソースで何ができるか。常にそれを考えています。

もう一つは「20年間変化のないマーケット」です。たとえばドーナツ。チェーン店は業績が下がり、外資系は退店を始め、大手コンビニエンスストアからドーナツケースは消えた。それがここ1、2年の状況です。しかし一方で、小さな子どもからお年寄りまで大好きな国民的おやつでもある。課題は、カロリーが高いという点。

当社では2019年3月、京都に工場を併設した体験型ドーナツファクトリー「koe donuts」をオープンしました。小麦粉はオーガニック、油は玄米油に。さらに、作りたてのアツアツを提供し、これまでにないライブ感を体験してもらうことが狙いです。内装も隈研吾さんに依頼しミシュランの星付きレストランに匹敵するようなデザインにこだわりました。20年間変わっていない業界は課題が明確です。それを変えにいく、イノベーションを起こす。そういうことが好きな会社なのです。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー新しいアイデア、新規のビジネスはどのように生まれるのでしょうか?

基本的に年に2~3本は新しい事業をローンチするのですが、スタッフの公募制度から決まるボトムアップと、僕の異業種交流などによって生まれたアイデアからのトップダウンと、いずれの場合も。また、一つのブランドを成功させた中間管理職が、さらに「これをやりたい」とアイデアを僕に直接提案してくることもあります。

社歴や役職もまったく関係ありません。当社は年齢もキャリアもさまざまですし、LGBTQsや海外にバックグラウンドがあるスタッフもおり、ダイバーシティーな会社です。誰もが提案でき、そのアイデアにビジネスの可能性があって世の中の方々から喜んでいただけるなら、なんでもやってみる。そう考えています。

ストライプインターナショナル 東京本部のオフィス。 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

人にも地球にも「利他心」を持つ

ーー近著『学びなおす力』を拝読しました。石川さん自身が「学び続けなければならない、という危機感をつねに持っている」というフレーズが印象的でした。

トップの思考が止まった瞬間、会社の思考は止まります。どんなに優秀なスタッフが入社したとしても、トップに学ぶ姿勢、意識がなければその才能を潰してしまう。さまざまなことを学び、トップとスタッフが共感しあえる。そういう組織を作ることが大事だと思っています。

社会も組織もますますダイバーシティーに向かう中、全てのスタッフ、さまざまなお客様に寄り添おうとするならば、野心を持って勉強していかないといけない。それは、経営学などの学問だけではありません。若い人にはジャニーズやAKBなどアイドルが好きな人もいれば、K-POP好きもアニソン好きもいる。パワハラ的な発言をする上司より、キンプリの話ができる上司の方が絶対に共感できますよね(笑)。少なくとも僕はそうありたい。時代の潮流のようなものを常にキャッチアップし、いくつになっても学ぶ姿勢を持ち続けること。多くのスタッフの上に立つトップやマネジャークラスにはそれが求められると思います。

上司だけが学べばいいということではありません。関係は双方向ですから、部下だってリーダーの好きなものは何か、どんな話題をすれば共感しあえるかを考え、知識をつけていく必要がある。トップも中間管理職も、そして若いスタッフも、みんなが学ぶ体質になることで「関係の質」が向上すると考えます。関係の質は結果の質につながります。実際、関係の質、つまりコミュニケーションの質のいい組織は黒字を出していますし、コミュニケーションの質を改善することで赤字からV字回復できている企業もある。組織として業績を上げるうえで、関係の質は非常に重要ですし、重視しています。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー一人ひとりの相手を慮る気持ちが組織を健全にし、成長させる、と?

そうですね。僕らはその気持ちを「利他心」と言っています。「私が、俺が」という人が近年多すぎる。自分の昇進ばかり考えて役員しか見ていない部長とかね。利他心があれば、自分のことよりも有能な部下をもっと引き上げてほしいと考える。そうした上司は部下との関係の質がいいので、部署の業績が上がり、結果として部長も昇進できるという「勝ちパターン」が実現するのですが。

利他心が持てるかどうかは組織の中だけではありません。お店で買い物をしたとき、レジ袋がある方がラクです。でも、地球環境を慮る利他心があれば、ちょっと不便でもエコバッグを持っていこうと思えるはず。

ただ、なんでも頑張りすぎると無理が出るものです。ハーブティーも飲むけれど、たまには炭酸飲料も飲む。有機野菜のレストランに行くけれど、時々はファストフードのハンバーガーも食べる。そういうライフスタイルをうちの会社では「ハーフ・オーガニック」と呼んでいます。さらに、地球のことも考えてエシカルな意識や消費を自分のものにしていく。これからの時代、そういう生き方がバランス感があって素敵なんじゃないかと思うのです。

(後編に続く)

今こそ本気のエシカルを、利益も生むSDGsをーー。「業界のユニコーン」が挑む。/石川康晴

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け
独自記事 【 2019/5/20 】 Art & Culture
「カンヌ」と言えば、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを日本に持ち帰ったのが記憶に新しいところです。 あれから早1年。そのカンヌ国際映画祭が、今年も5月14日夜(現地時間)に開幕しました。 今回は、第47回に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを勝ち取ったクエンティン・タランティーノ監督の最新...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
最新スポット「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京」でエシカルを考えるイベントを実施
独自記事 【 2019/9/6 】 Food
持続可能なコーヒー調達において、常に最先端の取り組みでコーヒー業界をリードしてきたスターバックスでは、2015年以降、エシカルなコーヒー豆の購買率 99% を毎年達成しています。 そして、それにちなみ実施されてきた「99 キャンペーン」は、今年で5年目に突入。コーヒーを取り巻く環境が変化する中でも、5年間にわたり 99...
“エシカル”第一人者、林民子さんのインタビュー
独自記事 【 2014/3/11 】 Fashion
日本に”エシカル”という言葉を初めて紹介したNPO法人ソーシャルコンシェルジュ代表理事及びSHOKAYジャパンオフィス共同代表の林民子さん。被災地の自立支援として始めたSHOKAY for TOHOKU(ショーケイ・フォー・東北)など、エシカル第一人者である林さんにこれからの日本においてのエシカル・ムーブメントの展望な...

次の記事

【読者プレゼント】時空を超える−「カルティエ、時の結晶」 5組10名様
今こそ本気のエシカルを、利益も生むSDGsをーー。「業界のユニコーン」が挑む。/石川康晴 ストライプインターナショナル社長インタビュー【後編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます