パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。

今回は来年の東京パラリンピックでの活躍が大いに期待される「車いすテニス界のシンデレラ」船水さんに、車いすテニスに出会ったいきさつやその魅力、パラリンピックに懸ける思いなどを伺ってみました。

(聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

萱島: 今日はよろしくお願いします。

船水さん: こちらこそよろしくお願いします。

萱島: まず船水さんの生い立ちを伺えればと思います。幼い頃はどんな女の子でしたか?

船水さん: 小さい頃から体を動かすことが大好きで、家の中で本を読んだり、テレビを見たりじっとしていることが苦手で、少しでも時間があれば外に出て、近所の友だちと遊んでいました。

萱島: 外遊びがお好きだったのですね?

船水さん: はい、そうです。小学生の頃は暗くなるまでずっと外で遊んでいました。

萱島: 初めてスポーツをやったのは何歳ぐらいでしたか?

船水さん: 4歳か5歳くらいの頃にスキーを始めました。

萱島: ということは、お生まれは北のほうですか?

船水さん: いえいえ、生まれも育ちも千葉県の我孫子です。ただ、お父さんがコーチの資格を持っているほどスキーが大好きで、その影響で小さい頃からスキー場に連れていかれて、お父さんにスキーを習っていました。泣きながら滑っていた記憶もありますね(笑)。

萱島: スパルタ教育だったんですね。スキーは冬のスポーツですが、他の季節は何をやっていましたか?

船水さん: 小学校の頃は水泳が基本で、中学時代はソフトボール一筋でした。お父さんとよくキャッチボールをしていたこともあって、お父さんと一緒に東京ドームに巨人戦を見に行ったこともありました。今でもたまに行きますよ。

萱島: ソフトボールのポジションはどこでしたか?

船水さん: 左利きなのでファーストを守っていました。ボールを取るのが好きなんです。

ソフトボールから車いすテニスへ

萱島: 車いすテニスを始めたきっかけは、どういうことだったのですか?

船水さん: 車いすになってすぐの頃、たまたま家の近所の柏で全日本マスターズ選手権という車いすテニスの大会があって、お母さんに「一度見に行ってみない?」と誘われました。

ただ、その頃は車椅子になった自分を、まだ受け入れることがあまりできていなかったので、自分から積極的に見に行ってみようという感じではなくて、お母さんに声をかけてもらったから、じゃあ、行ってみるかというそんな気持ちでした。

そうしたら、ちょうど国枝(慎吾)さんが試合をやっていて、車いすでスポーツができるとは思ってもいなかったので、まずそのことにすごく驚きました。とにかく国枝さんが打つボールはものすごいスピードでしたし、車いすで走るのも本当に速かった。普通のテニスと全く変わっていなかったので、そこに感動して自分もやってみたいなと思ったのです。それがきっかけですね。

Photo by MC Communications Inc.

萱島: 今、車いすになった自分を受け入れることができていなかったとおっしゃいましたが、その当時のことをお話していただいてもよろしいですか?

船水さん: はい、大丈夫です。

私は中学1年生の時に事故で車いすの生活を余儀なくされて、入院生活は半年と結構長かったのですが、その間は自分ではもう1回歩けるようになるんじゃないか、普通に立って今までのようにスポーツができるんじゃないかと思って、リハビリを頑張ってやっていました。1日も早く病院から学校に復帰しようという気持ちが強かったですね。

でも、いくらリハビリをしても一向によくならないし、車いすを使わなければ外に出ることができません。それに、車いすで外に出ても周りの人の目をどうしても気にしてしまいますし、電車に乗るとなってもエレベーターがない駅もあったりして、ちょっとした段差でも人の手を借りなくてはなりません。

ですから、思うように遊びにも行けないこともあって、車いすになった自分を受け入れることが全くできなかったのです。外に出るのは嫌だなあと思って、内にこもってばかりいました。仲のいい友達と会っても、車いすの自分が友だちよりも低く見えて仕方がなかったんですね。

車いすテニスに出会ったのはそんな時でした。もともとスポーツが好きでしたから大きな刺激を受けました。車いすでも堂々としていていいんだ。車いすは自分の足なんだからスポーツだってできるんだと思うようになったんです。その意味で、お母さんには感謝しています。

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

萱島: 船水さんの人生を変える出会いがそこにあったんですね。以前、テレビで国枝選手のプレーを見たことがあるのですが、その時、動くのがめちゃくちゃ速くてすごいなと思いました。

船水さん: たしかに国枝さんは、本当にすごいです。なかなかあそこまではできません。

萱島: 車いすテニスに出会って、すぐに練習を始めたんですか?

船水さん: いいえ、実はそうでもないんです(笑)。中学1年の夏にケガをして、その年の冬に大会を見に行きました。感動はしましたが、実際にやるまでにはまだ葛藤があったんですよ。

たしかにやりたい気持ちはあって体験もしたのですが、すぐにはこれで頑張ろうとはならなくて、その頃はまだソフトボールはやめずに部活にも参加していました。仲間と一緒にいるだけで楽しかったですから。

結局、車いすテニスの練習を始めたのは中学3年生の夏前頃でしたね。ただ、あくまでもリハビリの一環としてで、これで世界を目指そうなんて気持ちはこれっぽっちもありませんでした(笑)。

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

世界一を目指す世界の選手たちに憧れた

萱島: 高校生になってから本格的に練習をスタートしたのですか。

船水さん: 高校1年生の時に世界国別対抗戦という大きな大会が東京であって、日本代表選手に選んでいただきました。その時、世界の同じ歳の子たちと試合をしたものの、全く歯が立たなくてボロボロに負けてしまい、レベルの差をいやというほど感じました。

各国の同じ歳の選手たちは、誰もが真剣に車いすテニスに打ち込んでいて、本気で世界一を目指してやっていました。私はその姿を見て、何て格好がいいんだろうと憧れてしまいました。そして、自分も同じくらい、いや、それ以上練習してもう1回彼女たちと戦って、自分がどのくらいできるのかを試してみたいと思いました。

この試合からですね、本気で強くなりたいという気持ちが芽生えて、真面目に練習に取り組み始めたのは。

萱島: 普段の練習というのは毎日どのくらいやっているのですか?

船水さん: 授業があるので、行く前の1時間半から2時間くらいやって、授業が終わってから週に2、3回トレーニングをしています。

萱島: 朝が早いですね。

船水さん: そうですね。5時には起きますから早いですね。冬は外が真っ暗ですから。そんな時間にいつも付き合ってくれているコーチには感謝しています。

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

嬉しかったこと、苦しかったこと

萱島: これまでいろいろな試合に出てこられたと思いますが、その中で嬉しかったこと、苦しかったことなど何か印象に残っているシーンやエピソードはあればお聞かせください。

船水さん: 一番印象に残っているのは、さっきもいった2016年の国別対抗戦ですね。車いすテニスを競技として本格的にやろうと決心するきっかけとなった試合ですから。自分の中では一番印象に残っています。

悔しかったのは、ジュニア世界マスターズといって、世界のジュニアのトップ8人だけが出場できる大会があるのですが、その2018年の大会ですね。決勝戦でアルゼンチンの選手と対戦して、途中までリードしていたのですが、結局負けてしまいました。今までの人生の中で最も大きな試合でしたから、あの時は本当に悔しかったですね。

大会が行われたフランスはテニスのメッカでもあって、お客さんもたくさん見ていました。マッチポイントを取ると拍手をして、会場全体で盛り上げてくれる雰囲気がすごくて、私はそれに動揺してしまってマッチポイントを何本も逃してしまったんですよ。

でも、初出場だった私に対して、相手の選手は毎年この大会に出ているので落ち着いていて、その差が出たのかもしれませんね。

その時、大会では結果を残すことができなかったのがとにかく悔しかったのです。

萱島: 高校生になってから本格的に練習をスタートして、わずか3年でジュニアの世界一ってすごいですよね?その大会では悔しい経験もされてますが、きっとまた次につながるのではないかと思います。

次に、現在は筑波大学の1年生ということですが、大学生活についてもお聞きしたいです。

船水さん: この春に入ったばかりですが、今も高校時代と変わらず、朝は6時半から8時半に練習してから授業に行きます。

(後編に続く)

パラリンピックに懸ける思い【後編】 車いすテニス・船水梓緒里さん

船水梓緒里(車いすテニス選手)

千葉県我孫子市出身。三菱商事所属。筑波大学在学中。中学生の時に事故で脊椎損傷し、車いす生活となる。2016年4月より本格的に車いすテニスの練習を始め、わずか4ヵ月でジュニア大会優勝。2018年は世界ジュニアマスターズに日本人で唯一選出され、ダブルス優勝、シングルス準優勝を飾った。国際ランキング シングルス23位(2020年1月現在)。

聞き手:ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部英文学科卒。総合不動産ディベロッパーに新卒入社「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げと推進を経験。IT関連企業に転職後は、webディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネット、文化庁・文化遺産オンライン構築などがある。その後、国立研究機関から発足したNPO法人の立ち上げに参加し、神田神保町の古書店をWEBで支援する活動と、御茶ノ水界隈の街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。201811月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

「SDGs FutureCity YOKOHAMA」(前編)横浜市・荒木田百合副市長 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『横浜市編』
パラリンピックに懸ける思い【後編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます