【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。

そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。

(聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)

UCデービスに留学

濱中: 法政大学の2年生の時、10カ月間、アメリカに行きました。カリフォルニア州のサクラメントの近くにあるUCデービスという学校でした。

萱島: そこでは何を勉強されたのですか?

濱中: 法政では法学部の法律学科に在籍していたのですが、UCデービスはのどかな田舎町にある農業の盛んな大学で、私も生物学や農業に興味があったので、そのような授業もとっていました。

萱島: 留学時代で一番印象に残っていることは何ですか?

濱中: 実は私、高校生の頃に食べ物との関係で苦労したことがあります。肉とか脂とかを体に入れることに抵抗があって野菜しか食べられないという、いわゆる摂食障害に悩まされました。特に加工食品がダメで、何が入っているのか分からないものを体に入れることができなかったのです。

それが治るきっかけになったのがUCデービスに行ったことでした。UCデービスで農業を学ぶ中で、学校の中の実験的なファームでオーガニック野菜やハーブを育てていました。

その、大学内にあるコミュニティガーデンで、週に3時間インターシップを経験し、近くに住んでいる子供たちと一緒に、食べ物から作ったコンポストを土に戻してそれがまた食べ物になっていくというサイクルを肌で感じていました。

するとそのうちに、自分の中でも食べ物に対する考え方が徐々に変わり、何かがストンと落ちたようなところがあって、食べ物との折り合いが自分でつけられるようになっていきました。おかげで10kg太ってしまいましたけどね(笑)。

それは私の人生の中でも大きな経験でした。今でも食に関してはすごく興味があって、今は環境の視点で食べるものを選んだり、意識して食べることはありますが、少なくとも当時のように自分が苦しむような食べ方ではなくなりましたね。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

留学を経験してよかったと今改めて実感

留学は濱中さんにとって人生の大きな転機になったようです。ご本人も今、「留学を経験してよかったと今改めて実感している」といわれます。

現在の仕事を生き生きとこなしている濱中さん。将来の夢は何なのでしょうか??

濱中: 今、都心に住んでいるのですが、もう少し自然に近いところに住みたいですね。当社でもフレキシブルな働き方の導入が進んでいて、週に一回は家で仕事をすることができます。日本でこのような状況がもっと進めば、全員が都心に住まなくても大丈夫な日が来るかもしれませんね。今後、どこに住むかにかかわらずサステナビリティに携わり続けていきたいと思います。日本各地の先進的な取り組みについてもっと学び、世界に発信していけたら素敵ですね。

あと、社会人になってからボランティアを始めたのですが、今、なかなか時間をとれていないので、もう少し参加できるようになりたいです。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ボランティアは自分自身が楽しんで!

萱島: ボランティアは楽しいですか?

濱中: 楽しいですね。人のためにというよりも自分のためにやっているみたいなところがあって、自分自身の勉強にもなりますし、何よりも仕事では出会えないような人と知り合えるのがいいですね。当社社員が参加する被災地支援のボランティアも、現地の方々と交流できたり、日本全国で働く仲間と顔を合わせることができたり、多くの気づきを得られる機会です。

萱島: 以前インタビューした人も同じようなことをいっていましたよ。ボランティアは自分が楽しくないとやる意味がない。自分自身が楽しんで、その結果として誰かのためになれば最高だって、その人はいっていました。

濱中: 私も全く同じ考えです。自分が楽しいからやっているんです。

「私によくて、世界にイイ。」

萱島: では、これが最後の質問です。「エシカ」はグランドコンセプトとして「私によくて、世界にイイ。」を掲げているのですが、濱中さんにとって「私によくて、世界にイイ。」こととは何でしょうか?

濱中: とっても平凡な話で恐縮ですが、毎日着る洋服ですかね。私は今、ほとんど古着しか買っていなくて、今日の洋服も靴以外は全部そうです。誰かがいらなくなったものは誰かが欲しいもので、洋服が世の中を循環することはみんなのためになっています。古着を通して本当にそれを実感していて、それこそが私にとっての「私によくて、世界にイイ。」ではないでしょうか。

萱島: 今日は貴重なお話をありがとうございました。

濱中: こちらこそありがとうございました。

【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)

フィリップ モリス ジャパン 濱中祥子

法政大学法学部で国際政治を学ぶ傍ら、一年間、UC Davisに留学。一橋大学大学院社会学研究科では日本におけるフィリピン人女性移民とその家族の市民権に関する研究。卒業後は外国語での広報活動を専門とする代理店に入社。2015年5月にフィリップ モリス ジャパンに入社。フィールドセールスを経験。2016年1月からコーポレート・アフェアーズで渉外を担当。2019年5月からコーポレート・サステナビリティの担当に着任して今に至る。

聞き手:ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部英文学科卒。総合不動産ディベロッパーに新卒入社「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げと推進を経験。IT関連企業に転職後は、webディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネット、文化庁・文化遺産オンライン構築などがある。その後、国立研究機関から発足したNPO法人の立ち上げに参加し、神田神保町の古書店をWEBで支援する活動と、御茶ノ水界隈の街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。201811月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

ーーBackstage from “ethica”ーー

濱中さんが実は同じ高校出身であったとお聞きしてビックリ。私が通っていた当時も、食の安全性、サステナビリティ、女性の人権や高齢化社会についてなど、様々な社会課題について調べ、話し合い、考えるというアクティブラーニングを実践していた学校でした。あの頃の学びは、濱中さんの現在のご活躍へと繋がっていると感じました。キラキラとした青春時代を過ごした母校を懐かしく思い出します。

 

 

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

萱島礼香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...

次の記事

【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
バイリンガル / 言語教育

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます