【読者プレゼント】時空を超える−「カルティエ、時の結晶」 5組10名様
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【読者プレゼント】時空を超える−「カルティエ、時の結晶」  5組10名様

会場イメージ 序章「時の間」 新素材研究所 © N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida

国立新美術館で開催中の「カルティエ、時の結晶」。1970年代以降の現代作品に焦点を当て、世界中から集めた約300点の展示作品のうち、通常では公開されることのない個人所蔵の作品がおよそ半数以上を占める貴重な展覧会です(開催期間は12月16日まで)。

空間そのものがアート作品のような圧巻の構成と、その中でより際立つ美しさを放つ作品を是非その目でお楽しみください。

【読者プレゼント】のご案内は、本レポート記事の巻末にて。

(記者:ethica編集部・りりこ)

時空を超えたカルティエの展示

「王の宝石商、宝石商の王」。これはかのイギリス国王エドワード7世からカルティエへと送られた言葉です。1847年にルイ=フランソワ・カルティエによってパリで創業された、ジュエリーメゾン「カルティエ」。世界5大ジュエラーとして名高く、王侯貴族をはじめ世界中の人々に愛されてきました。

気の遠くなるような長い時間を経て生成された宝石と、世界各地の文化や自然物などから着想を得たデザインが、卓越した職人技術によって結実し、生まれ変わったのがカルティエの宝飾品です。

本展ではそれを「世界の縮図であり、地球や文明との時空を越えた対話である」と捉え、「時間」をテーマに、序章「時の間」に続き「色と素材のトランスフォーメーション」、「フォルムとデザイン」、「ユニヴァーサルな好奇心」の三つの章で構成されています。

同展の会場構成は新素材研究所の杉本博司と榊田倫之が担当し、大谷石や屋久杉、神代ケヤキといった素材を用いた斬新な構成とカルティエの宝飾品の共演が楽しめます。

展示風景 序章「時の間」 新素材研究所 © N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida Photo : Yuji Ono

序章「時の間」

序章「時の間」では、暗い空間の中で天井から円柱状に吊るされた布の中の一つひとつにスポットライトが当たったミステリークロックやプリズムクロックが展示されており、神殿を思わせるような厳かな雰囲気です。

これらの時計は長い月日をかけ精巧に作られており、不思議な魅力を放ちます。

第1章「色と素材のトランスフォーメーション」

第1章の「色と素材のトランスフォーメーション」では、素材づかいや色彩の観点からメゾンの独創的な表現方法を見ることができます。

ダイヤモンドを引き立てるプラチナや石の技法、装飾技術、カラーパレットによる色彩のコンビネーションなど職人技から生まれる多様な表現をお楽しみいただけます。ネックレスのトルソーに使用されているのは日本の木材。神代杉や、樹齢が1000年を超える屋久杉など、どれも長い年月を経てきたもので、それらは仏師の手によって端正に彫られています。

展示風景 第2章「フォルムとデザイン」 新素材研究所 © N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida Photo : Yuji Ono

第2章「フォルムとデザイン」

第2章のテーマは「フォルムとデザイン」。この空間に入った瞬間目に飛び込んでくるのは武骨に積み上げられた大谷石です。その中で展示される作品は、ひときわ輝きを放ちます。洞窟の中で宝石を見出すようなイメージで、このような展示方法にしたそうです。

ここでは、作品のフォルムに宿る視覚的な新しさに迫ります。偶発的に生まれたもの、考え抜かれて生まれたラインや球体の究極の美の形の他に、工業製品や服飾品のパーツなど、一見ジュエリーとは無縁にも思えるような「日常の中にある美」から生み出された作品も並びます。

第3章「ユニヴァーサルな好奇心」

そして第3章の「ユニヴァーサルな好奇心」では、日本や中国、インド、中東など様々な文化や国に広く目を向け着想を得たオリエンタルな装飾品が展示されています。梅や桜の木にインスパイアされた作品もありました。

巨大な楕円形の什器は、彗星の軌道を形態化して作られており、たくさんの小窓が付いています。中を覗くと作品が並び、そのひとつひとつにジュエリーの小さな世界が広がっていました。

会場イメージ 序章「時の間」 新素材研究所 © N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida

カルティエの宝飾からは自然界の生み出す儚さや、力強さを感じました。その姿は時に写実的に、またある時には抽象的に表現されています。

印象的だったのは、ヨーロッパを代表するカルティエの宝飾品に、日本の木材や古美術を組み合わせるという美意識でした。長い歴史をくぐり抜けてきた日本の古美術と、ヨーロッパ文化に根付き洗練を極めたカルティエの宝飾品は響きあい、引き立てあっていました。遠く海を越えた土地同士のものでも、時代が異なっていても、職人が手がけ大切に守られてきたものは時も場所も超えて呼応するのだと感じました。

本展は宝飾展示の枠を超え、その空間も含め芸術作品としてお楽しみいただけるのではないでしょうか。

<開催概要>

開催期間:開催中〜12月16日(月)

会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)

休館日:毎週火曜日

開館時間:10:00~18:00(毎週金・土は20:00まで。入場は閉館の30分前まで。)

観覧料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円

※中学生以下および障害者手帳を提示(付添1名含む)で入場料無料。

展示作品数:約300点

エシカ読者にチケットプレゼント

抽選にて、読者5組10名様に国立新美術館で開催中の「カルティエ、時の結晶」のチケット(2枚1セット)をプレゼントいたします。

応募条件は以下の通りです。

 

【STEP1】

下記いずれかのethica公式SNSをフォロー

Twitter

Instagram

Facebook

 

【STEP2】

ハッシュタグ「#エシカ読者プレゼント」をつけて、本記事をご自身のいずれかのSNSにて投稿もしくはシェア、RT、リポスト。

 

【応募締め切り】2019年12月9日(月)

【当選者の発表方法】編集部よりDMにて

記者:りりこ

京都育ちの女子大文学部卒です。日本の伝統文化が大好きで、茶道や日舞、合気道などをお稽古しています。京都の老舗旅館に勤務したのち上京。2019年10月よりethica編集部に参加。

日本の伝統文化のサスティナブルな一面に惹かれています。現代の暮らしにイイとこ取りして、令和時代的・豊かなライフスタイルを提案していきたいです。

ーーBackstage from “ethica”ーー

展覧会では作品の横に解説文があることが多いですが、本展では空間を壊さないようパネルは最小限の作品名にとどめられています。会場ではイヤホン付きの展覧会のガイドとなる端末が配布されており、該当する作品に近づくとポップが画面上に現れ、オーディオ解説や作品詳細をタップ操作で確認することができるようになっていました。解説を読まないため混雑も避けられ、作品を観ることに集中できました。

りりこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

日々の暮らしに取り入れたいヒントが詰まった、栗原はるみさん最新刊「haru_mi 冬」
どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴 ストライプインターナショナル社長インタビュー【前編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます