日本環境設計・岩元美智彦さん「グローバルに認められるサスティナビリティへの取組み2020」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
日本環境設計・岩元美智彦さん「グローバルに認められるサスティナビリティへの取組み2020」

『ethica(エシカ)』3月号のテーマは、「暮らしとエシカル」です。

日本環境設計は地球の未来のためにさまざまなものをリサイクルする仕組みを作っている会社です。

2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サスティナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)では多くのセミナー、ディスカッション、ワークショップが繰り広げられ、さまざまな貴重な提言や発表が紹介されました。

その中で「グローバルに認められるサスティナビリティへの取組み2020」と題されたセミナーでの日本環境設計・岩元美智彦さんの発表をご紹介します。

同社が今、何を目指してどのようなことをやっているのか、早速お話に耳を傾けてみましょう。そこには「暮らしとエシカル」のヒントが隠されているかもしれません。

(記者:エシカちゃん)

①「技術」

日本環境設計は持続可能な社会を実現させたいとの思いから会社を設立し、これまで3つの考え方に基づいて事業を進めてきました。

まず1つ目は「技術」です。

皆さんに服やペットボトルはいったい何回リサイクルできると思いますかと聞くと、1回または2回と答える方がほとんどです。しかし、最先端の技術を用いると、何回でもリサイクルできるようになるのです。

そこがテクノロジーのいいところで、何回でもできるということがサステナビリティの実現という観点では重要です。せっかくリサイクルしても最終的には燃やしてしまう、それでは循環型社会のあるべき姿とは言えません。やるのであれば永久的なリサイクルを目標にしなければなりません。

当社は今、ケミカルリサイクルの手法を用いているのですが、このケミカルの技術というのが非常に鍵になります。衣類やペットボトルの工場を持ち、そこでいろいろな可能性を見出していかなくてはいけないことは分かっていても技術がなかなか追いついていないと理想を実現するのはとても難しいです。そんななか、現在こうした工場を持っているのは国内では当社しかありません。

私たちは、この工場でリサイクルによりできた素材を、石油などの地下資源に対して「地上資源」と呼んでいます。地上資源でできた素材の品質が石油と同じレベルになっていくということで、いろいろなものが作れますし、CO2の排出量も石油のそれに比べ削減できるという点で技術を高めていくのがひじょうに大事だというのが1つ目の考え方です。

②「リサイクルに興味のない人に、いかにして参加してもらうか」

2つ目はリサイクルに興味のない人に、いかにして参加してもらうかということです。

例えばリサイクルに興味を持っている人やそれに携わる人たちだけが参加しているというのではいつまで経っても循環型社会は実現しません。

消費者の目線でいきますと、A社はA社のリサイクル、B社はB社のリサイクルと、それぞれ会社ごとにバラバラでしたら消費者は参加しづらいですよね。だとしたら、ここはみんなで手をつないでやっていきましょうと一丸になって統一化をしていく。この構築には相当時間がかかりました。

③「より多くの人に参加してもらえるか」

さらに、より多くの人に参加してもらえるかを考え、キーワードを「正しいを楽しい」にしました。これが3つ目の考え方です。

リサイクルや循環型社会の話をすると、1回は話を聞いてくれますが、次はありません。行動まで結びつかないのです。行動してもらうには「正しいを楽しい」がどうしても必要なのです。ただ単にリサイクル回収ボックスを置いておくだけなのと、一緒にワークショップをやるのとではリサイクル品の集まりが大きく違いますから。

これまで当社が実施したイベントの中で、話題になったのが「バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンを皆で動かそう」というイベントです。普通はリサイクルに参加してくださいと呼びかけても、なかなかリサイクルで人を集めるのは難しいものですが、このイベントは古着を持ってくるとデロリアンに乗れて写真を撮ることもできるとあって、1時間待ちが当たり前なんですね。そして、待っている間に気づきとか回収導線とか環境導線ができるわけです。

ですから、楽しいことをやってそれが環境にもいいという正しいことになる。そういうプログラムをたくさん考えたいと思います。

私たちがやりたかったことは、みんなで作る「地上資源の経済圏」でした。消費者がいて回収の拠点があって、技術があって地上資源ができて、メーカーがいて、それらを横につないでいきます。消費者は毎年500万人以上は参加していますが、これって環境にいいよねとか、楽しいことを皆でやるとやっぱり夢があるよねとか、そういう人が参加してくれています。

海洋ごみでできたストールをファーストレディーにプレゼント!

技術はうちだけではなくて私たち1社だけではなく、別の企業さんのモノを作るプロセスを一部改良するから実現できることもあります。1社で1から作るだけでは限界があります。ですから、いろいろな企業にお願いをして、一部を貸してほしいとか技術開発を一緒にやろうということで技術をつなぎます。

そうすると地上資源が出てきて、メーカーは品質がいいので安心して使います。そして、地上資源で作った商品が店頭に並びます。

そうなると、消費者は自分たちが使わなくなったものを原料に地上資源でできたA商品と地下資源でできたB商品が同じ価格だとしたら、どっちを買うでしょうか? 当然Aを買いますよね。すると、それがまた回収拠点に集まってきます。

回収拠点に人やモノがたくさん集まってくると、今度は技術に人やお金が投資されて、また地上資源がたくさんできて多くのメーカーが参入してきます。私たちは、こういう地上資源の経済圏を作りたかったのです。

今までは地下資源を使うことを前提にモノ売りやサービスがありましたが、そろそろ変えるべき時期がきたと思っています。異常気象になったり、資源の枯渇の原因にもなりますから、犠牲の上の経済を何年も続けることはできません。いろいろな人や業界とお話をして、地上資源の経済圏がようやくできつつあります。そうすると経済と環境が両立するようになるわけですね。

地上資源を使った商品が少しずつ店頭に並び始めました。消費者がそれを買えば買うほど経済が変わりますし、買えば買うほどサステナビリティ化に勢いがつきます。こんなふうに経済と環境と平和をイコールにしたかったのです。

みんながつながって楽しくなると、技術は進化します。つながっていくことはとても大事です。去年G20がありましたが、あの時、海洋ごみを回収して集めたペットボトルを原料に最先端のテクノロジーを使ってファーストレディー用のストールを作ってプレゼントしました。それには、本当に海洋ごみでできているの?とビックリしていただきました。

テクノロジーや楽しさでみんなをビックリさせる。いろいろな企業や団体と連携してTシャツを作ったり、いらなくなったモノがこんなに素敵な商品になる。Tシャツのアート展をして子供がわんさか参加する。こういう楽しいイベントをすることがすごく大事なんですね。

環境にいいTシャツを買うということも大事ですが、楽しいという点でもっと大事なのはどんな経緯を経て商品がつくられたのかということです。将来の構想としてうちの商品をスマホでピッとやると、いつ頃リサイクルされたのかなどの情報がわかるようにしたいと考えています。そうなると、そのTシャツに対する思いがより強くなると思っています。

環境の商品は楽しい、分かりやすいと感じさせることはとても大切です。1社だけではできないので、いろいろな会社と連携して夢を創造していきたいと考えています。

実現したいと思っているのはこんな商品です。有名アーティストが着用していたTシャツをリサイクルしてできた商品のタグに、スマホをピッとやるとそのアーティストの曲が流れるんです。こういうことができれば循環型社会が楽しくなるのではないでしょうか?

フランスでは売れ残りの廃棄を禁止にする予定も

フランスは2023年から服をはじめとした売れ残りの廃棄処分を禁止にする予定です。それは、リサイクルしなさいということですね。自分たちの便利な生活の裏側では資源の争奪戦争が起きています。循環型社会が実現すると、そうした争いを止めることができると私は思っています。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

新しい言語を学ぶということ
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます