岩手県花巻市のワイナリー「エーデルワイン」 郷土への誇りと愛が詰まったワイン造り
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
岩手県花巻市のワイナリー「エーデルワイン」

ワインを樽で寝かせ、最もおいしい熟成期間を判断するのも作り手の腕の見せ所。Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

岩手で最も歴史あるワインの産地、花巻市大迫にあるワイナリー「エーデルワイン」。霊峰早池峰の恵みを受け、豊かな気候風土に恵まれた大迫のぶどうは、香り高くミネラル感とキレのある酸味が特徴の強い個性ある「日本ワイン」を生み出し、世界的なコンペティションでも高く評価されています。しかし一方で生産の現場では、生産者の高齢化や後継者不足、葡萄園地の減少などが進んでいます。

今回は実際に大迫に足を運び、現場で生じている課題や、花巻市の皆さんの取り組みを伺ってきました。 (記者:ethica編集部・りりこ)

そもそも「日本ワイン」とは

ここ数年、日本ワインは世界的なコンペティションなどでも高い評価を受け、大変注目されています。

以前は日本で製造されれば輸入ぶどうや輸入濃縮果汁を使用していても「国産ワイン」とされており、「日本ワイン」との区別が明確ではありませんでした。この状況を受け、日本のワイン産業を盛り上げるためにも行政が新基準を適用し、日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で製造されたワインのことを指すように、法律で明確に定義されるようになりました。
エーデルワインでは、ワインの原料となるぶどうはすべて岩手県で栽培されたものを使用しています。

エーデルワイン工場で除梗(実と茎に分けること)されたぶどう。

日本のボルドー地方?!大迫町

葡萄畑を見守るかのように佇む國分謙吉氏の銅像

花巻市大迫は昭和22年・23年に起きた2度の台風によって、それまで主要産業だった葉タバコに大打撃をうけました。それに変わる産業として始まったのが、ぶどう栽培です。大迫町は名峰「早池峰山」のふもとにあり、美しい田園風景が広がる自然豊かな町です。

当時岩手県知事であった國分謙吉氏は、牛や馬の足が骨太であることから土壌はミネラルが豊富な石灰岩系であること、年間の降水量が少ないことからもともと乾燥した気候の土地を起源とするぶどうの栽培に適していることを見抜き、「大迫の気候はボルドーに似たり」という発言のもと、ぶどうの栽培を推奨しました。

國分氏の予想通り、大迫は秋には豊潤でみずみずしいぶどうを実らせてくれる、風土に恵まれたワインの理想郷でした。

ワインシャトー大迫。エーデルワイン社のワインのほとんどが揃う。

昭和37年には旧岩手ぶどう酒醸造合資会社(現・エーデルワイン)が設立。地域一体となって「ぶどうとワインの里」への取り組みがなされてきました。「良いワインは良いぶどうからしか生まれない」という企業精神のもと、ワインの原料となるぶどうを最も大切にしており、地元産のみにこだわったぶどうは、それぞれの畑の個性が生かされたワインの美味しさに表現されています。

中には珍しい品種も

さらに大迫地区の醸造用ぶどう生産者はすべてがエコファーマーとして認定されており、化学肥料や農薬使用を控えた土壌づくりとぶどう栽培に取り組んでいます。なかには、日本ではここでしか採れないような珍しい品種も栽培されています。昨今では日本ワインの名産地の一つとして、毎年国内外のワインコンクールにおいて数々の賞を受賞し、高い評価を受けるまでになりました。ウィーンで開催される世界最大級の国際ワインコンクールである「AWC VIENNA 2018」では、日本のワイナリーとしては唯一の一つ星を獲得しています。

世界各国の様々なワインコンクールで賞を受賞するエーデルワイン。

ぶどう農家の後継者不足と高齢化

高い評価を受ける一方で、近年は「原材料の確保」が課題となっています。

地域の過疎化に伴い、ぶどう農家の後継者不足と高齢化が進み、栽培従事者の平均年齢は70歳代です。

また、ぶどう園地の減少という問題も浮上しており、現在栽培面積はピーク時の昭和33年の半分以下である53.5haになりました。

葡萄が丘農業研究所所長工藤英夫氏によると、大迫のような山間地ではぶどう造りが適していますが、畑ひとつひとつの面積は小さくならざるを得ず、農家一人あたりが所有する土地面積もそう大きくはありません。大迫地区はぶどうに適した風土ではあるものの、現時点ではぶどう専業で生計が成り立たないというジレンマを抱えています。また、大迫の冬の寒さは街全体が冬眠するほどの厳しさで、住み慣れていないと相当に苦労するそう。

次世代への継承「ぶどうつくり隊」「ぶどう部」

これらの問題に対応すべく、花巻は市をあげてぶどう生産者への支援、環境整備、施設などを運営し、ぶどう生産の担い手が育ちやすいような仕組みづくりを行なっています。

たわわに実り、収穫を待つソーヴィニオン・ブラン種。

市職員の発案による通称「ぶどうつくり隊」や「ぶどう部」と呼ばれる作業ボランティアが実行されています。目的は、「人手不足の生産現場を補う」「定期的に大迫に足を運んでもらい、地域のファンになってもらう」というもの。「ぶどうつくり隊」は登録制ボランティアで、「ぶどう部」は岩手大学の学生サークルです。

生産者は高齢化していても、高い技術力は健在です。このような活動によって人手不足が補えれば、栽培を続けられる可能性が上がります。作業負担をボランティアで補いつつ、その技術力を次世代に継承する方法が模索されているのです。

次世代のファン作り

また、花巻市大迫中学校の生徒は3年次に花巻市葡萄が丘農業研究所でワイン造りを体験する機会が設けられています。ぶどうを収穫し、エーデルワインで仕込みを行い、完成したワインは5年後の成人式に受け取ることができます。次の世代の郷土理解につながる試みです。卒業生の中には、エーデルワインに勤めている社員の方もいらっしゃるそうです。

まちなかの活性化

その他にもワイン産地としての認知度向上と、ワインをきっかけとした交流人口の増加を図った「 ワインツーリズムいわて」や、日本全国各地から自慢のワインが集結する「日本ワインフェスティバル花巻大迫」など、ワインの里ならではのお祭りも開催されています。大迫の商店街で開催することで、まちなかの活性化に結びつくことも期待されています。昨年には6000人が来場し、その規模は年々大きくなってきているそうです。

花巻市では近年、新しく3つのワイナリーが誕生しています。大迫の地でぶどう造りを始めたいと名乗りをあげる人も毎年増加傾向にあるそうです。

ぶどう栽培やワイン造りに新しく関わろうとする方とはなんども話し合いを重ね、手厚いサポートを行い町全体で迎え入れ支えあっているのが印象的でした。

郷土への誇りと愛が詰まったワイン

芳醇なぶどうがなる豊かな葡萄畑を見させていただいた後に、「ぶどう造りだけでは食べていくのは難しい」というお話を伺って、その風土のジレンマに驚きました。その一方で、そんな中でもワイン造りへの真摯な姿勢やみなさんの新たな担い手を支え合う体制作り、共同体の中にある密なつながりがとても印象的でした。

今後、これまで以上に飛躍していくであろう日本ワイン。

郷土への誇りと愛が詰まった、高い品質を誇る地方の葡萄畑のワインがさらに注目され、発展していくことが期待できそうです。

記者:りりこ

京都育ちの女子大文学部卒です。日本の伝統文化が大好きで、茶道や日舞、合気道などをお稽古しています。京都の老舗旅館に勤務したのち上京。2019年10月よりethica編集部に参加。

日本の伝統文化のサスティナブルな一面に惹かれています。現代の暮らしにイイとこ取りして、令和時代的・豊かなライフスタイルを提案していきたいです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

りりこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

女性は長くつきあうからこそ初経教育が大事。生理をポジティブイメージに 日本カルミックの石田さんにお話を伺ってきました!
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』 「エシカルなコーヒーの日」に開催されたAMUセッション、そこで語られた「私たちが今日からできるアクション」とは

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます