日本環境設計・岩元美智彦さん「グローバルに認められるサスティナビリティへの取組み2020」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
日本環境設計・岩元美智彦さん「グローバルに認められるサスティナビリティへの取組み2020」

『ethica(エシカ)』3月号のテーマは、「暮らしとエシカル」です。

日本環境設計は地球の未来のためにさまざまなものをリサイクルする仕組みを作っている会社です。

2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サスティナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)では多くのセミナー、ディスカッション、ワークショップが繰り広げられ、さまざまな貴重な提言や発表が紹介されました。

その中で「グローバルに認められるサスティナビリティへの取組み2020」と題されたセミナーでの日本環境設計・岩元美智彦さんの発表をご紹介します。

同社が今、何を目指してどのようなことをやっているのか、早速お話に耳を傾けてみましょう。そこには「暮らしとエシカル」のヒントが隠されているかもしれません。

(記者:エシカちゃん)

①「技術」

日本環境設計は持続可能な社会を実現させたいとの思いから会社を設立し、これまで3つの考え方に基づいて事業を進めてきました。

まず1つ目は「技術」です。

皆さんに服やペットボトルはいったい何回リサイクルできると思いますかと聞くと、1回または2回と答える方がほとんどです。しかし、最先端の技術を用いると、何回でもリサイクルできるようになるのです。

そこがテクノロジーのいいところで、何回でもできるということがサステナビリティの実現という観点では重要です。せっかくリサイクルしても最終的には燃やしてしまう、それでは循環型社会のあるべき姿とは言えません。やるのであれば永久的なリサイクルを目標にしなければなりません。

当社は今、ケミカルリサイクルの手法を用いているのですが、このケミカルの技術というのが非常に鍵になります。衣類やペットボトルの工場を持ち、そこでいろいろな可能性を見出していかなくてはいけないことは分かっていても技術がなかなか追いついていないと理想を実現するのはとても難しいです。そんななか、現在こうした工場を持っているのは国内では当社しかありません。

私たちは、この工場でリサイクルによりできた素材を、石油などの地下資源に対して「地上資源」と呼んでいます。地上資源でできた素材の品質が石油と同じレベルになっていくということで、いろいろなものが作れますし、CO2の排出量も石油のそれに比べ削減できるという点で技術を高めていくのがひじょうに大事だというのが1つ目の考え方です。

②「リサイクルに興味のない人に、いかにして参加してもらうか」

2つ目はリサイクルに興味のない人に、いかにして参加してもらうかということです。

例えばリサイクルに興味を持っている人やそれに携わる人たちだけが参加しているというのではいつまで経っても循環型社会は実現しません。

消費者の目線でいきますと、A社はA社のリサイクル、B社はB社のリサイクルと、それぞれ会社ごとにバラバラでしたら消費者は参加しづらいですよね。だとしたら、ここはみんなで手をつないでやっていきましょうと一丸になって統一化をしていく。この構築には相当時間がかかりました。

③「より多くの人に参加してもらえるか」

さらに、より多くの人に参加してもらえるかを考え、キーワードを「正しいを楽しい」にしました。これが3つ目の考え方です。

リサイクルや循環型社会の話をすると、1回は話を聞いてくれますが、次はありません。行動まで結びつかないのです。行動してもらうには「正しいを楽しい」がどうしても必要なのです。ただ単にリサイクル回収ボックスを置いておくだけなのと、一緒にワークショップをやるのとではリサイクル品の集まりが大きく違いますから。

これまで当社が実施したイベントの中で、話題になったのが「バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンを皆で動かそう」というイベントです。普通はリサイクルに参加してくださいと呼びかけても、なかなかリサイクルで人を集めるのは難しいものですが、このイベントは古着を持ってくるとデロリアンに乗れて写真を撮ることもできるとあって、1時間待ちが当たり前なんですね。そして、待っている間に気づきとか回収導線とか環境導線ができるわけです。

ですから、楽しいことをやってそれが環境にもいいという正しいことになる。そういうプログラムをたくさん考えたいと思います。

私たちがやりたかったことは、みんなで作る「地上資源の経済圏」でした。消費者がいて回収の拠点があって、技術があって地上資源ができて、メーカーがいて、それらを横につないでいきます。消費者は毎年500万人以上は参加していますが、これって環境にいいよねとか、楽しいことを皆でやるとやっぱり夢があるよねとか、そういう人が参加してくれています。

海洋ごみでできたストールをファーストレディーにプレゼント!

技術はうちだけではなくて私たち1社だけではなく、別の企業さんのモノを作るプロセスを一部改良するから実現できることもあります。1社で1から作るだけでは限界があります。ですから、いろいろな企業にお願いをして、一部を貸してほしいとか技術開発を一緒にやろうということで技術をつなぎます。

そうすると地上資源が出てきて、メーカーは品質がいいので安心して使います。そして、地上資源で作った商品が店頭に並びます。

そうなると、消費者は自分たちが使わなくなったものを原料に地上資源でできたA商品と地下資源でできたB商品が同じ価格だとしたら、どっちを買うでしょうか? 当然Aを買いますよね。すると、それがまた回収拠点に集まってきます。

回収拠点に人やモノがたくさん集まってくると、今度は技術に人やお金が投資されて、また地上資源がたくさんできて多くのメーカーが参入してきます。私たちは、こういう地上資源の経済圏を作りたかったのです。

今までは地下資源を使うことを前提にモノ売りやサービスがありましたが、そろそろ変えるべき時期がきたと思っています。異常気象になったり、資源の枯渇の原因にもなりますから、犠牲の上の経済を何年も続けることはできません。いろいろな人や業界とお話をして、地上資源の経済圏がようやくできつつあります。そうすると経済と環境が両立するようになるわけですね。

地上資源を使った商品が少しずつ店頭に並び始めました。消費者がそれを買えば買うほど経済が変わりますし、買えば買うほどサステナビリティ化に勢いがつきます。こんなふうに経済と環境と平和をイコールにしたかったのです。

みんながつながって楽しくなると、技術は進化します。つながっていくことはとても大事です。去年G20がありましたが、あの時、海洋ごみを回収して集めたペットボトルを原料に最先端のテクノロジーを使ってファーストレディー用のストールを作ってプレゼントしました。それには、本当に海洋ごみでできているの?とビックリしていただきました。

テクノロジーや楽しさでみんなをビックリさせる。いろいろな企業や団体と連携してTシャツを作ったり、いらなくなったモノがこんなに素敵な商品になる。Tシャツのアート展をして子供がわんさか参加する。こういう楽しいイベントをすることがすごく大事なんですね。

環境にいいTシャツを買うということも大事ですが、楽しいという点でもっと大事なのはどんな経緯を経て商品がつくられたのかということです。将来の構想としてうちの商品をスマホでピッとやると、いつ頃リサイクルされたのかなどの情報がわかるようにしたいと考えています。そうなると、そのTシャツに対する思いがより強くなると思っています。

環境の商品は楽しい、分かりやすいと感じさせることはとても大切です。1社だけではできないので、いろいろな会社と連携して夢を創造していきたいと考えています。

実現したいと思っているのはこんな商品です。有名アーティストが着用していたTシャツをリサイクルしてできた商品のタグに、スマホをピッとやるとそのアーティストの曲が流れるんです。こういうことができれば循環型社会が楽しくなるのではないでしょうか?

フランスでは売れ残りの廃棄を禁止にする予定も

フランスは2023年から服をはじめとした売れ残りの廃棄処分を禁止にする予定です。それは、リサイクルしなさいということですね。自分たちの便利な生活の裏側では資源の争奪戦争が起きています。循環型社会が実現すると、そうした争いを止めることができると私は思っています。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

新しい言語を学ぶということ
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます