サステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」が渋谷にオープン! 告知には他社の使用済み広告ポスターをリサイクル使用
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
サステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」が渋谷にオープン!

『ethica(エシカ)』3月号のテーマは、「暮らしとエシカル」です。

エシカルな暮らしには、できるだけモノを廃棄せずリサイクルして利用するという視点が欠かせません。スペインのファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」は、そのような視点を持った、リサイクル素材や環境負荷の低い素材を活用した商品を展開するサステナブルなファッションブランドです。その「ECOALF」がアジア初進出となる旗艦店「ECOALF 渋谷」を2020年3月13日(金)にオープン。合わせてユニークな広告ポスターを作成しました。

ファッションにアップサイクリングな流れを取り入れた「ECOALF」

Greta Thunberg addressed the National Assembly In Paris today during a record breaking heat wave. Some conservative members of the assembly had called for a boycott. Her message was that countries and companies had to do more about the climate emergency. “No country is doing enough to stay below 1.5 degrees.” When Assembly members praised her for her actions she replied, “that was a lot of praise, instead of praising us, try to do something.” “The real danger is when companies and countries are making it look like something is being done, but nothing is being done.”

2019年9月、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが、ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで、温暖化対策に消極的な世界のリーダーたちに対して怒りを表明。同じころ、世界各地では「グローバル気候マーチ」が開かれ、何百万人もの人たちがグレタさんに賛同するかのように抗議活動を展開しました。

こうした動きに合わせるかのように、ロンドン・ファッション・ウィークでは、サステナビリティを意識したブランドが多数参加。現在、サステナブルファッションへの関心が高まりつつありますが、その中でも注目されるのが、不要な製品をよりよい品質と環境価値の新しい材料や製品に生まれ変わらせる「アップサイクリング」の考え方です。

そのアップサイクリングの考え方を体現し、ナイロンやコーヒー、ペットボトルなどのリサイクル素材や環境負荷の低い素材・副資材のみで作られたスタイリッシュで機能的な衣服や雑貨を製造・販売しているのが、スペイン発のサステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」です。「ECOALF」については、ethicaでも編集長の大谷が創業者のハビエル・ゴジェネーチェ氏と対談し、そのフィロソフィーの一端をご紹介しています。(http://www.ethica.jp/49616/

実はファッション業界は、石油産業に次いで、世界で2番目に地球環境を汚染する産業と言われています。ファッション業界は、消費トレンドの移り変わりが激しく、またファストファッションの流行もあり、大量生産が余剰在庫を生み、多くが廃棄されるという悪循環に陥っています。世界で生産された洋服の年間消費量が40%の6,200万トンに対し、廃棄量は約1.5倍の9,200万トンにのぼるとされているほどです。(※)この結果、ファッション業界のCO2排出量は増加の一途です。2015年比で60%以上増加し、2030 年には約20億8千万トンになると予測されています。そのような流れの中、アパレル業界において、サステナブルな取り組みを実現しようとしているのが「ECOALF」なのです。

(※)コペンハーゲンのシンクタンク「GLOBAL FASHION AGENDA 」の年間レポートより

創業者のハビエル・ゴジェネーチェ氏

「地球の資源を無駄遣いしない」との考えを広告に反映

そんな「ECOALF」のアジア初の店舗が、2020年3月13日(金)、渋谷にオープンしたのです。それだけでも大きな話題ですが、さらに注目したいのがそのオープン広告。他企業の掲出済み広告や廃棄予定の未使用ポスターなどを自社用に再利用して、広告ポスターを作成しているのです。

その背景には「地球環境を守るために服を売る」という全く新しい発想で事業に取り組むファッションブランドとして、店舗のオープン告知をするにあたり、その広告自体も環境に配慮した形で制作したいという「ECOALF」の考えがあります。

今回の広告は、まず企画の趣旨に賛同した企業から掲出済みの広告、または使用せず廃棄予定の広告を回収。シルクスクリーンで白く下地を作り、必要な大きさに貼り合わせた後、カラーシルクで文字を載せるプロセスを経て制作されました。そして、右下には「ECOALF」からそれぞれの企業のブランドに感謝の意を添えています。

ちなみに、今回協力した企業は吉野家、メルカリ、みんな電力、朝日新聞社、KDDIの5社と、ロックバンド“I Don’t Like Mondays.”。

今回の広告について、企画・クリエイティブを担当したThe Breakthrough Company GOのクリエイティブディレクター砥川直大さんは、

「サステナブルファッションブランドとして広告はどうあるべきか。そんな問いから始まったのがこのプロジェクトです。ゴミを回収して服を作るように、広告を再利用して広告を作る。つまり、『商品』ではなく、『再利用』を可視化することにチャレンジしました。他企業の広告を利用するという、おそらく世界初の試みです」とコメントしています。

ちなみにこの広告は、3月9日〜15日まで東急田園都市線渋谷駅B2Fハチ公改札付近コンコースで展開されていたので、ごらんになった方もいるのではないでしょうか。

サステナビリティを体感できる「ECOALF 渋谷」

また、渋谷にアジア初出店としてオープンした「ECOALF 渋谷」はディスプレイなどにもこだわり、持続可能な資源(木・鉄・コンクリート・グリーンなど)を店装に使うなど、サステナビリティを体感できる空間となっています。

さらに旗艦店として、ブランドの思想・メッセージを発信する役割を果たすために、1階では壁面のメッセージやディスプレイ、映像が流れるスクリーンを通して、商品が作られるまでのリサイクルの工程やブランドが実施する活動内容を紹介。

また2階には巨大スクリーンを設置し、定期的に実施するサステナブル講演やディスカッションを行うスペースとしての機能も持たせています。

ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

ベッキー&妹ジェシカ「アフリカゾウの密漁防止と象牙の浪費をなくす」 「WILDAID」が「#REDonNOSE運動」を開始「私は象牙を選ばない」
【新連載】キコの「暮らしの塩梅」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます