【ethica編集長対談】イオン株式会社・三宅香さん(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica編集長対談】イオン株式会社・三宅香さん(後編)

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

売上高で国内の小売業のトップを走り続けるイオン株式会社。1990年代から環境・社会貢献活動に取り組み、植樹活動や電子マネーを通じた地域貢献、再生エネルギーの導入など、多岐にわたる取り組みを展開しています。

2020年2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)にスピーカーの一人として参加されたイオン株式会社 執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当、三宅香さんは、アメリカで過ごした幼少期を自身の原点とし、世界の中の日本の在り方に目を向けてキャリアを築いてきました。前編に続き、三宅さんの海外での経験や、現在の役職、海外から見た日本の環境意識、そして日本の女性に対するメッセージを、エシカ編集長・大谷賢太郎がお聞きしました。

国際会議で知った日本の現状、抱いた強い危機感

三宅: 現職に着任したのは2017年3月だったんですが、その年の11月にCOP(国連気候変動枠組条約締約国会議)に出席するように言われました。

2017年時点では、日本国内で“脱炭素”なんていう言葉はあまり使われていませんでした。“気候変動”については取りざたされてはいましたが、そんなに大きな扱いではなかったんです。「パリ協定」は知ってはいるけど……というくらいな認識だったんですが、実際に会場に行ってみると、ピケが張られていました。会場の外側で、日本に対する抗議行動が行われていたんです。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

三宅: それは、日本はもっと気候変動に向き合うようにとか、火力発電はやめるべきだ、石炭火力を他国に輸出してはいけないとか、日本の取り組みが遅れていることを非難するものだったんです。私は日本の企業団の一人として参加していたんですが、そんな風に日本に対して抗議をされて、すごくショックで。

私はもともと海外での経験があるので、海外における日本の役割、日本の位置付けのようなものに敏感なんです。長年アメリカと日本を行き来していて、日本人としてこんなに非難された経験はそれまでありませんでした。

その後よくよく調べてみたら、日本は確かに遅れているんです。これではだめだと痛感しました。企業として何をすべきか、どういうメッセージを発信すべきか、これを機に考え始めました。あれは大きなターニングポイントでしたね。

「イオン 脱炭素ビジョン2050」広報資料より

三宅さんはCOPを終えて帰国後、経営会議で検討を続け、2018年3月に「イオン 脱炭素ビジョン2050」を発表しました。これは、省エネルギーの推進、再生可能エネルギーへの転換などを通じて、2050年に向けて「脱炭素社会」を目指す宣言です。

 

お客様に選択肢を提供し、情報を伝える

イオンは1991年から植樹活動に着手するなど、早くから環境・社会貢献活動に取り組んできた実績があります。三宅さんは、お客様に選択肢を提案し、より良い判断をするための情報を伝えていくことが企業の役割だと言います。

大谷: 便利さを追求するのか、環境への配慮を優先するのか。そのバランスが大事ですね。それを選ぶのはやはり、消費者ということになります。

三宅: 欧米と日本では、消費者の意識がだいぶ違うように思えます。レジ袋の有料化についても、日本のお客様に理解していただくのはかなり大変なことでした。

企業がどんな活動をしたとしても、最終的に判断をして行動を起こしていただくのは、消費者のみなさんです。これを選ぶと環境にこんな負荷があります、という情報を提供し、一方で負荷の少ないこういうやり方もあります、と選択肢を提示していくのが私たちの役割だと考えています。理解したうえで判断していただく取り組みが必要ですね。

大谷: イオンはこれまで、お客様の選択肢の幅を広げたり、情報の開示に努めてきたわけですね。

三宅: そうですね。それは、イオンがずっと大事にしてきた価値観の1つです。

日本の女の子に伝えたい、大切なのは「Self esteem」

大谷: エシカは「私によくて、世界にイイ。」をグランドコンセプトにしています。三宅さんにとっての「私によくて、世界にイイ。」は何ですか?

三宅: 私はいつも自然体でいることを自分のモットーにしているんです。無理をして何かを解決しようとは思いません。目の前にある正しい事に対して、1つ1つ、できる範囲で、きっちり取り組もうと考えています。

環境問題もそうです。レジ袋たった1枚の削減でも貢献できますし、ペットボトルは必ず洗ってリサイクルに回す、というような小さな取り組みの積み重ねでいいと思うんです。イオンでお買い物される時に、一般の「WAON」ではなく「ご当地WAON」(イオンが提供している寄付機能付き電子マネー)を選んでいただければ、社会課題の解決につながる寄付ができる。これも1つの地域貢献ですね。

なにも、壮大な目標を掲げる必要はないと思うんです。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

三宅: 私が、生きる上で大切にしていることは「Self Esteem(セルフ エスティーム)」。なかなか日本語にしづらいですが、強いて言えば「自己肯定感」です。日本では「驕っている」とか「自信過剰」という言葉と紐づけられがちですが、「Self Esteem」はそれとは違います。

大谷: 「Self Esteem」、自己肯定感。それは日本人に一番足りていない要素かもしれないですね。

三宅: はい。もっと言えば、日本人の女の子に足りていない考え方だと思います。

私たちの上の世代の女性が社会の中で勝ち取ってきたものを、私たちの世代は自然体でやれるようになってきた。次の世代の女性はもう一段、もっと普通に頑張れるようになって欲しいんです。そのためにも自分のことを肯定して、自分を好きになってもらいたい。

私はもう人を育てる側の年代になってきましたから、若い人たち、特に女の子が日本で「Self Esteem」をもてるような環境を整える役割をしていきたいと思っています。まず私自身が「Self Esteem」をもち、それを表現することで、女の子たちがそれを見て育ってくれたらと思っています。

(前編)を読む>>>

イオン株式会社 執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当

三宅 香さん

幼少期と大学時代をアメリカで過ごし、1991年にジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社。国際事業本部配属。2002年、イオン株式会社財務部配属。同社の2020年グループビジョン策定PTリーダー、ブランディング部長を経て、2008年、クレアーズ日本株式会社代表取締役社長に就任。2013年、イオンリテール株式会社 グループお客さまサービス部長。その後、執行役員、広報部長、環境・社会貢献・PR・IR担当を兼任し、2017年より現職。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業8期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
「ハロウィンからゴミをなくそう!」使った衣装のリメイクを水原希子さんらが提案
独自記事 【 2020/11/2 】 Home
毎年ハロウィンが各地で盛り上がりを見せる一方、利用されたハロウィングッズや衣装がその日限りで捨てられてしまうという大きな問題があります。そうした中、ハロウィンが終わった翌日の11月1日、オンラインイベント「メルカリ アフターハロウィンパーティ」が開催されました。(記者:エシカちゃん)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

【ethica編集長対談】イオン株式会社・三宅香さん(前編)
お気に入りの街 ケルン

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます