パラリンピックに懸ける思い【後編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
パラリンピックに懸ける思い【後編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。

前編に続き、来年の東京パラリンピックでの活躍が大いに期待される「車いすテニス界のシンデレラ」船水さんに、車いすテニスに出会ったいきさつやその魅力、パラリンピックに懸ける思いなどを伺ってみました。

(聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)

パラスポーツへの理解がある素敵な仲間と環境に感謝

萱島: 大学では何を勉強していますか?

船水さん: 学部は体育専門の学科なので、運動生理学とかバイオメカニックス、栄養学、スポーツ社会学などスポーツのことをいろいろと勉強しています。1年生なので、専攻はまだ決まっていません。

萱島: ご自宅から通っていらっしゃるのですか?

船水さん: いえ、朝が早いし夜も遅いので、今は寮に入っています。寮母さんはいないので、身の回りのことは全部自分でやらなくてはいけません。朝ごはんを用意したり、お弁当を作ったり、夜も練習で遅くなったりしますので、自己管理をしっかりやらなくてはと思っています。

身の回りのことは少しずつですが、自分でできるようになってきて、親の大変さを身にしみて感じているところです。

萱島: お料理なんかも自分で作ったりするのですか?

船水さん: 時間がある時にはやるようにしているんですけど、寮はキッチンやお風呂が共同なので、料理をしようと思ったら道具を持ってキッチンに行かなくてはいけないんです。それが結構面倒くさいので、怠けてしまうこともありますね(笑)。

萱島: 大学で部活に入っていらっしゃるのですよね。

船水さん: 部活は硬式テニス部に所属していて、筑波大はテニスがすごく強くて、特に女子部は今年、全日本の王座という全国の大学の第1位を決める大会で優勝したんです。その大会の応援に、チームの1人として愛媛まで行かせてもらいました。普通のテニスと車いすテニスはもちろん違いますが、そういうところからもいい刺激をもらっていますし、私自身は試合を応援することでチームの力になれたことが嬉しかったですね。

高校時代はいろいろと制約があってテニス部には入れませんでしたが、筑波大はパラスポーツに対する理解がすごくあって、こんな私をチームに迎え入れてくれたことにはとても感謝しています。

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

萱島: 素敵な仲間がいて、いい環境があるというのは何よりですね。練習の合間にプライベートではどんなことをしていますか?

船水さん: 高校生の頃は友だちといっぱいおしゃべりをして、歌はへたくそなんですけど(笑)、カラオケに行って騒いだり、お買い物に行ったりすることが多くて、ごく普通の女子高生のように遊んで楽しんでいたという感じですね。

大学生になってからは、スポーツの学部に入ったこともあって暇さえあれば同期?仲間?と一緒にトレーニングをしていますね(笑)。

遊ぶという時間は高校時代よりも確実に減ったと思いますが、部活のオフにご飯を食べに行ってしゃべってストレスを発散したり、あとは地元に帰ってきて中学、高校時代の友だちと遊んだりしています。おしゃべりをいっぱいしてワイワイ騒ぐのが自分の中では一番ですね。

萱島: お話を伺っていると、とっても充実した生活ぶりが分かりますね!まさに青春真っただ中という感じがします。

Photo by MC Communications Inc.

車いすテニスの魅力

萱島: さて、いよいよ来年、東京でパラリンピックが開催されます。もちろん車いすテニスも行われますが、その魅力についてお話しいただけますか?

船水さん: 健常者と障がい者が一緒に、ほぼ同じルールで1つのスポーツとしてプレーできる、それが車いすテニスの最も大きな魅力だと思っています。

普通のテニスは1バウンドまでですが、車いすテニスは2バウンドまでOKという違いはありますが、それ以外はコートの大きさもボールも全て同じで、ネットを挟めばラリーもできますので、誰もが楽しめるんですよ。

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

船水さん: ニューミックスという大会があるんですけど、ご存じですか?

萱島: いえ、知りません。初めて聞きました。

船水さん: これは健常者と車いすの選手がペアを組んで出られるというテニスの大会なんです。これこそが健常者も障がい者も分け隔てなく楽しめる、車いすテニスの魅力を教えてくれる大会だと思いますね。

萱島: 車いすテニスを初めて見る人は、どんなところに注目して見たらいいですか?

船水さん: 車いすテニスは、ボールに追いつくにも車いすを手でこがなくてはいけませんし、ボールを打つにも手で打たなければなりませんので、腕の力とか車いすのさばき方を見ていただきたいですね。あとはターンをしてすぐに打ったり、ボールの動きを予測して車いすを動かすところも見るポイントになると思いますね。

普通のテニスの場合はオープンコートに打つことが多いと思いますが、車いすの場合は、あえて体の近くに打って相手が回った瞬間にボールを返したり、車いすのタイヤぎりぎりを狙って打つとか、そういうプレースタイルを得意としている選手もいたりするので、そういうところを見ていただくのも面白いかもしれませんね。

Photo by MC Communications Inc.

萱島: 今、ニューミックスという大会のことを教えていただきましたが、日本では、そうした試合を行う環境面はどうなっていますか?

船水さん: 車いすテニスは国枝選手とか、女子では上地結衣選手が結果を残してくれているので、選手層も厚くなっていますし、パラスポーツの中ではメジャーというか、知っていてくださっている方も多いという印象があります。

ただ、それでも試合のコートとなると、車いすを使うと床にキズやタイヤの跡がついてしまうのでダメといわれることも少なくありません。その点、もう少し理解していただけるようになれば嬉しいですね。

萱島: パラリンピックも近いことですし、もっと環境が整うといいですね。

それでは、パラリンピックに向けての船水さんの意気込みをお聞かせください。

Photo=Kawamura Masakii ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

スポーツには、人が楽しく元気になれる力がある

船水さん: まだ正式には日本代表として出場したことが決まっているわけではありません。来年6月8日のランキングで内定することになっていますので、今の目標は出場を確定させること、それに尽きます。

もし、出られるようになったら、私にとって初めてのパラリンピックですので楽しみたいという気持ちもありますし、1つでも多く勝ちたいという気持ちもあります。いずれにしても自分らしくのびのびプレーできればいいですね。

それと、パラリンピックの選手は10代が少ないと思いますので、10代らしく明るくプレーしているところを見ていただけたら、自分と同じように車いすになってしまって落ち込んでいる人の背中を押せるようになるんじゃないかなと願っています。

萱島: 観客には、ご自分のプレーのどこに注目してもらいたいですか?

船水さん: 私はソフトボールの経験があるので、肩が強いんです。それに左利きなので、スライスサーブを思いっきり曲げたり、速いサーブを誰よりも力強く打つのが得意です。そこから相手を崩して有利な展開に持ち込んでいく、私ならではのプレーを見ていただけたら嬉しいですね

萱島: 来年のパラリンピックで、船水さんのプレーを見るのが今から楽しみです。

私によくて、世界にイイ。

萱島: 最後に、ethicaで取材をさせていただいている全ての方にお聞きしている質問です。

ethicaはグランドコンセプトである「私によくて、世界にイイ。」という言葉をとても大切にしています。船水さんにとっての「私によくて、世界にイイ。」とは何でしょうか?

船水さん: 難しい質問ですね(笑)。いろいろと考えましたけど、自分にとってやっぱりスポーツかなと思いました。

ケガをする前も楽しく元気にやっていたのはスポーツでしたし、自分が車いすになってしまって落ち込んでいた時に出会ったのもスポーツでした。スポーツに出会えたことが車いすで外に出ても恥ずかしくないと思えるようになりましたし、元気を取り戻して新たな目標を持つこともできるようになりました。

スポーツにはそういう力があるんじゃないかなと思うので、自分にとってはスポーツはいいものですね。

萱島: 今日はいいお話をありがとうございました。

船水さん: こちらこそありがとうございました。

パラリンピックに懸ける思い【前編】 車いすテニス・船水梓緒里さん

船水梓緒里(車いすテニス選手)

千葉県我孫子市出身。三菱商事所属。筑波大学在学中。中学生の時に事故で脊椎損傷し、車いす生活となる。2016年4月より本格的に車いすテニスの練習を始め、わずか4ヵ月でジュニア大会優勝。2018年は世界ジュニアマスターズに日本人で唯一選出され、ダブルス優勝、シングルス準優勝を飾った。国際ランキング シングルス23位(2020年1月現在)。

聞き手:ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部英文学科卒。総合不動産ディベロッパーに新卒入社「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げと推進を経験。IT関連企業に転職後は、webディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネット、文化庁・文化遺産オンライン構築などがある。その後、国立研究機関から発足したNPO法人の立ち上げに参加し、神田神保町の古書店をWEBで支援する活動と、御茶ノ水界隈の街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。201811月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
姿勢が伝わるコミュニケーション(前編) トッパンアイデアセンター 亀井光則氏 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『凸版印刷編』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます