「写真展オードリー・ヘプバーン」2020年1月2日〜7日まで新宿高島屋にて開催/映画・ファッション・プライベート写真約150点を展示
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「写真展オードリー・ヘプバーン」2020年1月2日〜7日まで新宿高島屋にて開催/映画・ファッション・プライベート写真約150点を展示

20世紀を代表するハリウッド女優オードリー・ヘプバーン。その可憐な姿は「永遠の妖精」と謳われ、生前のオードリーを知らない世代をもその魅力の虜にさせてしまい、今尚愛され輝き続けている存在です。そんな彼女の作品約150点が並ぶ「写真展 オードリー・ヘプバーン」が2020年1月2日(木)〜7日(火)まで新宿高島屋にて開催されます。

オードリー・ヘプバーンの活躍

小さな舞台や映画の端役をしていたオードリーは、監督ウィリアム・ワイラーに見染められ「ローマの休日(1953)」でハリウッド初主演でデビューを果たし、いきなりアカデミー賞主演女優賞を受賞。その後も「麗しのサブリナ(1954)」「ティファニーで朝食を(1961)」「マイフェアレディ(1964)」など絶大な人気を博しました。同時に映画史のみならず、映画の衣装がファッションの流行となり、同世代のファッションアイコンとしてファッション史においても様々な影響を与えています。

女性の美の基準を変えたオードリー

当時の女性の美の象徴は、やグラマラスで華やかなマリリン・モンローやエリザベス・テイラーでしたが、オードリーはスレンダーでむしろ正反対なタイプ。しかしオードリーにとって長年コンプレックスだったという、豊かでない胸、顎のエラ、歯並びなどはチャームポイントとして愛されました。オードリーの大きな瞳と華奢で長い手足はそれまでの女優のイメージを一新し、映画監督ビリー・ワイルダーに「この女性が大きな胸の魅力を、過去の遺産にしてしまうだろう」とまで言わしめました。

スレンダーな体型を活かしたオードリーの映画の中の衣装の多くは、生涯の友人でもあったユベール・ド・ジバンシイが手がけています。「麗しのサブリナ(1954)」ではくるぶし丈のサブリナパンツが、「昼下がりの事情(1957)」では顎の下までスカーフで包み込む”アリアーヌ巻き”がブームを巻き起こしました。リトル・ブラックドレスにサングラスをかけたハイセンスなモードスタイルを生み出した「ティファニーで朝食を(1961)」は、真似をする女性が続出し、当時社会現象となりました。これらの衣装は、活発でチャーミングなオードリーの内面の魅力も際立たせています。

ユニセフの親善大使としての一面も

大活躍のオードリーでしたが、後世は女優業を控え、ユニセフ(国際連合児童基金)の親善大使として、アフリカや南米、アジアの開発途上国の援助、子どもたちの救済のボランティアに精力的に取り組みました。彼女は幼少期第二次世界大戦を経験しており、その際ユニセフの前身団体であるアンラに救われたことから、残りの人生は貧困国の恵まれない子どもたちへの支援活動へ充てたいと自ら志願。「私は全人生をこの仕事のためにリハーサルしてきて、ついに役を得たのよ」と語っています。

オードリーの慈愛にみちた働きぶりについて、国連の報道写真家ジョン・アイザックは「身体中に蠅のたかった子どもたちにしばしばあったが、彼女(オードリー)は嫌な顔一つせず彼らを抱きしめる。(中略)子どもたちは吸い寄せられるように近づいてきて、彼女の手を握ったりまとわりついたりしてくるんだ」と当時の様子を振り返っています。

亡くなる直前、ユニセフでの献身的な活動が讃えられ、当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュからアメリカ最高位の勲章である「大統領自由勲章」を授与されました。

世代を越え愛され続けるオードリー

本展は、映画・ファッション・プライベートをテーマにした一流のハリウッドフォトグラファーによる写真作品150点の三部構成となっており、彼女の素顔も覗けるプライベートの写真も多数あります。

可憐な容姿で「永遠の妖精」とも謳われるオードリーは、映画女優のみならずファッションアイコンとして多くの人々に影響を与え続けてきました。それは亡くなってから30年近くたつ現在においてもなお色褪せることなく人々を惹きつけ、憧れの存在であり続けています。写真からも伝わるオードリーの気品とチャーミングさ、そしてその眼差しの輝きは、内面から溢れ出る彼女の慈愛に満ちた振る舞いや生き方からくるものなのかもしれません。

[展示会詳細]

「写真展 オードリー・ヘプバーン」

期間:2020年1月2日(木)〜7日(火)

入場時間:10時~19時30分(20時閉場)
※但し1月3日(金)・4日(土)は20時迄(20時30分閉場)、最終1月7日(火)は17時30分迄(18時閉場)

会場:新宿高島屋 11階特設会場

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2

入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下 無料

[問い合わせ先]

新宿高島屋

03-5361-1111(代表)

https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/audreyhepburn/

 

記者:りりこ

京都育ちの女子大文学部卒です。日本の伝統文化が大好きで、茶道や日舞、合気道などをお稽古しています。京都の老舗旅館に勤務したのち上京。2019年10月よりethica編集部に参加。

日本の伝統文化のサスティナブルな一面に惹かれています。現代の暮らしにイイとこ取りして、令和時代的・豊かなライフスタイルを提案していきたいです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

りりこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

クリーンビューティーを体現するウェルネスブランド“パンピューリ”からボディケアアイテムが新登場
特別展「きもの KIMONO」2020年4月14日(火)~6月7日(日) 東京国立博物館(平成館) 「きものを文化財としてだけでなく、今もアップデートされている生きたファッションであることを感じてほしい」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます