(第3話)発酵食品を毎日の食卓に キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第3話)発酵食品を毎日の食卓に キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らし・食のカタチってなんだろう。仕 事に家事に育児に…日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエ ネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。 でも日々の暮らし、一日三度のごはんを、少しでも”良い”ものにできたら? 当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになる ような選択をしていけたらいいなと思うのです。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

腸を整えるごはん(発酵食品のこと)

第2話では、季節の変わり目に現れやすい体の不調とのお付き合いについて、私なりの方法をお話しさせていただきました。

今回の第3話では、前回少し触れた「腸を整えるごはん」について、発酵食品のことを中心にお伝えできればと思います。

お味噌、醤油、納豆、お漬物、甘酒などなど… みなさんご存知の通り、日本には豊かな発酵文化があります。

幼い頃、祖母が自家製のぬか床できゅうりやなす、人参を漬けてくれていて 遊びに行った時に一緒に取り出して食べるのが小さな楽しみでした。

その経験からか、今も特に暑い時期になると浅めに漬かったきゅうりのぬか漬けをぽりぽり食べたくなるので、夏はわが家のぬか床には常にキュウリがスタンバイしています。笑

甘酒は炊飯器で簡単に作れるので、まとめて作って小分け保存して娘のおやつ作りになど、砂糖の代わりとしてもよく使っています。

最近のお気に入りはオリーブオイル醤油納豆。 納豆をあまり好んでは食べなかった夫も、これはおいしい、と毎朝家族で一緒に食べています。

近年健康にも良いと注目され、日常的に取り入れている方も多いかと思います。
私も元々納豆やお漬物は好きでよく食べていましたが、発酵食品の良さを知って、いろんなものを意識的に食べるようになりました。

発酵とは?

発酵には、主に3種類の微生物(麹菌、カビ菌、細菌)が関わっています。 発酵と同様微生物が関わる作用には「腐敗」がありますが、その違いは人にとって 有益がどうかというだけで厳格な決まりはありません。

発酵食品は、微生物のパワーによって

・食材そのものの旨味を引き出し、栄養価をあげてくれること

・保存性を高めてくれること

・腸内環境を整えてくれること

などなどたくさんの魅力が詰まっています。

特に腸は人体最大の免疫器官と言われていて、体内の免疫細胞の約60%が存在しています。 そのため腸内環境の悪化は免疫力の低下につながり、便秘や肌荒れ、風邪を引きやすくなるなど 様々な不調の原因に…。 健康的な腸内細菌のバランスは「善玉菌:日和見菌:悪玉菌が2~3:6~7:1」であることが理想 とされています。 発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、免疫細胞を活性化させる働きがあ り、積極的に摂ることで腸内環境を整えながら免疫力も高める効果が期待できます。

また、微生物によってすでにタンパク質や糖などが分解されているため、 体内に入ってから消化に必要なエネルギーや消化酵素を多く消費せずにすむのです。。

気をつけたい発酵食品

お味噌や醤油などの調味料をはじめ、ヨーグルト、キムチ、納豆など ほとんどの発酵食品は身近なところで手に入ります。 しかし中にはちゃんと発酵のプロセスを経たものではないものも、、

保存料や防腐剤などが添加されているものは要注意です。
善玉菌を殺し、かえって腸内環境を悪化させてしまうこともあります。

まずはちゃんと醸造された調味料や、天然の塩だけで漬かったお漬物を探してみてください。

そのような食品の原材料欄はシンプルで「大豆、米、麦、塩」など、私たちが見ても原材料が何なのか、わかるようなものだけが並んでいます。

毎日の食卓に発酵食品を

発酵は自然界の働きであり、気候風土、環境によって存在する菌は多種多様です。 自分が住む土地で作られたものが一番体に合っているとも言われます。

選び方を少し注意するだけで、手軽に毎日の食卓に取り入れられる自然にも人の体にもイイ発酵食品。

あたたかくなって発酵が進みやすくなるこれからの季節、手作りしてみるのも楽しいかもしれま
せん。

おまけレシピ 〜オリーブオイル醤油納豆〜

材料(基本の分量)

・納豆 1パック(45gのものを使用)

・エキストラバージンオリーブオイル(小さじ1)

・醤油(小さじ1⁄2)

材料全てを好みの分量で混ぜる。それだけです。

オレイン酸やビタミンEが豊富に含まれるオリーブオイル。 自律神経を整えて腸の働きも良くしてくれる効果があります。 ミネラル、アミノ酸がバランスよく含まれる醤油、 酵素や食物繊維が豊富な納豆と合わせることで、相乗効果が期待できます。

お好みでネギなどの薬味やキムチを混ぜても◎ いつもの納豆にオリーブオイルをひとさじ加えることで、まろやかさとコクが出て 一層美味しくなります。

ご存知の方も多いかもしれませんが、ぜひ一度お試しください!

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

京都在住の一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「休むこと」に対する意識
女性の自由を問う作品「Beach Flags(ビーチフラッグ)」 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020」開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます