rooms28エシカル・エリア・ディレクター、坂口真生さんのインタビュー rooms28から見る日本の今後のエシカル・ファッション業界
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
rooms28エシカル・エリア・ディレクター、坂口真生さんのインタビュー

日本最大級のファッションとデザインの合同展示会rooms28が2014年2月18日~20日の3日間、国立代々木競技場第一体育館で開催されました。

今回で2回目となるエシカル・エリアのディレクター坂口真生さんに最近のエシカル・ファッションの傾向や出展ブランドについてお話を伺いました。

 

物心ついた頃からエシカル・ライフ

子供の頃からエシカルな環境の中で育った坂口さん。社会福祉関係に勤めている父、健康志向の母のもとでピープル・ツリーなどフェアトレードの雑貨に囲まれた幼少期。その後高校から海外に住んだ経験から、自然とリサイクルアートやファッションに触れる機会を得たことが今の価値観を醸成したそうです。

ロンドンでは10年くらい前からエシカルという価値観は浸透していますが、日本はまだまだエシカル後発国。エシカルは成熟国家だからこそ生まれる文化であり、先進国としては必然的な流れ、と坂口さん。こういった価値観を求めている人も増えている昨今、日本ならではのエシカル文化を創っていく責任があると話してくれました。

rooms28でのチャレンジ

今回のエシカル・エリアの最大の目的は、ファッション業界の感度の高いバイヤーの“エシカル”に対する価値観を変えること。エシカル、エコ、ロハスなどの“もっさり”したイメージを払拭し、「かっこいいね!」と言われる、アーバンやラグジュアリーな方向に持っていきたい。roomsでエシカルをやる意義はそこにあると、坂口さんは言います。rooms28では前回のエシカル・エリアからは出展ブランドをガラッと変えたそうです。“エシカル”だからではなく、文句なしに物としていいブランドをそろえたことで、実際バイヤーからの反応も良く、エシカル・ファッションへのイメージアップに貢献したようです。

今後の日本のエシカル・ファッション業界

坂口さんは、日本のエシカル業界は正直課題が多いと話してくれました。やはりエシカルは売れない、という声もある中、百貨店やメーカーのエシカルに対する関心は高いようです。ただどう展開したらいいか分からない上に、成功しているかも分からない。また、資材調達や価格、大量生産ではないなど、ハンディも大きい。戦う土俵を変え、競争力の持てるブランドを育てていくのが、今の日本のエシカルに必要なことだと話してくれました。そしてエシカルという概念の根底にある“気付き”が浸透していけば、あえて「エシカル」と呼ばれなくてもいい、と坂口さんは語ってくれました。

最後に坂口さんにとってのエシカルとは?と質問すると、ひと言、「ライフワーク」としめくくってくれました。

 

 

取材協力=アッシュ・ペー・フランス rooms 坂口真生さん

高校3年の時にアメリカへ渡り、大学卒業後NYCへ。ファッション・音楽業界を経て日本へ帰国し、H.P.FRANCEの一員となる。セレクトショップ、アート事業、Eコマース事業の立ち上げに参画し、ファッションとデザインの合同展示会“rooms”のエリアディレクターとなり、新コンセプトエリア”エシカルエリア”を立ち上げる。幅広い好奇心とフットワークで人と人を繋ぐ事も大切な生業。

―お知らせ―

次回「rooms29」は、2014年9月9日~11日に開催されます。
rooms (www.roomsroom.com
rooms FB (www.facebook.com/roomsroom)

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Hanako Shimizu

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

新しい商品作りのキーワードは「エシカル」 「ミズノグラブレザーコレクション」をSCOOP!
“エシカル”第一人者、林民子さんのインタビュー 東北とチベットを結ぶ、ハイブリッド型ソーシャル・ビジネス。SHOKAY for TOHOKU

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます