私の居場所 Part2
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

私は、文部科学省が展開する「トビタテ!留学JAPAN」の9期生として1年間ドイツに滞在しました。そこで学んだこと、感じたことを綴っていきます。

両手をあげ、心の底から想いを込めて歌う人たち

教会で一番お気に入りの時間

前回は、ドイツでの大切な居場所である教会について紹介しました。

今回は、そんな教会で一番お気に入りの「歌を通して祈る」時間について紹介したいと思います。

この教会はとっても近代的。誰もがイメージするようなヨーロッパの伝統的な教会とは、外観も内観も大違いです。

教会の中にはステージがあり、音響も照明も完備されています。大きなスクリーンには歌詞が表示されるため、歌を知っている人も知らない人も一緒に歌うことができます。

歌うのは worship song と言われる イエスキリストへの賛美を歌う曲。英語、ドイツ語どちらもあります。

アコースティックな曲が多く、馴染みやすく、とっても美しい歌詞が多いのでお気に入りです。毎週違う曲を約20分間、メドレーのようにしてバンドの生演奏とともに歌います。

歌にお祈りを込めるworship。近代的なこの教会ではこんなふうにライブ会場のような照明や楽器が!このように近代的な空間にすることは、キリスト教の教えをもっと身近に日常的にするためでもあります。

賛美と感謝をいつまでも大切に、自分の武器にできる人でありたい

教会は「日常に感謝する」「抱えている問題が解決するように祈る」空間であり、ともに時間を過ごす場所。歌を通しても同じことが行われます。

「みんなで歌う」と言うよりも、神様に伝えるために歌う。隣にいる人のことは一切気にせず、皆心の底から歌っています。両手をあげたり、目を閉じたり、気持ちが高ぶってジャンプしたり。途中で座ってお祈りを始める人もいたり…

最初は隣にいる友達を気にせずに自分の空間を作ることが難しく周りの目を気にしていましたが、今では全く気にならなくなりました。そしてもちろん、どんな音程で歌うかルールなんてありません!自分なりにハモりやアレンジを加える人がいっぱいいるおかげで、本当に綺麗な歌が生まれます。

日本ではなかなか味わうことのできない、そして音楽が大好きな私にとってかけがいのない時間です。

最後に、これはたくさんあるお気に入りのworship songの中から特にお気に入りの歌詞。

My weapons are praise and thanksgiving. This is how I fight my battle.

(私の武器は賛美と感謝。これらとともに私は戦うんだ。)

賛美と感謝をいつまでも大切に、自分の武器にできる人でありたいなと思います。

記者:スミレ

1997年生まれ。千葉県出身の大学生。トビタテ9期生として、2019年1月よりドイツに留学。2016年よりNPO法人じぶん未来クラブにて学生ボランティアとして活動。日本各地で行われる教育ワークショップにてこれまでに1000人以上の子どもたちと関わる。ボランティアリーダーとして各ワークショップを率いたり、新規ボランティアを対象とした研修等も行う。学業やアルバイトからは得ることのできない「ボランティアの魅力」を1人でも多くの学生に伝えたいとの想いのもと、「ボランティア先進国」と呼ばれるドイツにてボランティアを行いその仕組みを探る。

Pay it Forward ~優しさは連鎖する~

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

スミレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

第2回「TRUNK(HOTEL)×530SOCIALIZING SESSEION」 サスティナブルなオリジナル香水をつくるワークショップ
「空調のないオフィスを作る」。環境配慮設計の先駆者・小山氏にインタビュー 【サステナブル・ブランド国際会議2020横浜】レポート『大和ハウス工業編』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます